ライフカードゴールドビジネスライト 開業後すぐでも発行できる法人向けゴールドカード!ラウンジ利用や保険などが充実

Pocket

ライフカードビジネスライトゴールド

初年度年会費無料の法人カード!開業後すぐの法人・個人事業主にもおすすめ

設立後間もない法人や個人事業主・フリーランス、副業でフリーランスという人も申込可能。申込に決算書が不要で、本人確認書類のみで手続きが可能。

年会費は初年度無料。空港ラウンジの利用や国内・海外旅行保険など、ゴールドカードらしい特典もある。

メリット

  • 初年度年会費無料
  • 審査に決算書が不要
  • 追加カードを3枚まで無料で発行可能
  • ETCカードを1枚無料で発行可能
  • 最高1億円の国内・海外旅行保険が付帯
  • 国内空港のラウンジが無料で利用可能
  • 複数分割払い、リボ払いにも対応
  • ビジネスに役立つサービスの割引あり
デメリット

  • ポイント還元率は0.5%と低め
  • 利用上限額が200万円とゴールドカードにしては低め

こんな人におすすめ

・開業すぐの経営者、個人事業主おすすめ
・法人、個人事業主でゴールドカードがほしいおすすめ
・国内・海外出張の機会が多いおすすめ

公式サイトを見る

3つのおすすめポイント

開業すぐでも発行できるゴールドカード

ステータス性が高く、取得が難しいイメージのある法人向けゴールドカードだが、ライフカードゴールドビジネスライトでは、設立して間もない法人の代表者個人事業主・フリーランス、副業で個人事業主という人でも申込可能だ。

一般的に法人カードの申込には決算書が必要だが、このカードでは不要で、本人確認書類のみで審査される。

法人カードには珍しく、複数の分割払いやリボ払いにも対応している。

付帯保険が充実

ライフカードゴールドビジネスライトは、ゴールドカードらしく十分な保険が備わっている。

海外旅行保険は最高1億円が自動付帯

国内旅行保険は利用付帯だが、最高1億円が補償される。

他にも、ショッピングガード保険シートベルト傷害保険が付帯している。

国内空港ラウンジが無料で利用できる

ライフカードゴールドビジネスライトでは、国内の主要空港にある空港ラウンジを無料で利用できる。

空港ラウンジには、ソファやパソコン机、Wi-Fi、フリードリンクなど、快適に時間を過ごすための設備が整っている。

ポイントの貯め方・使い方

ライフカードゴールドビジネスライトでは、「ライフサンクスプログラム」というポイントプログラムがあり、カード利用1,000円(税込)につき1ポイントが貯まる。

ポイント還元率は0.5%、有効期限は2年間だ。

ポイント還元率は平均的だが、次のように工夫して活用すればポイントを効率的に貯めることができる。

また、入会後1年間は新規入会キャンペーンとしてポイントが1.5倍となる。

利用額に応じてポイントアップ

ライフサンクスポイントでは、カード入会後に設定される1年間のポイントプログラム期間の利用額に応じて、レギュラーステージからステージがアップしていき、次年度のポイント付与率が1.5倍~2倍までアップする仕組みとなっている。

利用額 ステージ ポイントアップ率
50万円以上 スペシャル 1.5倍
100万円以上 ロイヤル 1.8倍
200万円以上 プレミアム 2倍

また、プログラム期間の利用金額が50万円以上の場合、300ポイントがスペシャルボーナスとして付与される。

L-Mallで還元率が最大12.5%

ライフカードゴールドビジネスライトを保有していると、ポイント優待サイト「L-Mall(エルモール)」を利用できる。

L-Mall(エルモール)は楽天市場Yahoo!ショッピング、じゃらんnetをはじめとする有名インターネットショッピングサイトと提携しており、最大25倍のポイントが還元される。

