ACマスターカード(アコムマスターカード)即日発行の申し込み手順まとめ!審査の条件や利用時の注意点も解説

Pocket

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムが発行しているACマスターカード。

このカードの最大の特徴は、即日発行可能という点だ。

ACマスターカード以外にも即日発行可能なクレジットカードはいくつかある。

しかし、ACマスターカードは最短30分で審査の回答があり、クレジットカードを発行できる場所が圧倒的に多い。

同じ即日発行可能なカードの中でも利便性の高いカードなのだ。

本記事では、そんなACマスターカードを即日発行するための手順をまとめる。

ACマスターカード

ACマスターカード

ACマスターカードは三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムが発行する即日発行のクレジットカードである。

最大の特徴は全国600以上の無人契約機「むじんくん」ですぐに受け取ることができる圧倒的なスピード感だろう。

国際ブランドもマスターカードに対応しており、急な海外旅行や出張、留学でも対応できる救世主的なカードと言えるだろう。

インターネットからの申し込み

ACマスターカードの申込は、インターネットから事前申し込みを行うことで契約手続きにかかる時間を短縮できる。

自動契約機(むじんくん)での申込もできるが、即日発行を希望する場合や急ぎでカードを作りたい場合は、インターネットから事前申込をした方が良い。

事前申込で必要な情報は次の通り。

利用者情報

  • 氏名
  • 旧姓の有無
  • 生年月日
  • 性別・独身/既婚
  • メールアドレス

自宅情報

  • 住所
  • 電話番号
  • 住居種類
  • 入居年月
  • 家賃・住宅ローン
  • 同一家計の人数

勤務先情報

  • 電話番号
  • 会社名
  • 所属部署(任意)
  • 住所
  • 社員数
  • 事業内容
  • 入社年月
  • 勤務形態
  • 職種
  • 収入形態
  • 年収
  • 給料日
  • 保険証種類
  • 保証区分
  • 休日(任意)

本人確認書類の提出方法

公式サイトには以下の方法が掲載されている。本人確認書類の提出方法は自動契約機(むじんくん)での提出も含め次のような方法がある。

  • アップロード(スマートフォン、パソコン、携帯電話[ドコモのみ])
  • カメラアプリ(スマートフォン、携帯電話)
  • 店頭・自動契約機(むじんくん)
  • FAX
  • 郵送

本人確認書類はアップロード、アプリ(スマホ)またはFaxなどで提出する必要がある。

本人確認書類は運転免許証(交付を受けていないお客さまは個人番号カードや健康保険証等)でOK。

顔写真がない書類、または書類住所が現在お住まいの住所と異なる場合は、現在お住まいの住所が記載された以下のいずれかの書類が合わせて必要いなる。

・住民票
・公共料金の「領収書」・・・電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話を除く)、NHK等
・納税証明書
※確認時に発行日または領収日から6ヵ月以内のものに限る。

