定期券付き交通系ICカード搭載可のクレジットカードまとめ!

Pocket
LINEで送る

電車

交通系ICカードと電子マネーの普及に伴い、クレジットカード一体型のカードも増えている。

交通系ICカードとクレジットカードが1枚になることで、所持するカードの枚数を減らすことができるうえ、span class=”aka_futomoji”>オートチャージを便利に利用できる。

チャージによりポイントも貯まるので、日頃の電車の利用や電子マネー利用の買い物にお得感があるのもメリットだ。

交通系ICカード一体型のクレジットカードの中でも便利なのが、定期券搭載が可能なクレジットカードだ。

3つの機能を1枚にまとめることで利便性が増し、定期券購入はまとまった金額になるのでポイントも貯まりやすい

本記事では、首都圏で利用の多いSuicaとPASMOの一体型クレジットカードの中で定期券搭載の可能なカードを紹介する。

とくに、よく利用する沿線で特典やポイントアップの多いカードを選ぶことで、日常の生活がより便利かつお得なものとなる。

交通系ICカードは今やエリア問わず全国で利用できるので、首都圏以外に住む人にも参考になるだろう。

クレジットカードごとに独自の特典やサービスなどがあるので、自分のライフスタイルに合ったカードを活用してほしい。

Suica一体型定期券搭載カード

Suicaは、JR東日本が発行する交通系ICカード。

Suica一体型のクレジットカードは、JR東日本グループの株式会社ビューカード発行の「ビューカード」で、いくつかの種類がある。

その中で、定期券の搭載が可能なのは次のカードだ。

「ビュー・スイカ」カード(View Suica)

ビュースイカカード

Suica一体型のクレジットカードで一番スタンダードなカード。

同じ「ビュー・スイカ」カードのシリーズで、ゴールドカードや、リボルビング払い専用のリボカードもある。

おすすめポイント

・オートチャージで還元率1.5%

オートチャージ機能付きで、残高を気にすることなく電車移動ができる。

カード利用によりJRE POINTが貯まり、チャージや加盟店での買い物に利用できる他、商品やクーポン、他のポイントとの交換などが可能。

通常のショッピング利用ではポイント還元率0.5%だが、オートチャージではポイント還元率が1.5%になり、毎日の電車移動で効率的にポイントが貯まる。

・定期券購入でポイント3倍

定期券搭載が可能で、定期券購入ではポイントが通常の3倍付与される。

通常はカード利用1,000円ごとに2ポイント(5円相当)のところ、6ポイント(15円相当)となる。

定期券利用者はぜひ活用したいところ。

・国内・海外旅行保険が付帯

海外旅行傷害保険が最高500万円の補償で自動付帯国内旅行傷害保険が最高1,000万円の補償で利用付帯となる。

補償金額は大きくはないが、もしもの時に助けとなるだろう。

「ビュー・スイカ」カード

ビューSuicaカード

普段のSuicaチャージでポイントが貯まるお得なカード

券機能も搭載しており、定期券購入で1.5%の還元率でポイントを貯めることができる。

年会費477円(税抜)
還元率0.5%~1.5%
ETCカード477円(税抜)
家族カード477円(税抜)
旅行保険国内:最高1,000万円(利用付帯)
海外:最高500万円(自動付帯)
国際ブランドlogo-visa-jcb-master2
koushiki-200-40
shousai-95-40

ルミネカード

ルミネでいつでも5%OFF、年に数回のキャンペーンでは10%OFFになるルミネユーザーにおすすめのカード。

ビュー・カードには他の企業と提携したカードがいくつかあるが、その中で定期券搭載が可能なのはルミネカードのみ(2018年9月5日時点)。

ルミネ店舗は全国に展開しているが、特に首都圏に多いため、Suica利用者にとってのメリットは大きい。

おすすめポイント

・ルミネでの買い物がいつでも5%OFF

ルミネ、NEWoManとルミネのネット通販アイルミネでの買い物がいつでも5%OFFになる。

定価販売の本やDVD、レストランや食品なども割引対象となるのでかなりお得。

また、年に数回10%オフになるキャンペーンもあり、対象店舗をよく利用する人は持っておきたいカード。

・ポイントはルミネ商品券にも交換可能

ルミネカードでも、カード利用によりビュー・カードのJRE POINTが貯まる。

貯まったポイントは、ルミネの商品券に交換することもできる。

Suicaへのチャージは1ポイント=約2.5円だが、ルミネ商品券に交換する場合は1ポイント=約3.2円となりポイント還元率がアップする。

・利用金額に応じて商品券プレゼント

年間のカード利用金額に応じて、以下のようにルミネ商品券がプレゼントされる。

20万円~50万円未満の利用:1,000円分の商品券
50万円~70万円未満の利用:2,000円分の商品券
70万円~100万円未満の利用:3,000円分の商品券
100万円以上の利用:5,000円分の商品券

