ライフカードCh(有料)の口コミ・評判まとめ!審査基準だけじゃない!

Pocket
LINEで送る

ライフカードCh(有料)の口コミ・評判

ライフカードCh(有料)は、クレジットカードの審査に不安を抱く人にとって最重要カードの一枚だ。

カード会社自らが「審査の通りやすさ」について言及していることから、大きな話題を呼んでいる。

年会費無料のライフカードに対して、こちらは年会費がかかるため、「有料版ライフカード」「ライフカード有料」という呼ばれ方をする。

正式名称は「ライフカード(Ch)」だ。

今回はライフカードCh(有料)の口コミや評判を紹介しながらカードの特徴を解説していく。

ユーザーによる生の声を聞くことで、カードのおさえておくべきポイントがより明確になるはずだ。

カードの申し込みを検討している人だけでなく、他社のカード審査に落ちてしまった人にもぜひチェックしてもらいたい。

ライフカードCh(有料)

ライフカードCh(有料)

独自の審査基準で圧倒的な審査の通りやすさ!

他社の審査に落ちた人や、支払い遅延の経験がある人でもチャレンジ可能!誕生月はポイント3倍などお得さも兼ね備えている!

年会費5,000円
還元率0.5%〜
ポイントの種類LIFEサンクスポイント
ブランドMasterCard
koushiki-200-40
shousai-95-40

