TOP

三井住友カードが「ステータスカード」と呼ばれる理由とは?

ゴールドカード

クレジットカードを選ぶ基準は人それぞれだ。

年会費やポイント還元率はさることながら、クレジットカードは社会的地位を表す側面も強く、ステータス性の高いカードを望む人が多いのも事実である。

そのような人々からも高い支持を得ているのが、三井住友カードだ。

三井住友カードがステータスカードと呼ばれる理由は、日本初のVISAのカードとして歴史と実績があり、補償が手厚く、社会的な信用も高いから。

ブランド力とステータス性を兼ね備えており、どこで利用しても恥ずかしくない一枚だ。ここでは、ステータスカードとしての三井住友カードの詳細を解説する。

クレジットカードのステータスとは

クレジットカードのステータスは、一般的に、カードのランクとカード会社によって決まる。

ステータス性の高いカードほど入会条件が厳格で、所有するハードルが高い。そのため、社会的信用の高さの証明にもなるのだ。

カードのランクによる違い

クレジットカードは一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどのランクに分かれている。

ランクが高いほど入会条件が厳しくなり、年会費も高額になる傾向がある。

なかには年会費10万円以上という、選ばれし者だけが所有できるといっても過言ではないカードもある。

そういったランクの高いカードはカード会社からのインビテーション(招待)がなければ申し込むことができないことが多いため、所有するハードルが非常に高いのだ。

カード会社による違い

クレジットカードは、VISA、JCB、Mastercardといった国際ブランドが同じでも、発行するカード会社によって付帯サービスに差がある。

そして、歴史と知名度のある大手クレジットカード会社が発行するカードの方が、信頼感が高い傾向にある。

ステータスカードのメリット

ステータスカードを所有することで得られるメリットとして、付帯する特典・サービスや保険・補償がアップグレードする点がある。

ステータスカードは、一般的なカードに比べて利用限度額や補償額が高く設定されており、旅行保険をはじめとする付帯保険の範囲も広い。

また、空港ラウンジの無料利用やホテル・レストランの特別割引、コンシェルジュサービスなど、カード会員向けの特典・サービスが充実している。

ステータスカードは一定の条件を満たした人でなければ所有できないため、カードを持っているだけで所有者のイメージが上がるのもメリットだ。

ビジネスやデートなどでカードが人に見られることがある場合にも、一目置かれることになるだろう。

特に海外ではクレジットカードのステータス性が重視される。身分証明書の代わりのように見なされることもあり、社会的な地位を証明できるのだ。

ステータスカードと呼ばれる理由

三井住友カード(ダーク)

日本のステータスカードとして知られるのが三井住友カードである。

三井住友カードはなぜステータスカードと呼ばれるのか、その理由を具体的に見ていこう。

実績と歴史がある老舗ブランド

三井住友カードは、日本で初めて発行されたVISAカードである。

発行元の三井住友カードは、1960年代ごろからアメリカで主流になりつつあったクレジットカードに着目。

当時は日本でのクレジットカードの知名度が低かったため、その仕組みと利便性の啓発に努めたのである。

その結果が、現在のクレジットカードの普及率だ。三井住友カードの歴史は日本のクレジットカードの歴史といえる。

三井住友カードは、現在では会員数が2,400万人以上となり、圧倒的なブランド力と知名度を誇っている。

1990年からパルテノン神殿が描かれた高級感のあるデザインが採用されていたが、2020年2月に現在のスタイリッシュなデザインに変更された。

充実のスペック

三井住友カードのステータス性を語る上において、スペックの高さは外せないだろう。それを表しているのが、カードに付帯する保険や、特典・サービスだ。

旅行保険・ショッピング保険

一般カードに位置づけられる三井住友カード(クラシック)や三井住友カード(NL)であっても、最高2,000万円補償の海外旅行損害保険が付帯している(利用付帯)。

なお、三井住友カード(クラシック)は初年度年会費無料・翌年度以降は1,375円(税込)、三井住友カード(NL)は年会費永年無料というリーズナブルなカードでもある。

