デルタスカイマイルJCBゴールドカード スカイマイル還元率1.5%、

Pocket

card_deltaslymile_gold

デルタ航空のマイルが貯まる
デルタ航空のマイレージサービス、JCBの利点を合わせたカードだ。カードの利用に応じて、スカイマイルが直接貯まる仕組みで移行手続きが必要ない。デルタ航空のチケット購入時には、獲得マイルが2倍になる。海外傷害保険は、カード決済をしなくてもついてくる自動付帯なのもメリットだ。

エントリーカードとはいえ、100円=1マイルとマイルの還元率優れもの。カードの年会費などを含めたコストパフォーマンスの良さも挙げられる。

マイル関連の特典を詳しく見ていくと、日本の航空会社のカードにはない使い勝手の良さが特長で以下のような主なメリットがある。

  1. 100円につき1.5マイル貯まる高還元率
  2. デルタ航空券購入なら2倍のマイルが貯まる
  3. スカイマイルの有効期限がない。
  4. 特典航空券利用時の燃料サーチャージが無料。
  5. 家族以外にも特典航空券が利用できる。
  6. 特典航空券は時期を問わずいつでも利用できる。
  7. エコノミーでもフライトマイルが100%加算

デルタカードの中では最もリーズナブルであるが、その実力は決して下位に甘んじているわけではない。海外旅行、海外出張なのでデルタ航空を利用する機会があれば、カードを申し込んでおいても損はない。
なんといっても、日本の航空会社と違って、マイルの有効期限がないから、長期的にマイルをためることができるのだ。

デルタ航空はスカイチームのグループに所属しているので、以下の航空会社のマイルも貯めることが出来る。
アエロフロート・ロシア航空、アルゼンチン航空、アエロメヒコ航空、エア・ヨーロッパ、エールフランス航空、アリタリア-イタリア航空、チャイナ エアライン、中国東方航空、中国南方航空、チェコ航空、デルタ航空、ガルーダ・インドネシア航空、ケニア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、ミドル・イースト航空、サウディア、タロム航空、ベトナム航空、廈門航空。計20社。(2014年4月現在)

デルタスカイマイルのカードは3種類

デルタスカイマイルJCBカードには、ここで紹介している一般カード以外にも
デルタスカイマイルJCBテイクオフカード
デルタスカイマイルJCBゴールドカード
の2種類がある。

積算マイルや保険が以下のように異なっている。

積算マイル数

券種 積算マイル
テイクオフカード 100円につき1マイル
一般カード 100円につき1.3マイル
ゴールドカード 100円につき1.5マイル

海外旅行保険

券種 海外旅行傷害保険
テイクオフカード 最高2000万円(自動付帯)
一般カード 最高5000万円(自動付帯)
ゴールドカード 最高1億円
(うち5000万円が自動付帯)
(国内5000万円)

様々な補償やサービスが充実

国内・海外航空機遅延保険

デルタスカイマイルJCBゴールドカードなら国内・海外航空機遅延保険も充実している。
・乗継遅延費用保険金(客室料・食事代):2万円限度
・出航遅延費用等保険金(食事代):2万円限度
・寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等):2万円限度
・寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等):4万円限度

ショッピングガード保険

国内・海外共に500万円

ショッピングガード保険

犯罪被害傷害保険:最高1000万円
空き巣被害見舞金:5万円

カード詳細情報

年会費 初年度10,000円(税抜)
次年度以降18,000円(税抜)
還元率 ショッピングマイル:100円で1.5マイル
デルタ航空券購入:100円で3マイル
ブランド
電子マネー QUICPay、nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCA
ETC 無料
家族カード 1年目3000円(税抜)
2年目5,000円(税抜)
国内保険 最高5000万円
海外保険 最高1億円
ポイント種類 Oki Dokiポイント
ポイント交換 200ptから
その他

(発行会社:株式会社ジェーシービー)

button_HP

入会条件

20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。

審査スピード

2週間が目安

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。 大人のクレジットカード編集部について詳しく見る