L-Mall(エルモール)を経由して目的のサイトに行くことで、ポイント還元率がアップする。

出張の際の宿泊や事務用品など、経費で購入するものをL-Mall(エルモール)軽油で購入すれば、お得にポイントを貯めることが可能だ。

誕生日月にはポイント3倍

ライフカードゴールドビジネスライトを誕生日月に利用すると、3倍のポイントが付与される。

このポイントアップはカード会員に非常に好評で、誕生日月だけに集中してカードを利用する人もいるようだ。

パソコンや机などまとまった金額の事務用品を購入する場合、誕生日月を狙って効率的にポイントを貯めていくのも良いだろう。

ポイントの使い方

「ライフサンクスポイント」は、商品やギフトカードに交換できる。

具体的な商品やギフトカードは「LIFEサンクスプレゼント特典Webカタログ」で確認できる。

ダイソンなどの人気の家電製品や家具なども多い。また、VプリカやJCBギフトカードといった商品券とも交換することが可能だ。

商品やギフトカードの他にも、dポイントやANAマイルなど他社ポイントに交換することも可能。

Vプリカギフトへの交換がお得

ライフサンクスポイントの使い方の中でも、Vプリカギフト(カードタイプ)への交換はお得だ。

Vプリカギフトはライフカードが発行するインターネット専用のVISAギフトカード。

インターネット上のVISA加盟店で、VISAクレジットカードと同じように利用できる。

Vプリカギフトへの交換は、たとえば5,000円券への交換には通常1,000ポイント必要だが、950ポイントで交換が可能という、5%OFFが実施されている。

旅行保険

ライフカードゴールドビジネスライトには最高1億円の海外旅行保険が自動付帯、同じく最高1億円の国内旅行保険が利用付帯している。。

その他の補償サービス

ショッピングガード保険

本カードで購入した商品が壊れたり盗まれたりした際に、損害補償として年間200万円までの補償を受けることができる。

対象の商品は、国内・海外どちらで買い物した場合でも適応される。

なお、1回につき3,000円の自己負担が必要になる。

シートベルト傷害保険

国内でシートベルトを着用した状態で事故にあってしまった場合、180日以内に死亡や重度の後遺障害が残った時に最高200万円まで補償される。

公式サイトを見る

付帯サービス

海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」

海外旅行の情報収集、ホテル・レストランなどの予約、カードの紛失・盗難時の手続き案内、病気やケガをしたときの医師や病院の紹介・手配など、旅行のさまざまな場面で日本語でサポートを受けられる。

日本国内からはLIFE DESK TOKYO(0120-147899)に、海外では世界主要都市20ヶ所に窓口が設置されている。

弁護士無料相談サービス

ライフカード提携弁護士事務所である弁護士法人港国際グループによる、無料相談サービスを提供している。

このサービスでは、電話や面談による弁護士の相談を1時間無料で受けることが可能だ。

ビジネス向けサービスの割引がお得!

ライフカードビジネスライトでは、ビジネスに役立つ各種サービスを割引価格で利用できる。

具体的なサービスと割引条件は次の通り。

クラウド会計ソフトfree(フリー)

クライド会計ソフト「freee(フリー)」は、、経理・簿記の知識がなくても使える、個人事業主や中小企業のための会計ソフト

青色申告を行う際にも非常に便利なソフトだ。

ライフカードビジネスライト会員は、このfree(フリー)無料利用期間が2ヶ月延長される。

ビジネスを始めたばかりで、まずは無料で利用開始できるのはありがたい。

また、freeでは、ライフカードビジネスの利用代金明細(Web明細)を取得し、会計帳簿を自動で作成することもできる。

福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」

全国のホテル、旅館、スポーツジム、映画館などを使える、業界最大手の福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を会員価格で利用可能。

社員数100名以下で導入する場合、入会金100,000円(税別)が無料になり、月会費も割引となる。

1人あたりの月会費は、スタンダードコースの通常400円(税抜)が320円(税抜)に、ゴールドコースの通常1,050円(税抜)が850円(税抜)になる。

旅行サービス<リロの旅デスク>

国内・海外ツアーが最大8%割引となる。通常、割引のない商品も会員特別価格で利用できる。

国内・海外50ブランド以上の旅行商品があり、WEB・電話で申込可能。

ETCカード

ETCカードは、1枚無料で発行できる。

家族カード

追加カードとして3枚まで無料で発行可能。

カード詳細一覧

年会費 初年度無料
2年目以降:10,000円(税抜)
還元率 0.5%~
ブランド VISAマスターカードJCB
電子マネー
ETC 1枚まで無料で発行
家族カード 追加カードを3枚まで無料で発行
国内保険 最高1億円(利用付帯)
海外保険 最高1億円(自動付帯)
ポイント種類 ライフサンクスプログラム
ポイント交換 300ポイント~

(発行会社:ライフカード株式会社)

入会条件

法人または個人事業主

発行スピード

最短4営業日

公式サイトを見る

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。