外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)をあわせて用意しよう。

場合によっては収入証明が必要

以下に該当する方は収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)が必要。

  • アコム利用において50万円を超える契約を行う
  • 他社を含めた借入総額が100万円を超える

申込内容の確認

インターネットからの事前申込後最短30分で電話もしくはメールにてアコムから審査結果の連絡がある。

アコムよりメールもしくはお電話(担当者個人名)にて連絡される。

連絡時間帯
9:00~21:00

実際に申込を行った人の話によると、電話連絡で事前申込時に入力した事項を含む個人情報の確認があり仮審査が行われるようだ。

ここで審査OKとなるとカード発行の案内があり、最寄りの自動契約機(むじんくん)でカード発行を行うことができる。

自動契約機(むじんくん)で個人情報の確認や本人確認書類の提出など本審査が行われ、問題がなければカード発行となる。

カードの受け取り

電話確認の際に、即日発行を希望している旨を伝えれば、近くにあるむじんくんを案内してくれる。

在籍確認の電話も安心

審査の過程で、勤務先などに在籍確認の電話がかかる場合がある。

その場合、プライバシーに配慮して「アコム」の名前は出さず、担当者の個人名で、審査であることが分からないよう連絡してもらえる。

ただし、違う会社名を名乗ったりウソを言ってもらうことはできない決まりとなっている。

不明な点は、カード発行手続き前に担当者に確認しておくと良いだろう。

土日祝など勤務先の定休日に申込を行う場合は、他に問題がなければまずはカードを発行してもらい、後日在籍確認を行うという対応もしてもらえるようだ。

自動契約機の営業時間に注意

ACマスターカードの発行に対応している自動契約機(むじんくん)は全国に611カ所あり(2018年6月12日時点)存在し、他の即日発行可能なカードに比べるとかなり発行・受け取りができる場所が格段に多い。

自動契約機(むじんくん)は、土日祝でも利用可能だが(年末年始を除く)、営業時間が8:00~22:00(一部営業時間が異なる)となっているため注意が必要だ。

インターネットの事前申込からカード発行まで最短60分程度で手続きが可能なようだが、即日発行を希望する場合は早めに手続きを開始すべきだろう。

遅くとも自動契約機(むじんくん)営業終了の2時間前には、インターネットからの事前申込を開始しておきたい。

郵送でのカード発行も可能

なお、即日発行とはならないが自動契約機(むじんくん)でのカード受け取りの他に、郵送でカードを発行してもらうこともできる。

その場合は最短で翌々日の発送となる。

申込条件と審査基準

即日発行の流れが分かったところで、もう一つ気になるのが「審査に通るか」という点ではないだろうか。

ACマスターカードの申込条件は「年齢20歳~69歳で、安定した収入のある方」だ。

審査条件

ACマスターカードの審査は一般的に他のクレジットカードとは異なっている。

他のクレジットカードの審査がダメだった方も、あきらめずに申し込んで欲しい。

申し込みの最低条件として「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方」が最低条件となっている。

この条件を満たしていれば、主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でも申し込むことが出来る。

この「安定した収入」というのが重要で、一般的には不利なパートやアルバイトでも、ACマスターカードの申込にあたっては安定した収入があるとみなされる。

しかし、パートなどをしておらず収入がない専業主婦は、たとえ配偶者に安定した収入があっても申込ができない。

また、過去にアコムと取引がある場合は、一度アコム総合カードローンデスクに連絡する必要がある。

「年齢20歳~69歳で定した収入のある方」という点をクリアするのはそれほど難しくないはずだ。

POINT
ここまでの流れをまとめると、ACマスターカードを即日発行するために特に重要なポイントは、以下の3点だ。

     

  • 「安定した収入」が必要、パート・アルバイトでもOK
  •  

  • インターネットから事前申込を行う
  •  

  • 自動契約機の営業時間内にカード発行まで完了できるよう手続きを行う

ACマスターカードの注意点

審査が比較的緩く、即日発行が可能なACマスターカードは、マスターカードということで国内・海外どこでも使いやすく、急いでカードが必要な時にとても便利だ。

ただし、日常的に使う場合には注意しておきたいことがある。

リボ払いで利息金額が大きくなる可能性も

一般的なクレジットカードは、支払い方法にいくつかの選択肢があるが、ACマスターカードのショッピング利用代金の支払いは、「元利定率リボルビング方式」(通称リボ払い)となっている。

