クレジットカードをバレずに使う方法!店頭受け取り、明細は郵送せずWeb確認など

Pocket
LINEで送る

家族に利用明細がバレない方法

クレジットカード決済はとても便利だが、必ず利用履歴が残り、これがプライベートな情報を含むため、家族や同居している人に知られたくないという場合もあるだろう。

本記事では、家族や恋人など、クレジットカードの利用を隠したい相手と同居しているケースを想定して、カード利用を徹底的に隠すテクニックと、そのために最適なクレジットカードを紹介する。

利用明細が一番バレやすい

クレジットカードの利用履歴がバレやすい原因の一番が、自宅に郵送されてくる利用明細だ。この紙の明細を止めることで、カードの利用状況が格段にバレにくくなる。

最近では、クレジットカードの利用状況を会員向けWebサービスで確認できるWeb明細が増えており、紙の明細の代わりにこのWeb明細を利用するようにしよう。

クレジットカードを申し込む際、ほとんどの場合、明細を郵送するか、Webのみにするかを選択できる項目がある。

すでに明細が郵送の設定になっている人は、カード会員向けWebサービスまたは専用ダイアルなどで変更できる。

カードによって微妙に方法が異なることがあるので、自分のもっているカードを確認してみよう。

なかには、Web明細を利用することで、年会費が割引や無料になったり、ポイントが加算されるたりするカードもある。

引き落とし時の注意点

引き落とし方法を口座振替にする

クレジットカードの利用金額の支払いは、最初に設定した口座からの自動引き落としという形が一般的だが、なかには振込用紙で支払いができるカードもある。

しかしこの支払方法だと、振込用紙の郵送によりカードの利用状況がバレてしまう可能性がある。支払い方法は口座振替を利用するようにしよう。

他人に見られない引き落とし口座にする

クレジットカードの利用金額の支払いを口座振替にしても、たとえば通帳を見られるなどでその口座の状況を確認されると、カード会社の引き落としがあり、カードを利用していることがバレてしまう。

カードの利用をバレないようにするためには、引き落とし口座は家族や同居人が状況を共有していないもの、あるいは家族や同居人が知らない口座を設定する必要がある。

店頭受け取りでカードの郵送を防止

クレジットカードの利用状況を秘密にするのであれば、そもそもカードの存在自体を把握されないほうがいい。そのため、新しくカードを作るとき、自宅に郵送されるのは避けたいところだ。

カードによっては「本人限定受取郵便」で届けてもらうこともできる。この方法では、受け取りの際に公的証明書の提示が必要になるため、家族でも代わりに受け取ることができない。

ただし、差出人からクレジットカードに申し込んだことがバレる可能性があるため、あまりおすすめの方法とはいえない。

カード申し込みがバレない受け取り方法としては、以下で紹介するように、自宅で受け取らないことがもっともおすすめな方法だ。

クレジットカードのなかには系列グループの店舗やカードカウンターで受け取りが可能なものがある。これを利用しよう。

即日発行できるカードは店舗で受け取れる

クレジットカードのなかには、店頭で受け取ることで即日入手できるカードがある。裏を返せば、即日発行に対応しているカードは店頭で受け取ることができるということだ。

申し込みから受け取りまでの流れは、基本的に以下のようになる。

  1. インターネットより申込
  2. 受付完了メールが届く
  3. 申込確認の電話あり
  4. 審査結果メール到着
  5. 指定のカウンターで受け取り

店頭で申し込み、その場で発行してもらえるカードもあるが、時間がかかることが多い。インターネットから事前に申し込んだ方がスムーズに受け取れるだろう。

即日発行カードを選ぶ基準としては、すぐに受け取りに行けるかどうかも重要だ。還元率やサービス内容といったスペックだけでなく、受け取りに行ける窓口が近くにあるかどうか、あわせて確認しておこう。