おさえておきたいカードの特徴

審査の通りやすさが強み

ライフカードCh(有料)の最大の特長は、「独自の審査基準」を採用し、審査に通りやすいという点にある。

ライフカードCh(有料)の公式サイトを見てもらえればわかるように、審査に不安のある人も対象としたカードだ。

また、公式サイト内では他社クレジットカードで審査に通らなかった人にも申し込みを促している。

審査に通りやすいという点を強みとしたカードであることが、公式サイト内の文言からもわかる。

カード会社が審査の基準に言及するのは非常に珍しく、それだけ審査に通りやすいカードだと言えるだろう。

券面が一般ライフカードと同じ

ライフカードCh(有料)は、一般のライフカード(年会費が無料のもの)と全く同じ券面デザインを採用している。

つまり、審査に不安要素のある人だと思われてしまう心配は要らないということだ。

どこでも堂々と使える点も、ライフカードCh(有料)の魅力の一つといえるだろう。

ポイントがお得に貯まる

券面デザインだけでなく、基本スペックも一般のライフカードとほぼ同じと言っていい。

ポイントを貯めて利用するという、クレジットカードの醍醐味もしっかり味わえる。

通常は0.5%還元とそれほど高い数字ではないが、以下のようにポイントアップのプログラムが多数用意されている。

  • お誕生日月ポイント3倍
  • 初年度ポイント1.5倍
  • L-MALL経由のお買い物で最大25倍

中でも注目はL-MALLというポイントモールを経由するとポイントが倍増するというもの。

楽天市場Yahoo!ショッピングでもポイントが2倍(還元率1.0%)になるため、必ずL-MALL経由で買い物するようにしたい。

ここは注意!
ライフカードCh(有料)の年会費は5,000円(税抜)と、一般カードの中では高額な部類に入る。

また、初年度は支払い方法が代金引換という点にも注意が必要だ。

手元に現金がないとカードを受け取ることができないため、必ず事前に用意しておこう。

項目別にみる口コミ・評判

ここではカードの特徴や口コミの多かった項目に分けて口コミを紹介していく。

また、良い口コミ(以下「イイコミ」)だけでなく、悪い口コミ(以下「ワルコミ」)も可能な限り取り入れていくものとする。

正直なユーザーの反応から、カードの性質が読み取れるはずだ。

審査の通りやすさ

ライフカードCh(有料)の最大の特長が「審査の通りやすさ」ということもあり、審査に関する口コミが目立つ。

イイコミ

  • 他社のカードで審査に落ちたが、このカードの審査は通った
  • クレヒス(クレジットヒストリー)に不安があったが、無事に発行された

カード審査に落ちてしまった人も対象にしているだけあり、実際に他社のカードで審査に通らなかった人でも入手できていることがわかる。

過去にカードの支払いが遅れてしまい、クレヒスに事故情報を残してしまう人は少なくない。

「事故情報はあるが新たにカードを作りたい」というニーズに、応えてくれる可能性が高いカードと言えるだろう。

ワルコミ

  • このカードなら大丈夫と言われて申し込んだが、何故か落ちた

注意が必要なのは、いくら独自の審査基準を設けているとはいえ、必ず通るわけではないということだ。

過去の未払いは完済するなど、審査に不利となる要素は事前に潰しておくことをおすすめする。

また、審査に落ちる原因となってしまうため、複数カードの同時申し込みを避けることも覚えておこう。

年会費

上述したように、年会費無料のライフカードに対してこちらは年会費がかかるため、「有料版ライフカード」「ライフカード有料」という呼ばれ方をする。

さらに、年会費は5,000円という多少高めの設定となっているため、イイコミはあまり見られない。

また、支払い方法が代金引換である点も、マイナスの評価につながっている。

ワルコミ

  • 審査に通りやすい点は魅力だが、年会費5,000円は高い
  • 支払い方法が代金引換というのが面倒くさい

支払い方法に代金引換を採用している理由は、確実に回収することで発行のハードルを下げるためだと考えられる。

とはいえ、少々高額な年会費を現金で用意しなければならないのは、多くの人が面倒だと感じるところだろう。

ポイントプログラム

ポイントプログラム(ポイントの貯め方・使い方)が豊富に用意されているのも、ライフカードCh(有料)の魅力だ。

貯めたポイントを有効活用できるかどうかを重視する人も少なくないため、ポイントプログラムは必ず事前に確認しておきたい。

ポイント関連の口コミは以下の通り。

イイコミ

  • 一般ライフカードと同じようにポイントを貯めて使える
  • 誕生日月のポイント3倍は嬉しい
  • ポイントの移行先が豊富で使いやすい

基本はカードの利用1,000円につき、LIFEサンクスポイントが1.0ポイント貯まり、還元率は0.5%だ。

初年度はポイント1.5倍、お誕生日月はポイント3倍になるため、お得にポイントを貯めることができる。

ライフカードが運営するショッピングモール「L-MALL」経由で買い物をするとポイントが最大25倍になる点も見逃せない。

貯めたポイントはANAマイルへの移行、Amazonギフト券JCBギフトカードとの交換などに利用できるため、使い道に困ることはないだろう。

ただし、以下のような否定的な口コミも見られた。

ワルコミ

  • 誕生日月にたくさん買い物しないと、それほどポイントが貯まらない

ポイントの貯まりやすさに強みを持つカードは多数存在するため、ポイントプログラムだけで比較すると若干見劣りしてしまうのは事実だ。

とはいえ、延長手続きをすることでポイントの有効期限は最長5年になるため、時間をかけてゆっくり貯められる。

年間の利用額がそれほど高くない人もポイントを有効活用できる、優しいポイントプログラムだと言える。

券面デザイン

ライフカードCh(有料)は一般ライフカードと同じ券面を採用することで、一見すると見分けがつかないようになっている。

券面デザインについては気にしないという人もいると思うが、以下のようにメリットと感じる人もいる。

イイコミ

  • 普通の(一般)ライフカードと見た目が同じだから使うときに恥ずかしくない

クレジットカードは個人的な買い物の支払いだけでなく、食事の際の支払いなど、同席した人の目に触れる機会もある。

そのため、人前で堂々と使えるかどうかも、カード選びにおいて重要な要素の一つとなる。

人前で使うときのために、ステータスカードを持つ人もいるほどだ。

その点、本カードは他社でクレジットカードが作れなかった人も、人前で堂々と使えるカードと言える。

旅行保険

少数派ではあるが、旅行保険についての口コミも確認できたため紹介しておこう。

イイコミ

  • 旅行保険がついているから海外に行くときに役立ちそう

ライフカードCh(有料)には以下のように旅行保険が付帯する。

  • 海外旅行保険は自動付帯で2,000万円
  • 国内旅行保険は利用付帯で1,000万円

海外旅行に関してはカードの利用といった特別な条件のない自動付帯な点も嬉しい。

また、本カードの国際ブランドが世界シェア2位を誇るマスターカードということもあり、旅行の際には力を発揮してくれるはずだ。

審査に不安があるならおすすめ!