100万円以上利用した人には、さらにスペシャルVIPサービスとして年に1度の「プレミアム体験キャンペーン」に参加できる。

ルミネカード

ルミネカード

Suicaと定期券が一体型で通勤・通学に便利!

ルミネでいつでも5%オフになるお得な1枚!通勤・通学、買い物が便利になり、旅行保険までついてくる優れもの!

年会費初年度年会費無料
2年目以降:953円(税抜)
還元率0.5%~1.5%
旅行傷害保険国内:最高1,000万円(利用付帯)
海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネーSuica
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
koushiki-200-40
ルミネカードの詳細を見る

JRE CARD(Suica定期券付)

JRE CARD

駅ビルなどの「JRE CARD優待店」での利用でポイント還元率3.0%になるカード。

駅ビルでの優待も豊富で、駅ビル利用の多い人におすすめ。初年度年会無料なのも嬉しい。

定期券搭載がないSuica一体型、定期券もSuicaも搭載がないタイプのJRE CARDもある。

おすすめポイント

・JRE CARD優待店でポイント還元率3.0%

「JRE CARD優待店」での利用で100円(税抜)につきJRE POINTが3ポイントが貯まり、ポイント還元率3.0%となる。

また、クレジットカード利用月の翌月中旬に、利用金額1,000円(税込)につきJRE POINTが5ポイント貯まり、ポイント還元率合計は3.5%となる。

JRE CARD優待店は、首都圏・東日本エリアの駅ビルやJRE MALLなど。

・駅ビルなど提携施設での優待あり

駅ビルなどJR沿線の提携施設で様々な優待を受けられる。

たとえば、アトレ・アトレヴィでの年間ボーナスポイントなど。

JR沿線の施設をよく利用する人におすすめだ。

・初年度年会無料で申し込みやすい

優待店以外のポイントの貯まり方や使い方、保険などは「ビュー・スイカ」カードと共通している。

本カードの場合、初年度年会費が無料となっている。

2年目以降の年会費も477円(税抜)と、まったく高くないが、まずは無料で使えるというのは嬉しい。

公式サイトを見る

PASMO一体型定期券搭載カード

PASMOは株式会社パスモが発行する交通系ICカード。

首都圏の私鉄やその沿線で利用が多い。

定期券搭載が可能なカードとして以下がある。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ソラチカカード

東京メトロのクレジットカード「To Me CARD」にPASMO、さらにANAカードの機能が一体になったカード。

JCBのOkiDokiポイント、ANAマイル、東京メトロのメトロポイントの3つを貯めることができる。

搭載できる定期券は、東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄で発売している定期券。

おすすめポイント

・選べるポイントプログラム

ポイントプログラムとして、マルチポイントコースマイル自動移行コースの2種類があり、ショッピング利用によりJCBのOki DokiポイントまたはANAマイルのどちらを貯めるか選択できる。

マルチポイントコースでは利用金額1,000円でOki Dokiポイントが1ポイント貯まる。

マイル自動移行コースでは、5マイルコースで利用金額1,000円で5マイル、10マイルコースなら10マイル貯まる。

・東京メトロのメトロポイントが貯まる

乗車や電子マネーの利用、定期券の購入などにより、東京メトロの提供するポイントサービス「メトロポイント」も貯まる。

乗車では平日5ポイント、土休日15ポイント定期券購入では1,000円ごとに5ポイントが貯まる。

貯まったポイントはPASMOへのチャージや他のポイントプログラムへの移行が可能。

・マイルとポイントの相互交換可能

本カードの利用で貯まったOki Dokiポイントは、マイルやメトロポイントに移行できる。

1 Oki Dokiポイントは3~10マイルまたは5メトロポイントに交換可能。

また、交換レートは低いがメトロポイントをマイルに交換することも可能。

ANA To Me CARD PSAMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASM JCBの詳細を見る

日常生活のあらゆるシーンでポイントが貯まる

東京メトロの利用やPASMOのチャージでポイントが貯まり、高レートでANAマイルに移行できるため、陸マイラー必携!

