TOP

楽天ポイントでビットコイン疑似取引可能に

2021年3月18日より、「ポイントビットコインby楽天PointClub(以下ポイントビットコイン)」がリリースされた。

楽天ポイントを利用して、ビットコイン取引を疑似体験できるサービスだ。

本記事では、ポイントビットコインの概要を解説するでの参考にしてほしい。

また、楽天ポイントを使ったビットコイン取引のサービスとしては、他に「楽天ウォレット」が存在する。

ポイントビットコインと楽天ウォレットを選ぶ基準について知りたい人も要チェックだ。

ポイントビットコインby楽天PointClubとは?

PRTIMES-楽天ポイント-リリースmain

ポイントビットコインとは、楽天ポイント(通常ポイントのみ)を利用してビットコインの取引を体験できるサービス。

ビットコインの取引価格の値動きに連動して、運用中の楽天ポイントが増減する。

一般的に仮想通貨の投資は「ウォレット」を開設する必要がある。

しかし、ポイントビットコインなら、楽天IDと楽天ポイントのみで利用可能だ。仮想通貨の投資を疑似体験したい人におすすめする。

注意点として、期間限定ポイント、他サービスからの交換ポイントは利用できない。

取引の各種条件

ここでは、ポイントビットコインの取引における各種条件を解説する。

手数料

ポイントビットコインは手数料なしで利用できるサービスだ。

ただし、スプレッド相当を考慮して運用ポイントが増減する。スプレッドとは、仮想通貨を購入価格と販売価格における差額のこと。

たとえば購入価格が200万円、売却が199万円の場合、1万円のスプレッドが発生する。

つまり、ポイントの出し入れが多いほど運用ポイントが目減りする可能性がある。

取引単位

ポイントビットコインの取引単位は下記の通り。

  • ポイント追加:1ポイント単位(最低100ポイント)
  • ポイント引出し:1ポイント単位

運用ポイントを追加する際は100ポイント以上という条件があるが、その他は1ポイント単位で取引できる。

上限

ポイントビットコインに追加できる楽天ポイントは30,000ポイントまで。

上限に到達するまでなら、何回でもポイントを追加できる。

始め方と運用方法

ポイントビットコインの始め方は下記の通り。

  1. 「楽天PointClubアプリ(またはWEB版)」のメニュー画面を開く
  2. 「ポイントビットコインby楽天PointClub」にアクセス
    PRtimes-楽天ポイント-リリースsub1
  3. 「追加する」をタップし運用ポイント数を決定
    PRtimes-楽天ポイント-リリース
  4. 運用スタート

運用実績に関しては、ポイントビットコインの専用ページから好きなタイミングでチェックできる。

本格運用なら楽天ウォレット

ポイントビットコイン以外にも、楽天ウォレットを利用すれば、楽天ポイントでのビットコイン取引が可能だ。

また、仮想通貨を楽天キャッシュにチャージすれば、楽天市場での買い物に活用することができる。

土日祝日を問わず入出金に対応しており、利便性も非常に高い。最短即日かつ本人確認不要でスタートできる点も魅力的だ。

さらに、楽天ウォレットでは期間限定でキャンペーンを開催中。新規口座を開設し、仮想通貨取引を行えば500ポイント獲得できる。

全12回にわたり開催予定のキャンペーンなので、時間に余裕ができたタイミングで申し込むといいだろう。

どちらのサービスがおすすめか?

ポイントビットコインと楽天ウォレットのどちらを利用すればいいか悩む人も多いはずだ。

その場合は取引金額が1つの目安となる。

  • 30,000ポイント以下の少額ならポイントビットコイン
  • 数万円以上の取引なら楽天ウォレット

また、仮想通貨の投資が初めてという人は、一度ポイントビットコインを試してみるのもおすすめ。口座開設等の手間がなく、比較的簡単に始められるからだ。

30,000ポイントでは満足できなくなった段階で、楽天ウォレットへと移行すればいいだろう。その場合はキャンペーンへの参加も忘れずに。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る