TOP

京王パスポートVISAカード 京王百貨店なら最低5%ポイント還元&PASMOチャージでもポイントが貯まる

京王パスポートVISAカード

京王線沿線のお店やPASMOチャージでポイントがどんどん貯まる

京王電鉄と三井住友カードが提携して発行している京王パスポートVISAカード。

京王グループの店舗で利用すると、京王グループの共通ポイント「お買い上げポイント」、「クレジットご利用ポイント」、さらに三井住友カードのポイント「Vポイント」の三重取りが可能だ。

さらに最大11%の高還元率、PASMOのオートチャージでポイント付与、優待サービスの充実などの特典が多いカードとなっている。

京王線や井の頭線沿線にお住まいで京王グループの店舗をよく使う方にはとてもお得なカードとなっている。

メリット

  • ポイントの三重取りで高還元
  • PASMOへのオートチャージ、京王の電車、バス乗車でポイント付与
  • 京王百貨店などカード提示でサービスを受けれる優待施設がある
デメリット

  • 年会費がかかる(ただし条件を満たせば無料)
  • 国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険が無い
  • ポイントの有効期限がある(2年間)
button_HP

ポイントの3重取りで高還元率カードに!

京王パスポートVISAカードは京王百貨店をはじめ、京王グループで利用すると京王グループ共通ポイントが付与される。

この京王グループ共通ポイントは1000ポイント=1000円相当の京王グループで利用出来るサービス券と交換することが出来る。

また、京王グループ共通ポイント(2重取り)のほか、VISAのポイントシステム「Vポイント」を合わせて3重取りすることが出来る。

各ポイントの還元率と取得方法を説明していこう。

京王グループ共通ポイント「お買い上げポイント」

京王グループである京王百貨店や京王ストア、啓文堂書店でカードを利用すると利用額に応じて0.5~10%のポイントがつく。

ポイントの還元率は店舗によって変わる。

日常の生活圏内でよく利用するであろう店舗(一部)の還元率を下記表にまとめたので参考にしていただきたい。

京王グループ店舗別還元率

店舗名還元率メモ
京王百貨店5.0~10.0%年間利用額に応じて還元率が変動
京王ストア・キッチンコート0.5~2.5%ポイント倍の曜日、サービスデイ有り
啓文堂書店1.0%
ベーカリーショップ ルパ1.0~5.0%ポイント倍の曜日、サービスデイ有り
キラリナ京王吉祥寺1.0%
京王電鉄バス定期券0.5%
京王線・井の頭線 定期券0.5%

特に注目したいのが京王百貨店、京王ストア、ベーカリーショップルパの三つだ。

まず京王百貨店は最低でも5%のポイントが付き、さらに年間の利用額に応じて翌年の還元率が変動する。

年間20万円以上(税抜き)の利用で8%80万円以上(税抜き)の利用で10%のポイントが翌年から付与されるようになる。

百貨店での買い物が多い人にはうれしいサービスだ。

またスーパーマーケットである京王ストアは通常0.5%のポイント付与だが毎週水曜日のポイント5倍デーで2.5%に上がる。

京王ストアに併設されていることが多いベーカリショップルパでは通常1%付与が毎週金曜日のポイント5倍デーでは5%となる。

ポイント倍になるサービスデイがあるスーパーは多いが、毎週ポイントが5倍となるスーパーは少ない。京王ストアと京王グループ共通ポイントは普段の生活でもポイントがとても貯めやすくなっているのだ。

京王グループ共通ポイント「クレジット利用ポイント」

買い物時に会員カードである京王パスポートカードを利用すると上記のようにお買い上げポイントが付与されるが、さらにクレジットカードである京王パスポートVISAカードを京王グループの店舗で利用するとお買い上げポイントにプラスしてクレジット利用ポイントが一律0.5%付与される。

三井住友カードの「Vポイント」

三井住友カードを利用した際に貰えるポイントが「Vポイント」だ。

京王パスポートVISAカードも三井住友カードと提携しているためこのポイントがカード利用時に付与される。

Vポイントは利用金額200円(税込み)ごとに1ポイント付与される。

※2020年6月1日より、ワールドプレゼントがVポイントにリニューアルした。

ポイントの利用方法はVポイントのホームページに記載された景品との交換が可能だ。

景品の交換以外にも他のポイントへ移行が可能であり、少ないポイントから交換できる。

さまざまなポイントに交換できるが、100ポイントから交換できる京王グループ共通ポイントは交換レートも良く使いやすいと思われる。

これら3つのポイントを京王共通ポイントとして合計すると、京王百貨店では5~11%、京王ストアでは1.5〜3.5%の高い還元率となる。

また京王百貨店では来店するだけで1日1店舗1回限りだが5ポイントの付与される。

京王グループの店舗をよく利用する方にとっては魅力的な還元率といえるだろう。

PASMOチャージ、京王の電車とバス乗車でポイント付与

京王パスポートVISAカードには「乗りものポイント」というポイントサービスがある。

「乗りものポイント」の登録を行ったPASMOで、京王の電車とバスを同じ日に利用すると、京王グループ共通ポイントを1日10ポイント溜めることが出来る。(定期券範囲内を除く)

