TOP

PR

Vポイントが猛烈に貯まるおすすめクレジットカード!他社ポイントからの移行、有効な使い道も

tsutaya

Vポイントは、2024年4月22日にTポイントとVポイントが統合、旧Tポイント利用者にとっても旧Vポイント利用者にとっても、ポイントが貯まる場所や使える場所が増えた。

旧Vポイントは、三井住友銀行や三井住友カードなどSMBCグループの対象サービスで貯めたり使ったりできた。

旧Tポイントは、日用品の買い物、ネットのでショッピング、レストラン等の飲食店など、さまざまな提携店で、ポイントカードであるTカードまたはモバイルTカードを提示することで貯めたり使ったりできた。

新Vポイントは、両ポイントの貯めたり使ったりできる場所を受け継いだ形だ。なお、TカードはVポイントが貯まるカード/Vポイントカードへ、モバイルTカードはモバイルVカードへと名称変更している。

提携店でのポイントカード提示による通常の還元率は0.5%だが、クレジットカードを使用することによりVポイントの還元率を上げることができる。

本記事ではVポイントが猛烈に貯まるクレジットカードおよびVポイントが貯まる方法やお得な使い方、交換先を紹介する。

Vポイントを貯める最強クレジットカード

Vポイントが貯まるクレジットカードは多くあるが、今回は特にメリットの大きい2券種を紹介する。

「ファミマTカード」Tポイント時代からの定番カード

ファミマTカード

ファミリーマートとVポイントが提携しているカード。利用金額に応じてVポイントが貯まる。

基本は200円(税込)につき1ポイントで還元率0.5%だが、ファミリーマートでは利用金額200円(税込)につきショッピングポイントが1ポイント、クレジットポイントが3ポイント加算され、合計4ポイントで還元率2%となる。

ファミリーマートでVポイントを貯めるならば基本の一枚といえるカードだろう。

公式サイトでチェックする

「三井住友カード(NL)」対象のコンビニ・飲食店で最大7%還元

三井住友カード(NL)
グリーン

三井住友カードが発行している年会費永年無料のクレジットカード。

通常、利用金額200円(税込)ごとにVポイントが1ポイント貯まり、還元率は0.5%。対象のコンビニ・飲食店では最大7%還元となる。

最大7%還元となるためには、まず、通常のポイントに加え、Visaのタッチ決済、またはMastercard®タッチ決済決済をすると、利用金額200円につき5%ポイントが還元される。

さらに、スマホVisaのタッチ決済またはMastercard®コンタクトレスを利用すると、ポイントが+2%加算され、最大還元率7%となる。

【対象の店舗】
セイコーマート※1、セブン-イレブン、ポプラ※2、ミニストップ、ローソン※3、マクドナルド、モスバーガー※4、サイゼリヤ、ガスト、バーミヤン、しゃぶ葉、ジョナサン、夢庵、その他すかいらーくグループ飲食店※5、ドトールコーヒーショップ、エクセルシオール カフェ、かっぱ寿司
※1:タイエー、ハマナスクラブ、ハセガワストアも対象。
※2:生活彩家も対象。
※3:ナチュラルローソン、ローソンストア100、ローソンスリーエフも対象。
※4:モスバーガー&カフェも対象。 ※5:ステーキガスト、から好し、むさしの森珈琲、藍屋、グラッチェガーデンズ、魚屋路、chawan、La Ohana、とんから亭、ゆめあん食堂、桃菜、八郎そば、三〇三も対象。

*最大7%内訳(通常ポイント0.5%+スマホのタッチ決済利用6.5%)
*商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。
*iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
*一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
*ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

公式サイトでチェックする

ポイント交換でVポイントへ上手に移行

Vポイントを貯めると同時に他のポイントも貯めている方は多いと思う。そこでVポイントに交換できる他社ポイントとその方法をいくつか紹介していく。

Gポイント経由でVポイントを貯めよう

Gポイントとは、KDDIグループのジー・プラン株式会社が運営するポイントサイト。Gポイントサイト経由でネットショッピングをしたり、サイト内のゲームや広告を確認することでポイントを貯めたりすることができる。

ポイントの移行先が多いのが大きな特徴で、ポイント交換の中継地点として活用されることも多い。

交換先は、Vポイントはもちろんのこと、電子マネーや現金、マイル、携帯電話ポイント、銀行のポイントからコーヒーショップのギフト券までさまざま。主な交換先とレートを一覧表にしてみたので参考にしてほしい。

ポイント名交換レート(Gポイント→他ポイント)
Vポイント100G→100ポイント
Amazonギフトカード98G→100円分
nanacoポイント100G→100ポイント
WAONポイント100G→100ポイント
リクルートポイント100G→100ポイント
ANAマイル30G→10マイル
JALマイル30G→10マイル
ビックカメラポイント100G→100ポイント
dポイント100G→100ポイント
Pontaポイント100G→100ポイント
iTunes Digital Code490G→500円分

※2024年5月時点

また、Gポイントへ交換できるポイントもさまざま。以下に一例を紹介する。

Gポイントを経由することで、Vポイントに直接交換できないポイントを、他社ポイント→Gポイント→Vポイントというふうに間接的に交換できるようになる。

ポイント名交換レート(他ポイント→Gポイント)
JACCSラブリィポイント1000ポイント→1000G
ポケット・ポイント300ポイント→900G
マツキヨココカラポイント500ポイント→350G
JQキューポ(九州旅客鉄道株式会社)1000ポイント→1000G

※2024年5月時点

Gポイント公式サイトでは、交換できるポイントを検索できるので、自分が貯めているポイントを一度Gポイントに交換できないか確認してみよう。

他のポイントからVポイントへの交換方法とレート

先に紹介したGポイント以外にも他のポイントからVポイントへ交換が出来るので交換方法、レートの一部を紹介していく。Vポイントから他のポイントへの移行は、Vpass・Vpassアプリからできる。

交換可能なポイントは多数あるので主だった銀行やクレジットカード利用時のポイントを一覧にした。

ポイント名交換レート(他ポイント→Vポイント)
ANAマイル500マイル→250Vポイント
ENEOSカードポイントプログラム1000ポイント→700Vポイント
りそな銀行りそなクラブポイント100ポイント→90ポイント
GポイントGポイント100ポイント→100ポイント
JR九州JRキューポ500ポイント→500ポイント
JP BANKカードJPバンクカードポイント1ポイント→4.5ポイント
(200ポイント以上100ポイント単位)
JACCSラブリィポイント1000ポイント→900ポイント
(1000ポイント以上500ポイント単位)
十六銀行Jマイレージポイント100ポイント→90ポイント
(100ポイント以上10ポイント単位)

※2024年5月時点

Vポイントのお得な利用方法

VポイントにはVポイントPayアプリというものがあり、1ポイント=1円としてチャージして、Visa加盟店のネットショップやApple Pay・Googleウォレットで利用できる。この方法がもっとも便利でお得な使い方といえる。

また、ポイントカードを提示することで、Vポイント提携先の店舗やネットショッピングでも1ポイント=1円として利用が可能だ。

Vポイントのお得な使い方については、以下の記事を参考にしてほしい。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る
オトクレ編集長 池田 星太

執筆・編集

池田星太

オトクレ編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る