クレジットカードの在籍確認、電話確認の対処方法

Pocket
LINEで送る

在籍確認

クレジットカードの申込では、審査のときにカード会社から在籍確認の電話がかかってくることがある。(電話確認ともいう)

しかし、会社で電話に対応しづらい、外回りなどで社内にほぼいないなど、在籍確認を避けたいこともあるだろう。

今回はクレジットカードの在籍確認が行われるケースや対処方法について確認しておこう。

在籍確認があるケース、ないケース

昔と比べると、現在は在籍確認を行うことが少なくなっており、在籍確認がある可能性は低い

一方で、在籍確認がある可能性が高いのは、クレジットカードの申込がはじめて、勤務先情報の変更がある、上級カードへの申込といった場合だ。

逆に、在籍確認がない可能性が高いのは、審査スピードが早いカードへの申込や繁忙期の申込、クレヒスが良好といった場合だ。

在籍確認は、本人情報の確認のみで数分程度で終わり、申込者の在籍が確認できれば、本人以外が対応しても問題ないため、構える必要はない。

在籍確認の対処法

対処法
在籍確認を行うことが決まっているカードの申込において、在籍確認を避けることはまずできない

例えば、アコムが発行する、ACマスターカードなどは、必ず電話確認をすることになっている。

ただし、申込者が勤務先として記載した会社に本当に勤務していることを確認できれば良いため、本人が不在で、他の人が対応したとしても全く問題ない

また、社員の個人情報を第三者に提供することは、原則として個人情報保護法で禁じられている。

そのため、個人情報がデータ化されている会社の場合、本人の同意なしに他の社員が在籍状況を伝えることは禁止されている。

在籍確認の内容

申込者本人が電話に対応する場合、カード会社からは氏名や生年月日など、本人確認のための情報を尋ねられる。

他の人が電話に対応する場合は、申込者がその会社に在籍しているかの確認が行われる。

在籍確認は数分程度で終わることがほとんどだ。

在籍確認に関する配慮

カード会社によっては、申込時に申告することで、在籍確認の時間を指定するなどの配慮がなされる場合がある。

また、会社に電話をする際に、カード会社名を名乗らず個人名で電話をかけてもらえる場合もある。

気になる場合は申込前にカード会社に確認してみよう。

在籍証明書の提出

あまりないケースだが、職場に電話がつながらないなど電話で在籍確認ができない場合、在職証明書の提出を求められることがある。

その場合、在職証明書のフォーマットなどが用意されているので、必要事項を記入してカード会社に送付する。

電話確認の注意点

注意点
在籍確認があったからといって、慌てることはない。

申込時に記入した情報に誤りがなければ、落ち着いて答えれば在籍確認はすぐに完了する。

勤務先が変更になっている場合なども、正直に経緯を答えれば良い。

嘘の情報は絶対にNG

絶対に止めるべきなのが、申込時に嘘の情報を記入することだ。

たとえば、無職の人が「働いていない勤務先を書いてもバレずに審査に通るのでは」と考えて嘘の勤務先を記入してしまったとする。

それが嘘だとバレるとクレジットカードの利用規約にある「虚偽の情報」となる。

そうなった場合、そのカードの審査に通らないことはもちろん、他のクレジットカードの発行にも支障が出る可能性がある。

会社の電話番号の書き方

所属する企業の電話番号を記入するときは、どの電話番号を記入するかに注意しよう。

カード会社の在籍確認は、申込時に記入した電話番号にかかってくるのが一般的だ。

そのため、たとえば支店が複数ある会社に勤務している場合などは、本社ではなく自分が勤めている支店の電話番号を記入すると良い。

可能性が高い場合

一般的には、クレジットカードの審査において、電話確認がいつも行われているわけではない。

そのなかで電話確認がある可能性が高いのは、はじめてのクレジットカード申込や、勤務先が変更になっているとき、上級カードへの申込など、何らかの事情がある場合だ。

はじめてのクレジットカード申込

これまでクレジットカードを持っていなかった人がはじめてクレジットカードに申し込んだ場合、審査の際に電話による在籍確認がある可能性が高くなる。

ただし、はじめて申し込む人が多いような、比較的審査基準の低いカードでは、はじめてでも電話確認がないことが多い。

勤務先が変更になっている

複数枚のクレジットカードを持っている場合、新たにカードの申し込みをする際に、転職などで以前カードを申し込んだときとは勤務先が変わっていることがある。

カード会社は、クレジットヒストリー(クレヒス)の記載と新規申込時に本人が記入した勤務先の両方をチェックしており、両者が異なる場合には新たな勤務先に籍確認を行う可能性が高くなる。

