JALカードでJALマイルをたくさん貯める6つのワザ!ツアープレミアム、ショッピングマイル・プレミアム、家族プログラムを活用せよ!

Pocket
LINEで送る

JAL
飛行機をお得に利用するために欠かせないのがマイル。

JALグループ便をお得に利用できるのはJALマイルだが、JALマイルを効率的に貯めるために欠かせないのがJALカードだ。

本記事では、JALカードを活用してJALマイルをお得に貯める方法6つを詳しく紹介する。

通常、マイルは対象のフライト利用時に貯めることができるが、JALカードを利用すると、通常のフライトマイルに加えてボーナスマイルを獲得できる。

さらに、有料のサービスにはなるがツアープレミアムというサービスを利用することで、フライト時の獲得マイルがさらに大きくなる。

また、JALカードはショッピング利用でもJALマイルを貯められるので、日常生活のなかで地道にマイルを貯めていくこともできる。

JALカードの通常還元率は0.5%だが、有料サービスのショッピングマイル・プレミアムや、JALカード特約店獲得マイルが2倍となる。

JALカード特約店にはファミリーマートなど日頃からよく利用する店舗が含まれているので、ショッピングでマイルを貯めていくことも難しくない。

フライトとショッピングの他に、家族プログラムという無料のサービスで、家族でJALマイルを貯めて合算することも可能。

こういったワザを活用することで、JALマイルがとても貯まりやすくなるのだ。

JALカードでJALマイルを貯める6つのワザ

ワザ1.フライトで貯める

JALマイルを貯めるもっとも基本的な方法はJALグループ便に搭乗することだ。

JALカード会員の場合通常のフライトマイルに加えてボーナスマイルが付与されるため、マイルが貯まりやすくなる。

ボーナスマイルが付与されるのはJMBマイル積算対象運賃で、以下のJALグループ航空会社のフライトに搭乗した場合となる。

  • 日本航空(JAL)
  • 日本トランスオーシャン航空(JTA)
  • 日本エアコミューター(JAC)
  • 琉球エアーコミューター(RAC)

JALカードの場合、以下のボーナスマイルが付与される。

  • 入会搭乗ボーナス:1,000マイル
    ※入会後、初めての搭乗時にプレゼント(1回のみ)
  • 毎年初回搭乗ボーナス:1,000マイル
    ※入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時にプレゼント
  • 搭乗ごとのボーナス:フライトマイルの10%プラス
    ※フライトマイル=区間マイル×利用運賃のマイル積算率

また、時期によっては入会キャンペーンを行っており、入会搭乗ボーナスのマイルアップや、入会するだけでボーナスマイルが付与されることもある。

ワザ2.ツアープレミアムで区間マイル100%!

有料のサービスではあるが、JALグループ便を利用する頻度が高い場合、ツアープレミアムというサービスに登録することでさらなるマイルを獲得できる。

ツアープレミアムはカード年会費に2,000円(税別)をプラスすることで登録できるサービスだ。

このサービスに登録すると、対象割引運賃でJALグループ便に搭乗した場合、通常のフライトマイルにツアープレミアムボーナスマイルが加算され、合計で区間マイルの100%マイルを獲得できる。

ちなみに、通常のフライトマイルは以下のように50%~最大75%なので、JALグループ便に搭乗する機会が多ければ、非常に効率的にマイルを貯められる。

  • JAL国際線ビジネスクラス(予約クラス:I):70%
  • JAL国際線エコノミークラス(予約クラス:H/K/M):70%
  • JAL国際線エコノミークラス(予約クラス:L/V/S/E*/N*/O/G/R):50%
  • JALグループ国内線先得割引、スーパー先得、ウルトラ先得:75%
  • JALグループ国内線乗継割引28:75%
  • JALグループ国内線ダイナミックパッケージ:50%
  • JALグループ国内線パッケージツアーに適用される個人包括旅行割引運賃:50%

ツアープレミアムはパッケージツアーだけでなく国内線の「先得」も対象となり、割引を受けながらもマイルをしっかり貯めることが可能だ。

ワザ3.ショッピングで貯める

クレジットカードのショッピング利用で貯めたポイントをマイルに移行できるカードが一般的だが、JALカードの場合はショッピング利用で直接JALマイルを貯めることができるのが特徴だ。

JALカードの場合、通常のショッピングで200円利用につき1マイルが貯まり、還元率0.5%となっている。

日常の買い物はもちろん、公共料金の支払いなど毎月まとまった金額となる支払いをJALカードで行うことで、効率的にJALマイルを貯めていくことができる。

ワザ4.ショッピングマイル・プレミアムで2倍に!

