P-one Business MasterCard 年会費実質無料で還元率0.6%!キャッシングも可能

Pocket

P-one Business マスターカード

個人事業主、法人代表者の強い味方!キャッシングの利用も可能

代表者と従業員5名の計6名までカード発行が可能で、経費支出の管理を効率化できる。

従業員カードは無料、代表者カードは初年度無料、年1回の利用があれば翌年度以降も無料と、実質年会費無料のカードだ。

ショッピング利用可能枠・キャッシング利用可能枠が最高300万円で、代表者カードはキャッシングが利用できるのが特徴。

また、新規発行日から60日間、キャッシングを利用すると優遇金利5.95%が適用される。

メリット

  • 実質年会費無料
  • 従業員カードが5枚まで無料
  • 還元率が0.6%と高い
  • キャッシングが利用できるので急な出費に対応できる
  • キャッシングの優遇金利がある
デメリット

  • 旅行保険が付帯していない
  • ETCカードの発行と更新に手数料がかかる
  • ブランドがマスターカードのみ

公式サイトを見る

ポイントシステム

カードショッピング利用金額1,000円(税込)ごとにポケット・ポイント2ポイントが貯まり、1ポイント3円相当となっている。

1,000円(税込)につき6円相当の還元となるため、還元率は0.6%となる。

ポイント優待サイトであるポケット・モールを経由することにより、ポイントアップも可能。

Amazon,楽天市場、Yahoo!ショッピング、LOHACOなどの主な有名サイトがポイントアップの対象となる。

サイトによって獲得できるボーナスポイントは異なるが、最大10倍のポイント獲得ができるサイトも存在する。

貯まったポイントは、ギフトカタログやチケット、商品券、ホテル・食事券と交換できる他、他ポイントへの交換やキャッシュバックなどでも利用できる。

付帯サービス

旅行保険は付帯していないが、購入商品安心保険として、カードで購入した商品が破損や盗難にあった場合、年間300万円(免責金額3,000円)まで補償される。

また、旅行の際に役立つ以下のようなサービスも利用可能だ。

キャッシュパスポート

1枚のカードに日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、ニュージー ランドドル、カナダドルの7通貨の入金が可能な、海外専用プリペイドカード。

複数国へ旅行する際や、出張する機会の多いビジネスマン、海外留学する学生にもおすすめ。

海外サポートサービス

・インフォメーションサービス
現地の気候・為替レート・ATMのご利用方法など、世界各国の情報を取得できる。

・リザベーションサービス
旅行先でのホテル・レストランなどの予約、ミュージカルやその他イベントのチケット手配を代行してくれるサービス。

・エマージェンシーサービス
カード・パスポートの盗難紛失やケガ・病気などの際に、各種手続き・連絡先の案内をしてくれる。

レンタカー5%割引

全国の提携レンタカー会社にて5%割引の優待料金でレンタカーサービスを利用可能。

ポケットカードトラベルセンター

国内・海外のパッケージツアーが最大8%割引になる優待特典。

海外おみやげ宅配サービス

パーティで世界各国の料理やお菓子を味わったり、プレゼントとして日本では手に入らないめずらしい雑貨を購入したり、いろいろな使い方が可能。本カードでの支払いなら10%OFF

カード詳細情報

年会費 初年度無料
2年目以降:2,000円(税抜)
前年度にカードの利用があれば次年度も無料
(従業員カードは利用に関わらず無料)
還元率 0.6%~
ブランド MasterCard
電子マネー
ETCカード 新規発行手数料:1,000円(税抜)
更新発行手数料:1,000円(税抜)
従業員カード 無料(5枚まで)
国内旅行保険
海外旅行保険
ポイント種類 ポケット・ポイント
ポイント交換 300pt~
※交換商品により必要なポイントは異なる

(発行会社:ポケットカード株式会社)

入会条件

個人事業主様・法人代表者様で20歳以上の方
(従業員カードは18歳以上の方)
※契約は個人契約。資金使途は事業に係わる資金に限る。

審査スピード

オンライン申込後、2週間前後(最短7営業日)でお届け
※郵送申込の場合は4週間前後

公式サイトを見る

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。