ライフカードCh(有料) 独自の審査基準で通りやすい!審査落ちを経験した人でも大丈夫!

Pocket
LINEで送る

ライフカードCh(有料)

他社の審査に落ちた人や、審査に不安を抱える人も、自信を持って申し込めるカード

ライフカードCh(有料)は、ライフカードが審査基準に焦点を当てて展開するクレジットカードだ。

年会費無料のライフカードに対して、こちらは年会費がかかるカードであるため、「有料版ライフカード」「ライフカード有料」といった呼ばれ方もする。

正式名称は「ライフカード(Ch)」だ。

クレジットカードを持ちたいが、なかなか審査に通らずに困っている、という人にとって待望のカードといえるだろう。

公式サイトに「他社クレジットカードで審査に通らなかった」という文言が使用されていることからも、審査落ち経験者もターゲットであることがうかがえる。

信用情報に事故や遅延の情報がある人だけでなく、初めてクレジットカードを作る人にも安心のカードだ。

メリット

  • 審査に通る可能性が高い
  • 信用情報に傷があっても作れる可能性がある
  • 通常のライフカードと券面が同じ
デメリット

  • 年会費が5,000円と高めの設定
  • 初年度の年会費が代金引換による現金払い

公式サイトを見る

こんな人におすすめ!

・他社カードの審査に落ちてしまったおすすめ
・カード審査が不安おすすめ
・どうしてもクレジットカードを作りたいおすすめ

2つのポイント

カード会社公認の「通りやすい」審査

ライフカードCh(有料)の最大の特長は、「スマート審査」を採用していること。

独自の審査基準にもとづいて、一人ひとり個別に審査を行うという。

注目すべきは、カード会社自らが審査基準について触れ、ハードルを下げているという点だ。

カード会社が審査の通りやすさについて言及するケースは非常に珍しく、他社ではそうそう見られない。

また、公式サイトにて「過去に延滞がある方」と例を挙げていることから、該当する人でも審査に通る可能性は十分あると言える。

とはいえ、必ず審査に通るわけではないため、現状で延滞などに心当たりがある場合は、支払いを済ませてから申し込もう。

審査で最も重視される信用情報

クレジットカードの審査において、最も重視されると言われるのが信用情報だ。

信用情報とはクレジットカードや割賦の支払い、ローンを組んだ際の与信額と返済履歴などを記録したもの。

信用情報に事故や延滞の情報がある場合、クレジットカードの審査に不利にはたらく。

またクレジットカードの利用履歴(クレジットヒストリー)が過去5年分蓄積されるということも、あわせて覚えておくといいだろう。

過去の延滞などが原因でカードの審査に通らずに困っている人にとって、本カードは救いの手となるはずだ。

公式サイトを見る

券面がライフカードと同じ

通常のライフカードや他社カードの審査に落ちてしまった人でも、十分に入手できる可能性があるライフカードCh(有料)。

しかし、有料版のライフカードだということが周りにしられてしまことに、少なからず気まずさを感じる人もいるはずだ。

ライフカードCh(有料)は通常のライフカードと同じ券面デザインを採用しているため、その不安を感じることはないだろう。

たとえ他社でカードが作れない状態だとしても、人目を気にせず堂々と利用できるのだ。

付帯サービスも充実している

ライフカードCh(有料)の強みは、他社で審査落ちした人でも通る可能性がある、独自の審査基準だけではない。

以下のように、付帯サービスも充実しているのだ。

  • 弁護士無料相談サービス付き
  • 海外・国内旅行傷害保険が付帯
  • 年会費無料でETCカード発行可能

クレジットカードとしての基本的な性能も、決して悪くないということがわかってもらえるはずだ。

弁護士無料相談サービス

付帯サービスの中でも、ひときわ目を引くのが弁護士無料相談サービスの存在だろう。

電話または面談によって、1時間無料で法律相談できるという優れものだ。

基本的にどのような相談でも可能なため、債務のことをはじめ、日常的に感じている不安の解消に役立てられる。

相談先がライフカード提携弁護士事務所であることも、安心材料の一つとなるはずだ。

面談を希望する場合は、フリーダイヤルまたはWebから事前に予約の上、東京・神奈川・大阪・兵庫・福岡の事務所にて行うことになる。

また無料相談は1時間1回のみ可能という点もおさえておこう。

通常のライフカードにもついていない特典のため、ぜひとも有効に活用したい。

海外・国内旅行傷害保険

海外・国内旅行傷害保険が付帯する点も見逃せない。

国内保険:最高1,000万円(利用付帯)
海外保険:最高2,000万円(自動付帯)
シートベルト保険:最高200万円(自動付帯)

国際ブランドが世界シェア2位を誇るマスターカードであることもあわせ、旅行の際に心強いカードだ。

ただし、年会費には注意!

