TOP

タカシマヤカードで投資信託の積立が可能に!還元率は?

2020年6月17日より、高島屋でファイナンシャルサービス事業が開始した。

連結子会社の高島屋ファイナンシャル・パートナーズ株式会社が運営元となり、消費者の資産形成などをサポートする他、投資信託を始めとした商品の売買の仲介を行う。

さらに、2020年7月からはタカシマヤカードを利用した投資信託の積立購入が可能となった。

具体的なポイント還元率などは本記事で解説しているので参考にしてほしい。

タカシマヤの投資信託

SBI証券と業務提携を行い、同社が取り扱う2,600種類以上(2020年6月時点)の投資信託から、投資スタイルに応じた商品を選ぶことができる。

SBI証券の投資信託の取り扱い数は業界最多水準だ。

また、タカシマヤならではのサービスとして、長期資産形成におすすめの商品を次のような「タカシマヤセレクション 投資信託」として選定した。

  • eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)
  • SBI・バンガード・S&P500インデックスファンド
  • 農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね
  • セゾン資産形成の達人ファンド
  • 三井住友・配当フォーカスオープン
  • SBI中小型成長株ファンド・ジェイネクスト(年2回決算型)
  • 野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型
  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

※「タカシマヤセレクション 投資信託」(2020年6月12日の高島屋ニュースリリースより)

タカシマヤカードで投資信託の積立

2020年7月より、タカシマヤカードによる投資信託の積立購入が可能になった。

その際、毎月のカード積立金額に応じて、タカシマヤポイントも獲得できる。

タカシマヤカードは、高島屋ファイナンシャル・パートナーズ株式会社のクレジットカード。

一般カードの「タカシマヤカード」(年会費2,000円+税/初年度無料)とゴールドカードの「タカシマヤカード《ゴールド》」(年会費10,000円+税)がある。

利用に応じて、髙島屋の店舗や髙島屋オンラインストアで使えるタカシマヤポイントが貯まる。ポイント還元率は下記の通り。

  • タカシマヤカード:ポイント還元率0.5%~8%
  • タカシマヤカード《ゴールド》:ポイント還元率1%~10%

外部利用の還元率はタカシマヤカードが0.5%、タカシマヤカード《ゴールド》が1%と突出しているわではないが、下表のように利用対象に応じてポイント還元率が変動する。

タカシマヤカードタカシマヤカード《ゴールド》
いよてつ高島屋
高島屋海外店舗
0.5%1%
タカシマヤ各店のレストランなど1%
日本橋高島屋S.C.専門店など3%
タカシマヤ各店など8%8%
※1年間のお買上げ金額100万円(税別)以上で翌年度10%

還元率がアップするのは、基本的に高島屋の関連施設に限定されるが、貯まったポイントはお買物券と交換でき、サービス内容自体は魅力的。

また、ゴールドカードの場合、タカシマヤで年間100万円(税別)以上利用した場合、翌年度のポイント還元率が対象店舗で10%となる。

積立継続期間に応じた還元率アップ

タカシマヤカードによる積立の金額に応じて貯まるタカシマヤポイントだが、積立継続期間に応じてポイント還元率がアップする。

積立継続期間に応じたポイント還元率は次の通り。

1~2 年目:0.1%
3~4 年目:0.2%
5 年目以降:0.3%

今回、タカシマヤカードが投資信託に利用できるようになることで、カードの利便性やお得度がさらに向上するだろう。

タカシマヤ ファイナンシャル カウンターの新設

ファイナンシャルサービス事業の開始に伴い、日本高島屋S.C.本館8階に「タカシマヤ ファイナンシャル カウンター」がオープンした。

専門知識をもつ相談員が在籍し、信託サービスの取り次ぎや、オーダーメイドのファイナンシャルプランニング、資産形成アドバイス、資産管理などさまざまなサポートを無料で利用できる。

営業時間は午前10時30分~午後7時30分。土日や夕方も利用できるので便利だ。

投資やファイナンシャルサービスに興味があり、近くに店舗があるという人は一度訪れてみるといいだろう。

タカシマヤカードは発行した方がいいのか?

タカシマヤカードは、高島屋をよく利用する人であれば大幅なポイント還元率アップが可能で、メリットのあるカードといえる。

一方で、高島屋をあまり利用しないという人にとっては、一般的な還元率のカードとなり、突出したメリットがあるカードとはいえない。

しかし、一般カードでも基本ポイント還元率が8%、初年度は年会費無料ということを考慮すると、とりあえず試してみるのもありだと捉えられる。

また今回、タカシマヤカードによる投資信託積立サービスが始まったことにより、投資信託に興味がある人におすすめできる。

最終更新日:2020/08/31

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る