日常の買い物や公共料金の支払いなど、JALカードをメインにしたいという場合は、ショッピングマイル・プレミアムの利用をおすすめする。

ショッピングマイル・プレミアムは、カード年会費に3,000円(税別)をプラスして入会できるサービス。

ショッピングマイル・プレミアムに入会すると、JALカードのショッピング利用時のマイル獲得が100円利用につき1マイルになり、通常の2倍獲得できるようになる。

しかも、家族カードを利用している場合、本会員の入会で家族カード会員も自動的に本サービスの対象となる。

ワザ5.ファミマで貯めよう!特約店でマイル2倍

JALカードは通常、ショッピング利用200円につき1マイル貯まるが、JALカード特約店での利用では200円につき2マイルが貯まり、獲得マイルが2倍となる。

JALカード特約店は全国に約52,000店舗あり、百貨店、スーパー、コンビニ、ドラッグストアなど日常の買い物で利用する店から、レストランなどの飲食店、ホテルや旅行関連のサービスなどさまざまな店舗・施設が対象となっている。

そのなかでも特に利用をおすすめしたいのがファミリーマートだ。

特約店の中でも全国的に店舗数が多く、利用頻度も高くなると予想されるため、少額ずつでも効率的にマイルを貯められる。

さらに、通常は200円利用で2マイル貯まるが、ショッピングマイル・プレミアムに入会している場合は100円利用で2マイル貯めることができる。

還元率2%という驚異の還元率でJALマイルを貯めることが可能となる。

6.家族プログラムでマイル合算

JALカード会員に生計を同一にする家族がいる場合、利用を検討してほしいのが家族プログラムだ。

家族プログラムは、対象となる家族が貯めたJALマイルを、特典交換の際に合算して使える無料のサービスだ。

20歳以上のJALカード個人本会員1名を親会員として、以下の条件を満たす親会員と生計を同一にする配偶者および一親等の家族9名までを子会員にできる。

  • 18歳以上:JALカード個人本会員(JALカード navi会員を含む)または家族会員
  • 18歳未満および18歳の高校生:JMB会員

個々でマイルを貯めるよりも効率的にマイルが貯まるので、マイルの使い勝手が良くなるはずだ。

JALカードの特徴

一般的に、JALカードと呼ばれるクレジットカードにはいくつかの種類があるが、もっとも基本的なサービスを提供するのが、今回マイルの貯め方に関して紹介しているJALカード(普通カード)(以下「JALカード」)だ。

JALカードの年会費

JALカードは初年度年会費無料のカードで、翌年度以降は国際ブランドによって年会費が異なる。

JALカードではVISA/マスターカード/JCB/アメックスの国際ブランドを選択できるが、翌年度以降の年会費については以下の通り。

  • アメックス:6,000円(税別)
  • アメックス以外:2,000円(税別)

アメックスブランドは年会費が高くなっているが、空港ラウンジの利用やホテル・レストランの割引など、アメックスだけの特典を利用できる

申込条件と審査基準

JALカードの申込条件はアメックスブランドとそれ以外のブランドで異なり、以下のようになっている。

  • アメックス以外:18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で、日本国内でのお支払いが可能な方
  • アメックス:18歳以上でご本人または配偶者に安定した収入のある方(学生を除く)

