学生向け!海外・留学で本当に役立つおすすめのクレジットカードの選び方

Pocket
LINEで送る

飛行機

大学生など18歳以上になると、行く機械が増えるのが海外。

旅行や留学ではじめて行くという人も多いのではないだろうか。

今回は、海外旅行や留学、卒業旅行で使える、大学生をはじめとした学生だからこそおすすめしたいクレジットカードをご紹介しよう。

また、海外でカードを使う場合の注意点もあるので、最後までしっかり読んで、海外への出発に備えよう。

VISAかMastercard(マスターカード)を選ぶ

クレジットカード
現在世界には5大国際ブランドとして、JCB、VISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブなどのブランドがある。

このうち、世界で最も利用可能な店舗数が多いのがVISAマスターカード

日本国内では不動の地位を築いているJCBではあるが、やはり国内向けブランドなため、海外ではVISAやマスターカードには劣ってしまう。

その点、VISAやマスターカードは、海外の小さい店舗でも利用可能なうえ、先進国、新興国問わず最も利用可能な店舗が多いクレジットカード。

では、VISAかマスターカードならどちらがいいのか。

両者の大きな違いはないが、VISAカードの方が選べるカードの選択肢が多いため、一つの基準として考えておくといいだろう。

また、すでに一枚どちらかのクレジットカードを持っているならば、異なるブランドのクレジトカードを選ぶことをおすすめする。

よくアメリカに行くということでアメリカンエキスプレスが最初の候補として浮かぶが、実際アメリカでもアメリカンエキスプレスが利用で来ない店は多くある。

ただし、アメリカンエキスプレスが使えないかと言われると、一概にそういう訳でもない。

アメリカンエキスプレスはトラベルサービスや保険が充実しており、海外旅行で一枚持っておくと安心だ。

旅の目的に応じて使いこなすことも可能だろう。

海外旅行保険付帯を選ぶ


海外に旅行で行く際に一つ悩ましいのが海外保険の問題だ。

大学等の学校から留学する場合、学校でまとめて保険に加入してくれるケースもあるが、多くの場合は独自で加入することになる。

しかも、任意で海外保険に加入するとなった場合、保険期間にもよるが、数万円と高額になることが一般的。

そこで活躍するのが海外保険付きのクレジットカード。

海外旅行保険付きの学生でも持てるクレジットカードも多くあり、安心だ。

一番気になるクレジットカードの海外保険について詳しく見ていこう。

海外保険で何が補償されるのかを把握しておく

「海外保険がついている」といってもどういった補償内容がついているかは事前に知っておきたい。

クレジットカードに付帯している保険は海外旅行傷害保険で、基本的には事故などで負った怪我を補償してくれる。

クレジットカードで海外保険○○○○万円と書いてある場合、この時の金額は死亡・後遺障害である場合が多く、この補償額が一番多いことが多い。

でも、一番注目して欲しいのはこれ以外の保険に何がついているか。

現実的に自分が死んで保険金が出てもあんまりうれしくないだろう。

これ以外で特に重視したい保険の内容は、

  • 傷害治療費用:自分が怪我して病院にかかった場合の治療費
  • 疾病治療費用:自分が病気になって病院にかかった場合の治療費
  • 救援者費用:自分が災害などに巻き込まれてその救援にかかった費用。※親族が近くまで来た費用など
  • 賠償責任:他人のものを壊したり、他人を怪我させたりした場合の損害賠償に関する保険
  • 携行品損害:自分が持っているものが壊れた場合に出る保険

などだろう。

このあたりをカバーできている保険を選ぶとよい。

もちろん、保険以外でサービスなどを重視するなど、自分の好みに応じてカードを選んでもオーケー。

利用付帯か自動付帯かを知っておく

ここが意外と重要な項目。

クレジットカードの保険を見ていると、利用付帯、自動付帯っていう言葉をよく目にする。

自動付帯は、カードを決済しなくても、持っているだけで保険が適用されることを表す。

一方、利用付帯は、旅行代金をそのクレジットカードで決済した場合に適用されることを表す。

保険が適用される条件を把握する

利用付帯などもそうだが、中には「決済した交通手段(例えば、航空機)に乗っている最中の事故を補償」、といったように、適用条件がかなり厳しいカードもあるので、しっかりとチェックしておこう。