三井住友カード(クラシック)には、カードで購入した商品が破損や盗難の被害にあった場合にその代金を補償してもらえるショッピング保険も付帯している。

補償対象となるのは、購入日翌日(または到着日)から起算して200日間で最高100万円。海外での利用および国内でのリボ・3回以上の分割払いが対象となる。

トラベル・エンタメ関連サービス

カード会員向けのチケットサービス「Vpassチケット」で、演劇やコンサート、スポーツなどのチケットの優待特典を受けられる。

宝塚歌劇団やUSJといった人気の高いチケットとも提携しているため、利用価値は高いだろう。

また、海外旅行先で日本語のサポートデスクを利用できる「VJデスク」というサービスも提供されている。

現地の観光スポットやホテル、レストランなどの情報提供をはじめ、オプショナルツアーやチケットなどの予約手配を対応してもらえる。

クレジットカードやパスポートを紛失した際にも頼れるので安心だ。365日24時間受け付けられているため、いざというときに頼りになるカードである。

ゴールドカード、プラチナカードがある

三井住友カードには、一般カードよりもランクの高いゴールドカード・プラチナカードが用意されている。

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールド (ライト)

三井住友カード ゴールドはインビテーション制ではなく、自ら申し込むことのできるステータスカードだ。

年会費は11,000円(税込)で、インターネット経由での申し込みであれば初年度の年会費が無料となる。

前述の一般カードに付帯するサービスに加え、全国主要空港のラウンジが利用できるサービスや一流ホテル・旅館の宿泊予約サービスなどが受けられる。

国内・海外旅行損害保険は最高5,000万円補償、ショッピング保険は最高300万円補償と内容がさらに充実している。

三井住友カード プラチナ

三井住友カード プラチナ(ゴールド)

三井住友カード プラチナも申込制をとっており、年会費は55,000円(税込)である。

365日24時間いつでもどこでも利用できるコンシェルジュサービスの他、最高1億円の海外旅行損害保険、同伴者1名まで無料で利用できる空港ラウンジサービスが付帯している。

年会費に見合った充実のサービスといえるだろう。

ステータス性と合わせて注目の特徴

ステータスカードというと敷居が高いイメージがあるが、三井住友カードは、一人ひとりのライフスタイルに合うようなカードを展開している。

年会費無料のカードもある

三井住友カード(NL)

三井住友カード(一般カード)は、オンライン入会で初年度年会費無料、翌年度以降1,375円(税込)とリーズナブルなカード。一方で保険などが充実している。

また、三井住友カード(NL)は、年会費永年無料、対象店舗でタッチ決済を利用すると通常0.5%の還元率が5%にまでアップするお得なカード。

こういったカードで実績を積んで、ランクの高いカードを目指すのもひとつの方法だ。

三井住友カード(NL)は、表面・裏面ともにカード情報が記載されていない完全ナンバーレスのカードでもあり、アプリでカード情報や利用設定・管理を行うのも特徴的。

カード会社としての歴史や実績を重ねながら、その時代ごとの状況や技術に柔軟に対応していくのも三井住友カードらしいといえる。

提携カードが豊富

三井住友カードは提携カードが豊富である点も魅力だ。

マイルが貯まりやすいANAカードや、Amazonポイントが最大2%還元されるAmazon Mastercard、各種大学と提携している大学カードなど種類は幅広い。

三井住友カードのステータス性を維持しながらも、細かいニーズに応えたサービスを提供しているので、自分にぴったりな一枚を見つけられるはずだ。

ステータスカードとしての三井住友カードの価値

クレジットカードを選ぶとき、年会費や還元率などのお得さとは別軸として、ステータスの違いというものが存在している。

三井住友カードは、ステータス性のあるカードのひとつだ。日本のクレジットカードの歴史とともに歩んできたこのカードは、確かな歴史と実績を誇る。

旅行時のケガ・病気やクレジットカードの紛失・盗難時など、緊急事態においても安定のサポートを受けることができる。

社会的信用が厚く安心して利用できるカードを所有したいという人は、三井住友カードを検討してみてはいかがだろうか。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレ編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る