ダイナースクラブカードとダイナースプレミアムカードの違いは?保険、サービス、コンパニオンカードを比較

Pocket
LINEで送る

ダイナースクラブは世界5大ブランドのひとつであり、社会的地位が高い人が保有するステータスカードのイメージが強いクレジットカード。ステータスカードらしくグルメやトラベル関連の特典・サービスが非常に充実している。

特徴的な点として、利用可能枠に一律の制限がないこと、カード提示・サイン不要の「サイレンス・スタイル」、世界850カ所の空港ラウンジを利用できることなどが挙げられる。また、Mastercardの加盟店で利用できる「コンパニオンカード」無料付帯のサービスにより、利用できる加盟店が拡大した。

ダイナースカードを利用する場合、まずは一般カードであるダイナースクラブカードに申し込むことになるが、その上位カードとしてダイナースクラブプレミアムカードがある。

本記事ではこの2つのカードの機能や付帯サービス・特典の違いを比較する。

基本スペック比較表

ダイナースクラブカードとダイナースクラブプレミアムカードの基本スペックを比較表にまとめると、次のようになる。

ダイナースクラブダイナースクラブプレミアム
券面ダイナースクラブ
年会費(税抜)22,000円(家族会員5,000円)130,000円(家族会員無料)
入会基準27歳以上ダイナースクラブカード会員から招待制
利用可能額一律の制限なし(100万~300万円が目安)一律の制限なし(300万円~が目安)
ETCカード1枚を無料で発行1枚を無料で発行
ポイント還元率100円=1ポイント国内:100円=1.5ポイント/海外:100円=2ポイント
海外旅行保険最高1億円(自動付帯:5,000万円/利用付帯:5,000万円)最高1億円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高1億円(利用付帯)最高1億円(自動付帯)
ショッピング・リカバリー年間500万円限度(利用付帯)年間500万円限度(利用付帯)
コンパニオンカードTRUST CLUBプラチナマスターカードTRUST CLUBワールドエリートカード

プレミアムカードに申し込むには、まずは一般カード会員になりインビテーションを受ける必要がある。

プレミアムカードのほうが年会費は高いが、限度額が上がったり、ポイント還元率が高くなったり、保険が充実するなどのメリットがある。

保険の補償金額・内容、種類の違い

保険一般カードプレミアムカード
海外旅行保険付帯条件自動付帯自動付帯
補償内容
  • 死亡、後遺障害:最高1億円(自動付帯5,000万円+利用付帯5,000万円)
  • 傷害治療費:最高300万円
  • 疾病治療費:最高200万円
  • 賠償責任:最高1億円
  • 携行品損害:1旅行で最高50万円
  • 救援者費用:最高300万円
  • 死亡、後遺障害:最高1億円(家族特約最高1,000万円)
  • 傷害治療費:最高1,000万円(家族特約最高200万円)
  • 疾病治療費:最高1,000万円(家族特約最高200万円)
  • 賠償責任:最高1億円(家族特約2,000万円)
  • 携行品損害:1旅行最高100万円(家族特約50万円)
  • 救援者費用:最高500万円(家族特約200万円)
国内旅行保険付帯条件利用付帯自動付帯
補償内容
  • 死亡、後遺障害:最高1億円
  • 手術費用:5万~20万円
  • 入院費用:日額5,000円(180日限度)
  • 通院費用:3,000円(90日限度)
  • 死亡、後遺障害:最高1億円(家族特約最高500万円)
  • 手術費用:5万~20万円
  • 入院費用:日額5,000円(180日限度)
  • 通院費用:3,000円(90日限度)
ショッピング・リカバリー年間最高500万円(自己負担金10,000円、補償期間は購入日から90日間)年間最高500万円(自己負担金10,000円、補償期間は購入日から90日間)
海外航空便遅延費用保険
  • 乗継遅延費用:2万円
  • 出航遅延・欠航搭乗不能費用:2万円
  • 受託手荷物遅延費用:2万円
  • 受託手荷物紛失費用:4万円
キャンセル・プロテクション
  • 死亡:20万円
  • 入院:20万円
  • 傷害による通院:6万円
ゴルファー保険
  • 賠償責任:最高1奥円
  • ゴルフ用品損害:5万円
  • ホールインワン・アルバトロス費用:10万円
  • 傷害保険(死亡):300万円
  • 傷害保険(後遺障害):最高300万円
  • 傷害保険(入院):日額4,500円
  • 傷害保険(手術):入院保険金日額の5倍または、10倍(1事故につき1回)
  • 傷害保険(通院):日額3,000円

(自動付帯)

交通事故傷害保険
  • 死亡・後遺障害:最高100万円
  • 賠償責任:1億円(家族特約1億円)

(自動付帯)

ダイナースクラブカードとダイナースプレミアムカードには、どちらも国内・海外旅行保険が付帯し、最高1億円の補償となっているが、付帯条件や家族特約、最高補償金額が異なっている。

