「ANA JCBプリペイドカード」の発行が開始。クレカ&プリカの両方が使えるカードでマイルを賢く貯められる!

Pocket

2017年4月17日より、株式会社ジェーシービーと全日本空輸株式会社は「ANAJCBプリペイドカード」の発行を開始した。

クレジットカード機能「ANAマイレージクラブ」とプリペイド機能が一体となったカードで、国内外のJCB加盟店で利用できる。

同カードには「マイルコース」「キャッシュバックコース」があり、マイルコースでは1,000円(税込)の利用で5マイルが貯まるほか、半年間のチャージ合計額24万円以上で360マイル、12万円以上で180マイルが付与される。

キャッシュバックコースは200円(税込)の利用ごとに1円、半年間のチャージ合計額24万円以上で360円、12万円以上で180円のキャッシュバックがある。

チャージは1回あたり4万9千円まで可能。チャージは、会員専用WEBサービスを利用してJCBクレジットカードから行う方法と、全国のローソン店頭で現金を支払う方法がある。

初回時のみ手数料として500円(税別)がかかるが、2回目からは無料。

年会費は無料で、日本に住む15歳以上の男女(中学生は除く)であれば無審査で利用できる。

ANA マイルを貯めたい「陸マイラー」は持っておいて損なし。チャージ額上限ありで使いすぎも防げる!

ANAマイルを貯める方法としては、ANA一般カード、ANAマイレージクラブカードなど、ANA搭乗時・ショッピング利用などでマイルが貯まるカードを利用するほか、「JCBオリジナルカード」「ソラチカカード」などのクレジットカードの利用で貯まったポイントを、ANAマイルと交換する方法がある。

ANAマイルは貯めたいが、普段あまり飛行機に乗らない「陸マイラー」の場合、マイルを貯めることを目的としたクレジットカード払いが多くなり、本来の予定よりも使いすぎてしまう、ということもあるだろう。

本カードではプリペイドカードからの支払いが可能なため「利用額を抑えつつ、コツコツANAマイルを貯めたい」という人におすすめだ。

WEB上からチャージ残高を確認できるため、使いすぎの心配もない。社会人はもちろん、学生でも利用しやすいのも魅力だ。

例えばマイルコースを選択し、月4万円をチャージして全額を利用した場合、半年で1,560マイル、1年で3,120マイルが貯まる計算だ。

数年間貯めれば、国内旅行や帰省などでANAを利用する際に、貯めたマイルを活用できる。

本カードは「使いすぎず地道にANAマイルを貯めたい」という人に最適なカードといえる。

ANAマイルを貯めるなら他にもこのようなクレジットカードがあります。

ANAマイルが貯まるクレジットカード

ANA VISAカード
ANA アメリカン・エキスプレスゴールド(ANAアメックス・ゴールド)

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。