他にも、保険の適用条件は小さい文字でビッチリと書いてあることが多いが、面倒くさがらずにしっかりと目を通しておくことが重要。

保険の適用期間に注意する

保険適用期間は、出発日から90日など限られていることが多い。

短期間の旅行や1ヶ月程度の留学ならば問題ないと思われるが、事前に適用期間を確認しておくと良いだろう。

場合によっては別の長期保険に加入することも検討したい。

海外旅行時の一時増額を利用する

グラフ
学生でも持てるクレジットカードというのは、利用上限額が10万円~30万円程度であることが多い。

もしそのままクレジットカードを使おうとすると、飛行機のチケット代だけで上限額を越えてしまいかねない。

そんなときは、クレジットカードの増額手続きををおすすめする。

増額手続きをする場合、いくら必要か聞かれるので、必要な金額プラス30万円~50万円と伝えるとよい。

クレジットカード会社の担当者もそのあたりの手続きは慣れていますので、心配せずに電話かけてみよう。

紛失、盗難時の対応方法

盗み
クレジットカードが入った財布を盗まれてしまった。

そういう時はクレジットカード会社に電話で盗難された旨を連絡する必要がある。

届けなければ、不正に利用された場合の損害をカード会社が保証してくれない可能性もあるからだ。

クレジットカード会社への連絡は海外からでも多くの場合無料で連絡が可能。

また、三井住友VISAカードなど、カード会社によっては緊急度合いに応じて緊急サービスとして、1~2ヶ月の期間限定で利用できるクレジットカードを発行してくれる会社もある。

おすすめのクレジットカード

エポスカード


マルイのカードと言えば聞いたことがある人も多いはず。

年会費無料なので、学生でも持ちやすいのが特徴。

エポスカードは年会費無料で、海外旅行保険が最高1,000万円まで付帯している。

この海外旅行保険はカードを使わなくても持っているだけで適用される自動付帯。

海外でクレジットカードを使うのが不安な方も、保険を目的にバックに忍ばせておくのもアリ。

また、マルイの店舗内にあるカウンターであれば即日発行も可能なので、出発直前で「クレジットカードがない!!」という方にもおすすめ。

エポスカード

エポスカードの詳細を見る

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費無料
還元率0.5%
旅行保険海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネー楽天Edy、モバイルSuica
※チャージによるポイント付与のみ
国際ブランドVISA
エポスカードの公式サイトを見る
エポスカードの詳細を見る

JCB CARD W

JCBカードW

JCBが発行する年会費無料のプロパーカードで、ポイント還元率が1%と高還元率。

国内旅行保険の付帯はないが、海外旅行保険が最大2,000万円付いている。(利用付帯)

そのほか、疾病治療費用や、賠償責任、携行品損害など、充実したサービスが付いている。

JCB CARD W

JCB CARD Wの詳細を見る

年会費無料で還元率2倍のお得なJCBカード

サービス、還元率、保険、サポートなどクレジットカードの機能をバランスよく備えている人気のカードである。女性にはJCB CARD W plus Lもおすすめ。

年会費無料
還元率1.0%〜
W×Wでポイント4倍キャンペーン中!
2019年6月30日まで
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネーQUICPay、Apple Pay
国際ブランドJCB
JCB CRAD Wの公式サイトを見る
JCB CRAD Wの詳細を見る

楽天カード

楽天カード(マスターカード)
年会費無料でポイントも貯まるといえば楽天カード。

海外旅行保険が最高2,000万円まで利用付帯でついており、海外旅行や留学に活躍する一枚。

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天SPUで最大15倍還元。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

楽天経済圏の必須アイテム、カード所持だけで楽天グループの決済に+2倍される。海外保険も付帯。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランドVISA、MasterCard、JCBアメックス
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンブルー・アメックスカードは最高3,000万円の海外旅行保険が自動付帯するクレジットカード。

自動付帯であれば、所持しているだけで保険が適用されるので、海外旅行留学の際に持っているだけで安心できる。

海外アシスタンスサービスは、世界主要都市に設置されたアシスタンスデスクで、現地の情報や予約の代行など、通常のクレジットカードではゴールドカードについているようなサービスを利用することが可能だ。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー

優れたステータス性と充実のサービスが手に入る!

並みのゴールドカードをしのぐ充実のサービスが付帯している。コストパフォーマンスにすぐれたカード。

年会費初年度無料
2年目以降:3,000円(税抜)
還元率0.5%
旅行保険国内:最高3,000万円(利用付帯)
海外:最高3,000万円(自動付帯)
電子マネーiD、QUICPay、Apple Pay
koushiki-200-40
shousai-95-40
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る