普段の移動でバス、電車を利用して買い物に向かえばさらにポイントがプラスされるのだ。

また一部店舗でPASMO決済を行うと利用額の0.5%、京王グループポイントが溜まるサービスがある。

京王パスポートVISAカードからPASMOにオートチャージ設定をしておくと、チャージした金額200円に付き1ポイントのVポイントがつくうえに、PASMOサービス提携店舗でPASMO決済すると1%の還元率となる。

このように細かいところでもポイントを稼ぐことが出来るのはうれしい。

ポイントの注意点

京王共通ポイント、Vポイントに共通する注意事項がある。

2つともポイントに有効期限があり、ポイントの付与から2年間となっている。

特にVポイントは基本、還元率が0.5%のため交換可能になったらどんどんポイントを移行していきたい。

そのためにも交換可能最小単位が一番低い京王共通ポイントに移行し普段の買い物で利用していくほうが良いと思われる。

カードの提示で得られる優待サービス

京王パスポートVISAカードは優待サービスも充実しており、百貨店ではお中元、お歳暮のギフト購入時に10%引き、博物館やレジャー施設、自動車学校などでは提示するだけで割引優待を受けることが出来る。

優待施設は下記の表にまとめた。

優待サービスの詳細情報については下記URLを確認いただきたい。
優待施設一覧

種類施設名
美術館・博物館池田20世紀美術館
大石紬伝統工芸館
河口湖美術館
河口湖ミューズ館・与勇輝館
河口湖フィールドセンター
世田谷美術館
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
多摩美術大学美術館
東京富士美術館
府中市美術館
弥生美術館
竹久夢二美術館
サービス・レジャー河口湖ハーブ館・香水の舎
群馬サファリパーク
富士急ハイランド
※(専用優待券はこちら)
河口湖自然生活館
高尾の湯ふろッぴィ
東京サマーランド
スクール上北沢自動車学校
ジャパンスイミングスクール(八王子)
世田谷自動車学校
多摩ドライビングスクール
調布自動車学校
乗馬クラブ クレイン

年会費と付帯保険

年会費は初年度無料、2年目以降の年会費は239円(税別)だが、年1回の利用で無料となるので実質無料であるといえる。

カード決済した商品の破損、盗難、偶然の事故の際に年間最高100万円まで補償されるショッピング保険(※購入から90日間が補償の対象)はついているが、国内旅行障害保険、海外旅行障害保険は残念ながついていない。

旅行保険を確保したい場合はサブカードで補う必要がある。

京王パスポートVISAカードは 京王線、井の頭線沿いに住んでいて京王グループの店舗をよく利用する人にとっては高還元率で優待サービスが多いカードとなっている。

京王百貨店で年間80万円以上の利用が無くても、京王ストアや京王電鉄を普段使っている人にとっては自然と楽にポイントを貯めることが出来るお得なカードなので、メインカードとして持っておくと非常に便利だ。

カード詳細情報

年会費初年度無料
239円+税(※ただし、年1回の利用翌年無料)
還元率0.5%~1.0%
ブランドvisa
電子マネーiD
ETC無料
※年1回利用で翌年無料
家族カード初年度無料
239円+税※但し、年1回の利用翌年無料
国内保険
海外保険
ポイント種類Vポイント
その他

(提携先:株式会社京王パスポートクラブ)

button_HP

申し込み条件

満18歳以上で安定した収入のある方。またその配偶者、及び学生の方。(高校生は除く)
※満20歳未満で未婚の方、及び学生の方は親権者の同意が必要。
※満18歳以上の同居のご家族の方(高校生は除く、配偶者・親子)には、希望により家族カードを発行。
○日本国内にお住まいの方で「入会申込書」にご記入の「ご自宅」「ご勤務先」に電話連絡が可能な方。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る
オトクレ編集長 池田 星太

執筆・編集

池田星太

オトクレ編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る