年会費初年度無料
2年目以降:2,000円(税抜)
還元率0.5%
※「10マイルコース」を選択した場合のマイル付与率は1.0%
旅行保険海外:最高1,000万円(自動付帯)
電子マネーPASMO
国際ブランドJCB
ソラチカカードの公式サイトを見る
ソラチカカードの詳細を見る

To Me CARD Prime PASMO

To Me CARD Prime PSAMO

東京メトロのクレジットカード「To Me CARD」とPASMOの一体型カード。ゴールドカードもある。

JCB発行のカードと、三菱UFJニコスが発行するVISA・マスターカードのカードとがあり、それぞれポイントプログラムが異なる。

搭載できる定期券は、東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄で発売している定期券。

おすすめポイント

・国際ブランドを選べる

To Me CARD Prime PASMOでは、JCB・VISA・マスターカードから国際ブランドを選ぶことができる。

VISA・マスターカードは三菱UFJニコスの発行でポイントプログラムは「わいわいプレゼント」、JCBでは「Oki DOkiポイント」となる。

いずれもカード利用1,000円につき1ポイントが貯まる。

VISA・マスターカードでは海外旅行保険ショッピング補償が付帯する。

・メトロポイントが貯まりやすい

東京メトロ乗車や定期券の購入、電子マネーの利用により東京メトロのメトロポイントを貯めることができる。

乗車時に付与されるメトロポイントは平日10ポイント、土休日20ポイントと高めの設定。

さらに年間利用額によるボーナスポイントもあり、30万円で100ポイント、50万円で300ポイント、100万円で1,000ポイントが付与される。

・さまざまなポイント移行が可能

カード利用により貯まるポイントは、1ポイント=5メトロポイントに移行可能だ。

メトロポイントは、PASMOチャージの他、楽天スーパーポイント、nanacoポイントに1:1の交換レートで移行可能。

ANAマイルにも移行可能だが、100ポイント=90マイルとなるので交換レートはやや下がる。

To Me CARD Prime

To Me CARD Primeカード

東京メトロユーザー必携のお得なカード

東京メトロ乗車、オートチャージ、定期券登載でポイントが貯まる。

年会費初年度無料
2年目以降:2,000円(税抜)
還元率0.5%〜
国際ブランドVISAMasterCardJCB
koushiki-200-40
shousai-95-40

TOKYU CARD ClubQ JMB

TOKYU CARD ClubQ JMB

東急グループの東急カード株式会社が発行するクレジットカード。

基本のポイント還元率も1.0%と高還元率だが、東急グループや提携企業では最大10%となる。

搭載できる定期券は、東急電鉄、京急電鉄、東京メトロ、東武鉄道、相模鉄道、京王電鉄の定期券。

おすすめポイント

ポイントプログラムは「TOKYU POINT」、ポイント還元率1.0%と高還元率のカードだ。

・東京グループ・提携店舗でポイント還元率最大10%

さらに、東急グループを始めとした提携店舗では、カード提示・利用で還元率が最大10%となる。

カード提示のみでもポイントアップが可能。

・JALマイルも貯まる

JAL便搭乗時にJALマイルを貯めることができる。

TOKYUポイントとの相互交換も可能で、2,000ポイント→1,000マイル、10,000マイル→10,000ポイントとして移行。

・オートチャージや定期券購入で最大1%

オートチャージや定期券購入時にも還元率1.0%でポイントが加算される。

また、12ヵ月分の定期券をまとめて購入する「東急線いちねん定期」では、ポイント還元率が3.0%となる。

TOKYU CARD ClubQ JMB

TOKYU CARD ClubQ JMB

通常還元率1.0%、最大還元率10.0%のハイスペックカード

年会費が比較的安く、還元率の高い優良カード。PASMOオートチャージにも対応!