ライフカードCh(有料)の口コミで最も多かったのは、審査に関するものだった。

カード会社が審査の通りやすさを推しているだけあり、「審査に通った」というイイコミが多かった。

他社のカードに落ちた履歴とあわせて報告する人も多く、その報告に対するリアクションも多かったように思う。

それだけ多くの人がクレジットカードの審査に不安を覚え、審査に通りやすいカードを探しているということだ。

また、本カードは一般ライフカードと比べても遜色のない基本スペックなど、カードとしての性能も決して悪くない。

審査の通りやすさだけではない、どこで出しても恥ずかしくないカードと言える。

年会費を除けば優良なカード

一方、ライフカードCh(有料)のワルコミは、年会費に関するものが中心だった。

年会費が無料のカードも多数流通する中で、年会費5,000円が高く感じてしまうのも無理はない。

受け取りの際に現金で5,000円用意しなければならないという点も、申し込む際には注意が必要だ。

しかし、年会費のことさえ気にしなければ、他に目立ったデメリットの見当たらない優秀なカードと言えるだろう。

貯めたポイントをマイルに移行したり、旅行保険を活用したりするなど、旅行のお供としても活躍するはずだ。

ライフカードCh(有料)

ライフカードCh(有料)

独自の審査基準で圧倒的な審査の通りやすさ!

他社の審査に落ちた人や、支払い遅延の経験がある人でもチャレンジ可能!誕生月はポイント3倍などお得さも兼ね備えている!

年会費5,000円
還元率0.5%〜
ポイントの種類LIFEサンクスポイント
ブランドMasterCard
koushiki-200-40
shousai-95-40

最後の砦!【アコム】ACマスターカード

おすすめ

上述のようにライフカードCh(有料)は非常に審査のハードルが低いカードとなっている。

カード会社が審査のハードルについて触れているため、本当に審査に通りやすいカードであることは間違いない。

しかし、実際の審査通過率を見てみると、思ったほど確率が高くないとも言われている。

申し込みをしている人の属性が偏っている可能性も考えられるが、ライフカードCh(有料)だからといって絶対に審査に通るわけではないのだ。

そこで、どうしてもクレジットカードが欲しい人には、最後の砦である【アコム】ACマスターカードをおすすめしたい。

【アコム】ACマスターカードはライフカードCh(有料)のように審査のハードルについて触れられているカードではないが、独自の審査基準が設けられている独特なクレジットカードだ。

その名の通り消費者金融のアコムが発行するクレジットカードとなっており、一般的なクレジットカード会社の審査基準とはそもそも異なると言われている

ライフカードCh(有料)に落ちてしまった人、もしくは落ちてしまう不安がある人には、【アコム】ACマスターカードに申し込んでみることをおすすめする。

また、【アコム】ACマスターカードは一般的なクレジットカードと異なり付帯サービスがついていないものの、即日発行が可能で、年会費も無料だ。

さらにライフカードCh(有料)ではほとんどつくことがないと言われている「キャッシング枠」もつけられる可能性が高い。

すぐにカードが必要な人、年会費無料のカードが良い人、キャッシング枠が欲しい人は【アコム】ACマスターカードが断然おすすめだ。

ただし、【アコム】ACマスターカードは「リボ払い専用カード*」であることには注意して欲しい。

*リボ払い専用カードでも一般的なクレジットカードのように一括払いをすることは可能(以下の記事を参照)
【アコム】ACマスターカード怖い?危ない?

ACマスターカード

ACマスターカードの詳細を見る

最短30分で審査結果がわかる。即日発行に対応。とにかく急ぎでクレジットカードが必要な人におすすめ

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムが発行。全国の契約機で即日受け取ることが可能。

年会費無料
還元率0.25%
キャッシュバック形式(請求金額から差し引かれる)
発行スピード即日発行
申し込み条件主婦*1・学生*2でも申し込み可
国際ブランドマスターカード

*1 ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能。(※専業主婦は除く)

*2 20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能。

ACマスターカードの公式サイトを見る
ACマスターカードの詳細を見る

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る