家族に利用明細がバレない方法!秘密で持てるクレジットカードも紹介

Pocket
LINEで送る

家族に利用明細がバレない方法

最近ではインターネットでの買い物やサービスの利用料金を支払うのに、クレジットカードを利用する環境はますます整って来ている。

クレジットカード決済は便利な一方で、中には家族に利用状況を知られたくない人もいるだろう。

利用履歴はときにプライベートな情報も含むため、家族であっても全てを明かしたくないと思うのも無理はない。

本記事では利用を徹底的に隠し通すテクニックと、秘密で使うのに最適なクレジットカードを紹介する

なお、一人暮らしの場合は比較的苦労がないため、隠したい相手と同居(同棲)しているケースを想定している。

クレジットカードの利用を他の人(特に家族や恋人)に内緒にしたい人は、知っておいて損はないだろう。

1.利用明細を自宅郵送にしない

クレジットカードの利用状況がバレる一つの原因として、自宅に送られてくる利用明細が考えられる。

通常であれば自分宛以外の郵便物は開けないものだと思うが、家族に勝手に郵便物を開けられて苦労している人も多いことだろう。

クレジットカードの利用明細は主に以下の2タイプある。

  • 自宅に郵送されるタイプ
  • WEBで簡単に確認出来るタイプ

クレジットカードを申し込む際にはほとんどの場合、郵送かウェブ明細かを選択出来る項目がある。

利用状況を秘密にしたいのであれば、この項目はウェブ明細を選択するのが正しい。

すでに明細の確認方法が郵送の設定になっている人は、クレジットカード専用のWebページまたは専用ダイアルで変更できる

今までバレなかったからといって、これからもバレないとは限らない。

できるだけ早くWebで利用明細を確認できるように変更することをおすすめする。

利用明細をウェブ明細にすることによって、年会費が無料になる場合や、ポイントが加算される場合もあるので一石二鳥である。

2.引き落とし方法を口座振替にする

クレジットカードの支払い方法を振込用紙での支払いにしていると、振り込み用紙が郵送され利用状況がバレてしまう可能性がある。

支払い方法は口座振替を指定するようにしておこう。

口座振替にすることで、クレジットカードの利用状況が家族にバレるリスクを減らすことができるはずだ。

ただし、口座振替にしたからといって安全とは限らない

3.引き落とし口座を他人に見られない口座にする

せっかくクレジットカードの引き落とし方法を口座振替にしても、銀行口座の状況を家族に把握されていては意味がない。

例えば、通帳を見られてしまうようなことがあれば、カード会社名義の引き落とし記録によって一発でバレてしまうだろう。

配偶者に家計を完全に把握されている人にはつらいものがある。

引き落とし口座は極力家族で共有していないもの、あるいは家族に明細を知られることがない口座を利用するように心がけよう。

4.カードが自宅に郵送されないようにする

徹底的にクレジットカードの利用状況を秘密にするのであれば、そもそもカードの存在自体を把握されていない方がいい。

そのため、新しくカードを作ったことが、自宅に届いたタイミングで家族に知られる、という状況もできれば避けたいところだ。

カードによっては「本人限定受取郵便」で届けてもらうこともできる。

受け取りの際に公的証明書の提示が必要になるため、家族とはいえ代わりに受け取ったり開けたりすることができない。

ただし、差出人からクレジットカードに申し込んだことがバレる可能性があるため、あまりおすすめの方法とは言えない。

カードの受け取り方法としては、以下で紹介するように、自宅で受け取らないことが最も安全だろう。

クレジットカードの中には店舗に受け取りに行くことが可能なものがある。

徹底的にカードの利用状況を秘密にするのであれば、クレジットカードの受け取りは郵送ではなく、店舗に受け取りを選択するといい

即日発行できるカードは店舗で受け取れる

クレジットカードの中には、店頭まで受け取りに行くことで、即日入手できるカードがある。

裏を返せば、即日発行に対応しているカードは店頭で受け取ることができるということだ。

申し込みから受け取りまでの流れは、基本的に以下のようになる。

  1. インターネットより申込
  2. 受付完了メールが届く
  3. 申込確認の電話あり
  4. 審査結果メール到着
  5. 指定のカウンターで受け取り

店頭で申し込み、その日の内に発行できるカードもあるが、時間がかかることも多い。

インターネットから事前に申し込んだ方がスムーズに受け取れるだろう。

即日発行カードを選ぶ基準としては、すぐに受け取りに行けるかどうかも重要なはずだ。