次に即日発行に対応したカードと、その受け取り可能な窓口を紹介する。

PARCOカード

セゾンカードが発行するパルコとの提携カードで、全国のパルコで割引優待を受けられる。

・カードの受け取り場所
全国の主要都市・駅にあるパルコ内に設置されている「パルコ・セゾンカウンター」

エポスカード

マルイでの買い物がお得になるほか、10,000店舗以上の優待サービスが付帯するカード。

・カードの受け取り場所
全国のマルイ店舗内設置されている「エポスカードセンター」

セゾンカードインターナショナル

西友・LIVIN・サニーなどで会員優待の割引が受けられる提携カード。

・カードの受け取り場所
パルコやららぽーと他、商業施設内に設置された「セゾンカウンター」

エムアイカード プラス

三越伊勢丹グループ百貨店でポイント優遇が受けられるカード。

・カードの受け取り場所
全国の三越伊勢丹グループ百貨店に設置された「エムアイカウンター」

ACマスターカード

アコムが発行するリボ払い専用カードで、最短30分で審査が完了する。

・カードの受け取り場所
全国611ヶ所(2018年6月12日時点)にある自動契約機「むじんくん」

登録メールアドレスにも注意

クレジットカードを使ってインターネット上でショッピングやサービスを利用する際、ほとんどの場合でメールアドレスが必要になる。

もしその利用を誰にも知られたくないのであれば、新たにメールアドレスを作成することをおすすめする。フリーメールであればすぐに作ることができる。

インターネット上でクレジットカード決済すると、決済の確認メールが送信される。そのメールの内容から利用状況がバレてしまうことも考えられるのだ。

支払い遅延を起こさないようにしよう

クレジットカードの引き落とし日に口座残高が足りず支払い遅延となると、電話や郵送で連絡が来ることがある。これをきっかけにカードの利用がバレることもあり得る。

支払い遅延はクレジットヒストリーにも影響するため、そもそも起こさないように注意が必要だが、カードの利用を隠したい場合はより一層注意しよう。

すべての条件を満たすカードを紹介

本記事で紹介した条件をすべて満たすカードがいくつかある。基本的にほとんどのカードで口座振替、Web明細が選択可能なため、残る要素は店頭で受け取れるかどうかだ。

上述したように、即日発行できるカードは店舗で受け取れるため、即日発行が可能なカードから選ぶといいだろう。

セゾンカードは申し込み後、セゾンのカウンターでカードを受け取ることが可能。

セゾンカードには様々な提携カードもあるので、併せてチェックするといい。

エポスカードはマルイのエポスカードセンターで最短で申し込み当日に受け取ることができる。

マルイだけでなく、カラオケ、居酒屋、映画館など10,000店以上で優待を受けられるため、若者にも人気だ。

どちらのカードも年会費無料のため、気軽に申し込めるだろう。

リボ払いでも問題なければACマスターカード

ACマスターカードは、消費者金融であるアコムが発行するカードであるがゆえに、プライベートな情報を守ることに優れている。

電話確認がある場合には、はじめに「アコム」とは言わず担当者の個人名で連絡してくれるきめ細やかな気遣いがうれしい。

ウェブ明細が可能なはもちろんのこと、カードの受け取りを近くの自動契約機「むじんくん」で済ませられる。

むじんくんは全国611ヶ所(2018年6月12日時点)にあり、営業時間は年中無休(※年末年始除く)で土日祝含め9:00~21:00と長いため、どんな職業の人でも受け取りやすいはずだ。

また、審査は最短30分で済むため、不安な気持ちで過ごす時間も最短に抑えられるだろう。

クレジット利用代金の支払いが自動的にリボ払いとなる点さえ問題なければ、秘密で持つには非常に都合がいいカードといえるだろう。

ACマスターカード

ACマスターカード

最短30分で審査結果がわかる。即日発行に対応。とにかく急ぎでクレジットカードが必要な人におすすめ

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムが発行。全国の契約機で即日受け取ることが可能。

年会費無料
還元率0.25%
キャッシュバック形式(請求金額から差し引かれる)
発行スピード即日発行
申し込み条件主婦*1・学生*2でも申し込み可
国際ブランドマスターカード

*1 ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能。(※専業主婦は除く)
*2 20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能。
ACマスターカードの公式サイトを見る
ACマスターカードの詳細を見る
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:池田星太

大人のクレジットカード編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る