プレミアムカードはほとんどの保険が自動付帯で、旅行保険に関しては家族特約がある。

また、プレミアムカードのほうが旅行保険以外の付帯する保険の種類が多い。

特典・優待・付帯サービス比較

お得なエグゼクティブ・ダイニング

ダイナースクラブのカードは「ダイナース(食事する人)」とあるだけ、グルメに関するサービスが充実している。

「エグゼクティブ・ダイニング」というサービスでは、対象のレストランでのコース料理1名分が無料になり、6名以上なら2名分の料金が無料になる。

エグゼクティブ・ダイニングは一般カード・プレミアムカードともに利用できるが、プレミアムカード会員のみが利用できる店舗もある。

国内外の空港ラウンジを無料で利用

ダイナースクラブ会員は国内・海外850カ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる。

また、プレミアムカードでコンパニオンカードを発行すると(年会費無料)、さらに世界1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるラウンジ・キー(LoungeKey™)のサービスが付帯する。

コンパニオンカードを発行しない場合は、世界900カ所あまりの空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が無料で付帯する。なお、コンパニオンカードを発行した場合、プライオリティ・パスへの新規申込ができなくなる。

プレミアムはコンシェルジュの利用が可能

プレミアム会員になると、24時間365日対応の専用コンシェルジュ「プレミアム専用デスク」が利用できる。

レストラン紹介や予約、チケット手配はもちろん、旅行の手配などを行っている。

プレミアムのみ利用可能なラウンジ

プレミアムカード会員*は、銀座にあるダイナースクラブ専用ラウンジ「銀座プレミアムラウンジ」が利用可能。

このラウンジでは、Wi-Fiが完備されているほか、コーヒーや紅茶、ソフトドリンクなど飲み物、スイーツなども用意されており、プライベートカフェのように利用できる。

*銀座ダイナース、ANAダイナースプレミアムの会員も利用可能

コンパニオンカード

TRUST CLUB ワールドエリートカード
ダイナースクラブカードでは、マスターカード加盟店で利用でき、マスタカード提供の優待・サービスが付帯するクレジットカード「コンパニオンカード」を無料で発行できる。

コンパニオンカードにはグレードがあり、一般カードは「プラチナマスターカード」、プレミアムカードは「ワールドエリートカード」が発行できる。ワールドエリートはマスターカード最上位のグレードだ。

コンパニオンカード利用分のポイントはダイナースクラブリワードプログラムに合算され(100円で1ポイント)、請求もダイナースクラブカードと一緒になる。

プラチナ/ワールドエリートのサービス比較

コンパニオンカードにはマスターカードが提供する優待・サービスが付帯している。プラチナマスターカード、ワールドエリートそれぞれの特典・サービスを下表にまとめた。

特典・サービスプラチナマスターカードワールドエリートカード
Taste of Premium
  • 国際線手荷物宅配優待サービス
  • 空港クローク優待サービス
  • 海外用携帯電話/Wi-Fiレンタル優待サービス
  • 国内ゴルフ予約サービス
  • 国内高級ホテル・高級旅館予約サービス
  • Trip.com特別優待
  • ふるさとの税特別優待
  • ダイニングby招待日和(2名利用で1名無料)
  • 国際線手荷物無料宅配
  • 空港クローク優待サービス
  • 海外用携帯電話/Wi-Fiレンタル優待サービス
  • 国内ゴルフ予約サービス
  • 会員制ゴルフ予約サービス
  • 海外有名ゴルフクラブ手配サービス
  • 国内高級ホテル・高級旅館予約サービス
  • Trip.com特別優待
  • ふるさとの税特別優待
  • ヘリクルーズ手配サービス
  • 歌舞伎・能手配サービス
  • ダイニングby招待日和(2名利用で1名無料)
  • Tokyo Supercard特別優待
  • 海外空港送迎サービス
  • 国内空港送迎優待サービス
  • カーシェアリング優待
  • スポニチゴルファーズ倶楽部特別入会
  • ザ・カハラ・ホテル&リゾート特別宿泊
Boingo Wi-Fi利用
空港ラウンジサービス「ラウンジ・キー」

Taste of Premiumは、プラチナマスターカードでは8特典、ワールドエリートでは18特典の利用が可能。

Boingo Wi-Fiは、国内を含む、世界100カ国、100万箇所でインターネット接続が可能なサービス。これはいずれのカードでも無料で利用できる。

ワールドエリートのみに付帯する「ラウンジ・キー」サービスは、世界1,000カ所以上の空港ラウンジを無料で利用することができるサービス(専用サイトで登録が必要)。同伴者1名まで無料で利用できる。

提携航空会社へのマイルに交換

ダイナースクラブで貯めたポイントは、「ダイナースグローバルマイレージ」に参加している提携の航空会社のマイレージに移行することができる。

一般カードでは別途プログラム参加費6,000円(年会費)が発生するが、プレミアムカードの場合は無料となる。

提携航空会社とマイルレートは次の通り。

  • 前日本航空ANAマイレージクラブ:1,000ポイント=1,000マイル
  • デルタ航空スカイマイル:1,000ポイント=1,000マイル
  • ユナイテッド航空マイレージプラス:1,000ポイント=1,000マイル
  • 大韓航空スカイパス:1,000ポイント=1,000マイル
  • アリタリア-イタリア航空ミッレミリア:1,000ポイント=1,000マイル

保険やサービスを重視するならプレミアムカードを目指すのもあり

ダイナースクラブプレミアムカードは、一般カードと共通する機能、サービスも多いが、保険やサービスそれぞれがより手厚くなっている。

海外旅行の機会が多い人、ホテルやレストランの予約機会が多い人は、プレミアムカードのメリットを最大限引き出せるのではないだろうか。

プレミアムカードはインビテーション制のため、プレミアムカードを利用したい人はまずは一般カードで利用実績を積んでいこう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る