還元率やサービス内容といったスペックだけでなく、受け取りに行ける窓口が近くにあるかどうか、あわせて確認するといい

次に即日発行に対応したカードと、その受け取り可能な窓口を紹介する。

PARCOカード

セゾンカードが発行するパルコとの提携カードで、全国のパルコで割引優待を受けられる。

・カードの受け取り場所
全国の主要都市・駅にあるパルコ内に設置されている「パルコ・セゾンカウンター」

エポスカード

マルイでの買い物がお得になるほか、10,000店舗以上の優待サービスが付帯するカード。

・カードの受け取り場所
全国のマルイ店舗内設置されている「エポスカードセンター」

セゾンカードインターナショナル

西友・LIVIN・サニーなどで会員優待の割引が受けられる提携カード。

・カードの受け取り場所
パルコやららぽーと他、商業施設内に設置された「セゾンカウンター」

エムアイカード

三越伊勢丹グループ百貨店でポイント優遇が受けられるカード。

・カードの受け取り場所
全国の三越伊勢丹グループ百貨店に設置された「エムアイカウンター」

ACマスターカード

アコムが発行するリボ払い専用カードで、最短30分で審査が完了する。

・カードの受け取り場所
全国611ヶ所(2018年6月12日時点)にある自動契約機「むじんくん」

5.登録するメールアドレスは新たに用意する

ネット上でショッピングやサービスを利用する場合、ほとんどの場合でメールアドレスが必要になる。

もし誰にも知られたくないサービスなどがある場合には、新たにメールアドレスを作成することをおすすめする

インターネット上のサービスでクレジットカード決済すると、決済の確認メールが送信される。

その決済確認メールの内容から利用状況がバレてしまうことも考えられるのだ。

メールアドレスはすぐに無料で新しいものを作れるため、わずかな手間を惜しんで危険な橋を渡ることはないだろう。

すべての条件を満たすカードを紹介

本記事で紹介した条件をすべて満たすカードがいくつかある。

基本的にほとんどのカードで口座振替、Web明細が選択可能なため、残る要素は店頭で受け取れるかどうかだ。

上述したように、即日発行できるカードは店舗で受け取れるため、即日発行が可能なカードから選ぶといいだろう。

セゾンカードは申し込み後、セゾンのカウンターでカードを受け取ることが可能。

セゾンカードには様々な提携カードもあるので、併せてチェックするといい。

エポスカードはマルイのエポスカードセンターで最短で申し込み当日に受け取ることができる。

マルイだけでなく、カラオケ、居酒屋、映画館など10,000店以上で優待を受けられるため、若者にも人気だ。

どちらのカードも年会費無料のため、気軽に申し込めるだろう。

リボ払いでも問題なければACマスターカード

ACマスターカードは、消費者金融であるアコムが発行するカードであるがゆえに、プライベートな情報を守ることに優れている

電話確認がある場合には、はじめに「アコム」とは言わず、担当者の個人名で連絡してくれるきめ細やかな気遣いがうれしい。

ウェブ明細が可能なはもちろんのこと、カードの受け取りを近くの自動契約機「むじんくん」で済ませられる

むじんくんは全国611ヶ所(2018年6月12日時点)にあり、営業時間は土日祝含め8:00~22:00と長いため、どんな職業の人でも受け取りやすいはずだ。

また、審査は最短30分で済むため、不安な気持ちで過ごす時間も最短に抑えられるだろう。

クレジット利用代金の支払いが自動的にリボ払いとなる点さえ問題なければ、秘密で持つには非常に都合がいいカードと言えるだろう。

ACマスターカード

ACマスターカードの詳細を見る

最短30分で審査結果がわかる。即日発行に対応。とにかく急ぎでクレジットカードが必要な人におすすめ

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムが発行。全国の契約機で即日受け取ることが可能。

年会費無料
還元率0.25%
キャッシュバック形式(請求金額から差し引かれる)
発行スピード即日発行
申し込み条件主婦*1・学生*2でも申し込み可
国際ブランドマスターカード

*1 ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能。(※専業主婦は除く)
*2 20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能。
ACマスターカードの公式サイトを見る
ACマスターカードの詳細を見る
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る