アメックスブランド以外では学生でも申込可能だが、アメックスは学生の申込ができない。

また、「安定した収入」が条件に入っているあたり、アメックスのほうが審査も厳しくなると推測される。

一般的にJALカードのような航空系カードは、年会費無料のカードも多い流通系カードや信販系カードに比べて審査基準が若干厳しいと言われる。

ただし、審査の基準はどんなクレジットカードでも公表されないため、申込時に必要な情報や書類、実際に申し込んだ人の話から推測するしかない。

JALカードの場合、職業や年収よりもこれまでのクレジット利用履歴、いわゆるクレヒス(クレジットヒストリー)が重視されるようだ。

クレジットカード以外にも携帯電話本体の代金支払いやローンの支払いなどもクレヒスに記録が残るため、支払い遅延を起こさないよう日頃から気をつけよう。

JALカード一覧

JALカードには、普通カードも含め次のような種類がある。

  • 普通カード:JALマイルが貯まりやすく、基本的なサービスを備えている
  • CLUB-Aカード:年会費は高くなるが、獲得マイル数がアップし、付帯保険が充実する
  • CLUB-Aゴールドカード:CLUB-Aカードにゴールドカードならではのサービスを追加
  • プラチナ:JALカードの最高ランクのカード。世界の空港ラウンジを無料で利用できる
  • JALカード navi:18歳以上30歳未満の学生専用カード。在学期間中の年会費が無料
  • JAL CLUB EST:20代限定のカード。サクララウンジ利用や、マイル優遇など限定サービスを利用できる

それぞれのカードにそれぞれのメリットがあるが、マイルを効率的に貯めるという点では、今回紹介してきた普通カードと、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカードのいずれかをお薦めしたい。

CLUB-Aカード、ゴールドカードと比較


JALカードの普通カードと、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカードは、いずれもJALマイルの貯まりやすいカードだ。

しかし、年会費と還元率、利用できるサービスにはそれなりに違いがあり、以下のようにそれぞれおすすめの人が異なる。

  • 普通カード:JALカードをまず試してみたくて、JALマイルを貯めたい
  • CLUB-Aカード:年1回程度は定期的に海外旅行に行く
  • CLUB-Aゴールドカード:飛行機をよく利用する。ショッピングでもJALカードメイン

年会費とボーナスマイルを比較

JALカードの普通カードと、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカードの年会費とボーナスマイルの比較表は次の通り。

JALグループ便搭乗時のボーナスマイルについてはCLUB-AカードとCLUB-Aゴールドカードともに同じだが、ショッピング利用時のボーナスマイルと、空港ラウンジの利用については異なる。

ショッピング利用時のボーナスマイルは、普通カードとCLUB-Aカードが同じになる。

CLUB-Aゴールドカードは自動的にショッピングマイル・プレミアムに入会(無料)となるので、ショッピング利用はつねに100円につき1マイルが貯まるのだ。

普通カードCLUB-AカードCLUB-Aゴールドカード
年会費初年度無料・翌年度以降2,000円(税別)
※アメックスは6,000円(税別)
10,000円(税別)16,000円(税別)
※JALカードSuica、アメックスは19,000円(税別)
※ダイナースは28,000円(税別)
入会搭乗ボーナス1,000マイル5,000マイル5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル2,000マイル2,000マイル
搭乗ごとのボーナスフライトマイルの10%プラスフライトマイルの25%プラスフライトマイルの25%プラス
ショッピングマイル200円=1マイル200円=1マイル100円=1マイル
ショッピングマイル・プレミアム100円=1マイル100円=1マイル年会費無料で自動入会

付帯保険を比較

JALカードの普通カードと、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカードいずれにも旅行保険と海外旅行時の救援者費用の保険が付帯している。

ただし、以下のように補償額が異なり、普通カード、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカードの順に補償額が大きくなっている。

普通カードCLUB-AカードCLUB-Aゴールドカード
海外/国内旅行傷害保険
(傷害死亡・傷害後遺障害)
最高1,000万円
※アメックスは最高3,000万円
最高5,000万円最高5,000万円~1億円
救援者費用
(年間限度額)
100万円100万円150万円~400万円

普通カードはサクララウンジ利用不可

JALカードの普通カードと、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカードの中で、基本的に空港ラウンジを利用できるのはCLUB-Aゴールドカードのみだ。

普通カードでは、アメックスブランドの場合カード会社の空港ラウンジは利用できるが、羽田空港のサクララウンジなど航空会社の空港ラウンジは利用できない。

カード会社の空港ラウンジよりも航空会社の空港ラウンジのほうが利用できる人が限られており、その分サービスの質も上がることが多い。

飛行機を利用する機会が多く、ラウンジでゆっくりと過ごしたいという人であれば、CLUB-Aゴールドカードを選んだほうが良いだろう。

なお、CLUB-Aカードではアメックスを選択できず、空港ラウンジを利用できない。

JALカードの詳細

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る