年会費初年度無料
2年目以降:1,000円(税抜)
還元率1.0%〜10%
国際ブランドMasterCard
koushiki-200-40
shousai-95-40

東京スカイツリー東武カードPASMO

東京スカイツリー東武カードPASMO

東武鉄道グループの株式会社東武カードビジネスが発行するクレジットカード。

東武グループの対象施設、東武鉄道定期券・チケット購入でのカード利用で東武グループポイントが付く。

東京スカイツリータウンでの特典があるのも特徴。

搭載できる定期券は、東武鉄道、東京メトロ、京急電鉄、東急電鉄、京王電鉄、相模鉄道の定期券。

おすすめポイント

・東武鉄道定期券・チケット購入で高還元率

東武鉄道の定期券を購入すると還元率1.5%でポイントが付与される。

また、東武鉄道のチケット購入ではポイント還元率3.0%となる。

ポイント付与の対象は限られているが、東武鉄道の利用機会が多い人には非常にお得だ。

・東武グループポイント参加施設でポイントが貯まる

東武グループのポイント参加施設でもカード利用でポイントが付与される。

施設や利用金額によって変動するが、ポイント還元率は1.0%~最大7.0%。

・東京スカイツリータウンでの特典あり

東京スカイツリーの天望デッキ入場券(当日)の割引、東京スカイツリータウンの駐車場料金が1時間無料になる特典を受けられる。

公式サイトを見る

京王パスポートPASMOカードVISA

京王パスポートPASMOカードVISA

京王グループの株式会社京王パスポートクラブが発行するクレジットカード。

通常のカード利用やオートチャージでは「ワールドプレゼント」のポイントが貯まる。

電子マネー利用や定期券購入、京王ポイント加盟店の利用では京王グループ共通ポイントが貯まる。

搭載できる定期券は京王電鉄、東京急行電鉄、京浜急行電鉄、東京メトロ、東武鉄道、相模鉄道の定期券だ。

おすすめのポイント

・定期券購入・オートチャージでポイント還元率最大1.5%

本カードのポイントプログラムは「ワールドプレゼント」

オートチャージで0.5%、定期券購入で1.5%のポイント還元率となる。

定期券購入では京王グループ共通ポイントも貯まる。

・京王グループ共通ポイントも貯まる

PASMO利用で1.0%、定期券購入で1.5%、京王ポイント加盟店のカード利用で0.5%~最大10%の京王グループ共通ポイントを貯めることができる。

京王グループ共通ポイントは、京王グループの対象店舗で1ポイント=1円で利用できる他、1,000ポイント=1,000円相当のポイント券にも交換可能。

また、ワールドプレゼント1ポイント=京王グループ共通ポイント5ポイントに交換できる。

・ポイントの二重取りを活用

定期券購入時には、ポイント還元率1.5%でワールドプレゼント・京王グループ共通ポイントの両方が貯まる。

また、京王ポイント加盟店では、電子マネーを利用することで、電子マネー利用分0.5%+利用金額の1.0%~の京王グループ共通ポイントが付与される。

ポイントが貯まる機会が多いので、忘れずに活用したい。

公式サイトを見る

よく利用する沿線で選ぼう

PASMOやSUICAで定期券を利用している場合は、一度、今回紹介したクレジットカードの利用を検討してみてほしい。

定期券・交通系ICカード・クレジットカードを一枚にまとめられると便利なうえ、定期券購入でかなりのポイント還元を得られる。

沿線の施設でポイントアップが適用されることも多いので、よく利用する施設が対象になっていないか確認してみよう。

特に沿線の施設を利用しない場合は、ソラチカカードがおすすめだ。

このカードであれば、通常のポイント、東京メトロのメトロポイント、ANAマイルを1枚のカードで貯められる。

通常ポイントとメトロポイントはANAマイルに移行することもできるため、マイルを効率的に貯めることが可能だ。

ANA To Me CARD PSAMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASM JCBの詳細を見る

日常生活のあらゆるシーンでポイントが貯まる

東京メトロの利用やPASMOのチャージでポイントが貯まり、高レートでANAマイルに移行できるため、陸マイラー必携!

年会費初年度無料
2年目以降:2,000円(税抜)
還元率0.5%
※「10マイルコース」を選択した場合のマイル付与率は1.0%
旅行保険海外:最高1,000万円(自動付帯)
電子マネーPASMO
国際ブランドJCB
ソラチカカードの公式サイトを見る
ソラチカカードの詳細を見る
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る