これは、利用残高の一定の割合が1回あたりの支払い金額として定められ(定率)、その返済金額に手数料が含まれる(元利)という方式だ。

この方式では、1回あたりの支払い金額を小さくすることが可能だが、その分返済残高の減りが遅く、手数料の金額が膨らみやすい

余裕がある時は支払い金額を増額したり、残高が少ない場合は一括で繰り上げ返済をしたりといった、利用に工夫が必要だ。

ACマスターカードの締日は毎月20日で、「35日ごと」「毎月指定期日」「口座振替」の支払い方法がある。

「35日ごと」の支払いでは、締日の翌月7日から起算して35日以内が第1回目の支払い期限となる。

しかし、翌月6日までに一括で支払いを行うと手数料が発生せず、一般的なクレジットカードの「一回払い」と同様の扱いとなる。

キャッシング利用にも注意

ACマスターカードではキャッシング(カードローン)も利用できる。

ACマスターカードの特徴として、利用上限が「カードローン契約極度額」と「クレジット利用限度額」のどちらか高い方の金額に設定されるという点がある。

利用者の使い道に合わせて、カードローン利用とクレジットカード利用を調整できるようになっているのだ。

この利用限度額は利用者の状況に応じて審査によって設定される。

また、クレジットカードの利用限度額は10万円~300万円の範囲となる。

キャッシングは急に現金が必要になった時に便利なサービスだが、使い過ぎには注意が必要だ。

付帯サービスは弱い

ACマスターカードは、利用金額に対して0.25%のキャッシュバックがある。これは一般的なクレジットカードで言うところのポイント還元にあたる。

しかし、キャッシュバック以外のサービスは弱い印象である。

一般的なクレジットカードには、特典、サービスなどのお得さ、旅行保険や補償などの安心感があげられるが、ACマスターカードではそういったメリットはない。

また、サービスとして、海外のショッピングで困ったことがあった場合には専用デスクに電話することで、日本人のスタッフがサポートしてくれる「ショッピングデスク」はある。

もしも、このようなサービスが必要な場合は、他のクレジットカードと併用すると良いだろう。

プライバシーへの配慮が厚い

消費者金融系のカードというと、何となくネガティブなイメージを持たれることもある。

そのため、ACマスターカードの発行や利用にあたっては、プライバシーへの配慮が厚い。

すでに説明した通り、在籍確認の電話では、アコムという社名は出さず、担当者の個人名で連絡を行っている。

カード発行後も利用しやすい配慮がある。

まず、カード券面に「アコム」の文字はなく、店頭でも出しやすい。

支払い方法は自動的にリボ払いとなっているが、店頭では「1回払い」と伝えることでリボ払いとなる。

また、利用明細の郵送ではなくホームページで明細を確認できるようになっている。

ACマスターカード自体は普通のクレジットカードだが、アコムから明細が届くことで家族などに余計な誤解を招くということもないので安心だ。

急いでカードがほしい人にはおすすめ

ACマスターカードは、申込から審査完了まで最短30分程度で行うことも可能で、即日発行対応のクレジットカードの中でもスピード感のあるカードだ。

カード発行は営業時間内に行う必要があるが、土日祝も発行可能なので、急いでカードを作りたいが平日になかなか時間が取れないといった場合にとても助かる。

パート、アルバイトでも申込可能で、安定した収入があれば申し込みが可能。

ショッピング利用だけでなくキャッシングも利用でき、限度額が比較的高いので利便性も高い。

ただし、カードの支払い方法はリボ払いのみとなっており、利息金額が大きくなりがちなので、一般的なクレジットカードよりも支払い方法に注意と工夫が必要だ。

また、限度額が比較的高い傾向にあるため、ショッピング・キャッシングともに使い過ぎには十分注意したい。

さらに、ポイント還元や特典、サービスなどはなく、保険や補償も付帯していないため他のカードでカバーする必要がある。

これらの点をまとめると、ACマスターカードは急ぎでカードがほしいという人におすすめできるカードだ。

ACマスターカード

ACマスターカードの詳細を見る

最短30分で審査結果がわかる。即日発行に対応。とにかく急ぎでクレジットカードが必要な人におすすめ

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムが発行。全国の契約機で即日受け取ることが可能。

年会費無料
還元率0.25%
キャッシュバック形式(請求金額から差し引かれる)
発行スピード即日発行
申し込み条件主婦*1・学生*2でも申し込み可
国際ブランドマスターカード

*1 ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能。(※専業主婦は除く)
*2 20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能。
ACマスターカードの公式サイトを見る
ACマスターカードの詳細を見る
Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。