審査の通りやすさと、充実の付帯サービスについてはわかってもらえたと思うが、ここで一つ注意点がある。

一般的なクレジットカードとは年会費の支払い方法が異なるということだ。

POINT
年会費の支払い方法

  • 初年度:カード受け取り時に代金引換
  • 2年目以降:口座からの自動振替

年会費を担保とすることで、カード発行のハードルを下げていると言えるだろう。

カード詳細情報

年会費 5,000円(税抜)
※初年度:受け取り時に代金引換
 2年目以降:口座引き落とし
還元率 0.5%~
ブランド マスターカードロゴ
電子マネー
ETC 無料
家族カード 無料
※誕生月3倍は本会員の誕生月に適用される。
国内保険 最高1,000万円(利用付帯)
海外保険 最高2,000万円(自動付帯)
ポイント種類 LIFEサンクスポイント
ポイント交換 100ptから

(発行会社:ライフカード株式会社)

公式サイトを見る

ポイントの貯め方

基本はカードの利用1,000円につき、LIFEサンクスポイントが1.0ポイント貯まる。

1ポイント=5円相当で交換できるため、還元率は0.5%となる。

お誕生日月ポイント3倍

お誕生日月はポイントが3倍になり、還元率も1.5%となる。

毎年必ずある誕生日月を有効活用して、お得にポイントを貯めたいところだ。

初年度ポイント1.5倍

初年度ポイント1.5倍といったボーナスも活用すると効率的に貯められる。

0.75%還元という数字はインパクトに欠けるが、覚えておいて損はないだろう。

L-MALL経由のお買い物で最大25倍

ライフカードが運営する会員限定のショッピングモール「L-MALL」が紹介するショッピングサイトで買い物をすると、最大25倍のポイントが貯められる。

「L-MALL」サイト内では、ショッピングサイトごとにポイントが何倍になるか表示されているため、ショップ選びの参考にするといい。

楽天市場やYahoo!ショッピングといった有名サイトの他、ふるさと納税じゃらんnetでもお得にポイントを貯められるため、使い勝手はよさそうだ。

ポイントの使い方

貯めたLIFEサンクスポイントは、ポイント移行、電子マネー、ギフトカードなど様々な方法で利用できる。

ポイント移行

  • ANAマイル
  • Gポイント
  • WALLETポイント など

電子マネー

  • Amazonギフト券
  • ビットコインクーポン
  • Vプリカ など

ギフトカード

  • JCBギフトカード
  • AOYAMAギフトカードセット など

他にも、全国の厳選したお米を食べ比べできるセットや、築地から取り寄せた海産物など、魅力的な商品との交換も可能だ。

ポイントの使い道がなくて困るような事態にはならないだろう。

またポイントは最大5年有効なため、時間をかけてじっくり貯めることができる。

ポイントの有効期限「最大」5年

獲得したLIFEサンクスポイントは基本的に2年間有効だ。

そこから毎年繰り越し手続きをすることで、最大3年間繰り越しできるため、ポイントの有効期限は最大5年となる。

申し込み条件

日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
未成年の方は、親権者の同意が必要となる。

発行スピード

2~3週間程度

あわせて確認したい即日発行カード

ライフカードCh(有料)に興味を持った人にとって最大の関心は、審査に通りやすいかどうかだろう。

ここでは、一般的にハードルが低く設定されており、審査に通りやすいとされている即日発行系のカードにも触れておこう。

即日発行系カードの概要

クレジットカードを発行する際には、申込者の支払い能力や信用情報、資産などを考慮に入れて審査が行われるのが一般的だ。

審査を含め、手続きには相応の時間がかかるため、ほとんどのカードが即日発行には対応していない。

それに対して即日発行に対応しているカードは、審査にかかる時間も非常に短く、ハードルはそこまで高く設定されていないとされている。

おすすめの即日発行カード

ACマスターカード

ACマスターカードは消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードだ。

インターネットからの申し込み後、全国340拠点以上の「むじんくん」で受け取り可能。

セゾンカードインターナショナル

即日発行可能なカードの中でも代表的な一枚だ。

全国のパルコ、ららぽーとなどを中心に様々な店舗に設置されているセゾンカウンターで受け取り可能。

エポスカード

デパートのマルイが発行するクレジットカード。

全国のマルイに設置されたエポスカウンターで受け取り可能。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る