還元率1.5%!ポイントで自動積立できるインヴァストゴールドカードの落とし穴とは?

Pocket
LINEで送る

2019年7月22日より、ポイントで積立投資が自動でできるクレジットカード「インヴァストゴールドカード」の会員募集が開始された。

毎月のカード利用で貯まるポイントが自動で「インヴァスト証券」の口座にキャッシュバックされ、海外ETF*に投資売買が可能になる。

*海外の取引所に上場している投資信託

例)保有ポイントが5,000ポイントで、1か月で600ポイント貯めた場合→5,600ポイントを元手に自動売買

さらに今なら最大5,000ポイントを獲得できるキャンペーンも開催中なので、手軽に投資を始めてみたい人におすすめだ。

「インヴァストゴールドカード」とは

インヴァストゴールドカードとは、「インヴァスト証券株式会社」と「株式会社ジャックス」が提携して発行するクレジットカード。

気になるポイント還元率は1.5%に設定されており、一般的なゴールドカードよりもポイントが貯まりやすくなっている。

例)毎月50,000円のカード利用→年間で50,000円×1.5%×12=9,000ポイント貯まる

また「JACSSモール」と呼ばれる会員限定のショッピングモールを活用すると、最大で13.5%のポイント還元率を実現できるので覚えておこう。

自己資金なしで投資ができる

1.5%のポイント還元率以外にも、「インヴァストゴールドカード」には自己資金を持ち出さずに投資ができるというメリットがある。

インヴァストゴールドカードは貯まったポイントを自動で投資してくれるので、貯蓄を切り崩して運用する必要がない。

つまり自己資金を出すことなく、安心して投資を楽しむことができる。

デメリット

手軽かつノーリスクで投資を始めることができる「インヴァストゴールドカード」だが、下記のようなデメリットも存在する。

  • 自動投資のために「インヴァスト証券口座」の開設が必要
  • 初年度以降は年会費5,000円が必要

「インヴァスト証券口座」の開設

「インヴァストゴールドカード」最大の魅力は貯まったポイントで自動積立投資ができる点だが、そのためには「インヴァスト証券口座」を開設する必要がある。

すでに別の証券口座で運営している人でも、別途口座を開設する必要があるので要注意だ。

初年度以降は年会費5,000円が必要

ポイント還元率が1.5%と高めに設定されているのが「インヴァストゴールドカード」のメリットだが、初年度以降は年会費5,000円(税別)が発生する。

自動積立投資ができるクレジットカードには他にも「インヴァストカード」が存在し、こちらは年会費が無料。

  • インヴァストゴールドカード:年会費5,000円(税別)でポイント還元率1.5%
  • インヴァストカード:年会費無料でポイント還元率1.0%

上記のように、インヴァストゴールドカードの方がポイント還元率が高めになっているが、カード利用の頻度が少ない人にとってはインヴァストカードがお得になる可能性も高い。

本格的にインヴァストゴールドカードを活用する予定がない人は、まずインヴァストカードから利用してみることをおすすめする。

投資のきっかけにおすすめのクレジットカード

「インヴァストゴールドカード」のメリット・デメリットをそれぞれ解説したが、還元率、サービスから見るとゴールドカードとして総合的に優れているクレジットカードといえる。

  • 1.5%のポイント還元率
  • ポイントを利用した自動積立投資
  • 旅行保険最高3,000万

上記のようにカードユーザーが自分の運用する必要がなく、他のゴールドカードに比べてポイントも貯まりやすい。

専門知識がない投資初心者でも問題ないので、「これから投資を始めてみたい」という人にとって、きっかけを作ってくれるのでおすすめだ。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。