上級カードへの申込

ゴールドカードプラチナカードなど、ステータスの高いカードへの申込では、在籍確認が行われる可能性が高い。

特に、それまで一般カードしか利用していない人が、はじめてハイステータスのカードに申込を行った場合、高い確率で在籍確認が行われる。

ハイステータスカードは、カードの種類にもよるが、審査が厳しく利用限度額も高くなる。

そのため、在籍確認で問題がないことはもちろん、ある程度の年収がなければ審査に落ちてしまうことも少なくない。

可能性が低い場合

電話確認なし

前述のケースとは逆に、電話確認の可能性が低い場合もある。

審査が早いカードや申込が多い時期は、電話確認は省略されることが多い。

また、一般カードやすでに複数枚上級カードを所有しており、クレヒスにも問題がない場合なども、電話確認がないことが多い。

いずれも100%在籍確認がないというわけではないが、電話確認をできるだけ避けたいなら参考になるだろう。

審査スピードが早いカード

クレジットカードによっては、申込当日や翌日に審査結果が出たり、カードの発行ができたりするなど、審査~発行スピードが非常に早いものがある。

特に、即日発行をウリにしているカードは、自動審査がほとんどで、在籍確認なしとなる可能性は高い。

また、流通系のカードは店舗の売り上げにつなげたいという背景から、審査の基準が厳しくない傾向があり、在籍確認も省略されやすい。

申し込みが多い時期

入学・入社シーズンの年度初めは、他の時期に比べてクレジットカードの申込が多くなる。

しかし、カード会社のスタッフの数は限られているため、繁忙期は審査にかける時間を少なくせざるを得ないという事情がある。

そのため、申込時に記入した内容に問題がなければ、在籍確認が省略されることがある。

クレヒスに問題がない

過去にクレジットカードの利用履歴があり、支払い遅延や情報の変更などの問題がない場合は、在籍確認がある可能性が下がる。

特に、一般カードや、上級カードでもすでに複数枚所有していて問題なく利用している場合などは、在籍確認がある可能性は低いだろう。

すでに何らかのクレジットカードを所有していて、新規申込時の在籍確認をできるだけ避けたいのであれば、利用履歴に傷がつかないようにしよう。

在籍確認に関する口コミ

口コミ
在籍確認に関して、インターネット上の口コミを調査したところ、在籍確認があるのは「はじめてクレジットカードを作ったとき」が最多だった。

一方で、「3枚目以上のクレジットカードを申し込んだ時に在籍確認を受けた」という声も見られるので、2枚目以降だから絶対に在籍確認がないというわけではない。

はじめての申込時は在籍確認がある可能性が高いとした上で、「電話確認がある可能性が高い場合」「電話確認なしの可能性が高い場合」も参考にしてほしい。

在籍確認があったカードとしては、セゾンカード、三井住友VISAカード、JCBカードなどが多く見受けられた。

逆に、楽天カード、Yahoo!カードなどは、在籍確認があった人はほとんどいないようだ。

カード会社が電話をする理由

そもそもなぜ、カード会社は在籍確認を行うのだろうか。

それは、クレジットカードを申し込んだ人の現在の返済能力を確認するために、勤務先情報が重要だからだ。

はじめてのクレジットカード申込でクレジットカードの利用履歴がない場合、返済能力の有無を判断するのは、勤務先情報しかない。

過去に支払い遅延があるなどクレヒスに問題がある場合は、今現在の返済能力の有無を確認するために、勤務先情報を重視する。

上級カードの場合は、ただ定期的な収入があるだけでなく、それなりの額の年収が必要で、その判断材料のひとつが勤務先情報だ。

こういったことから、申込時に記入された勤務先に、申込者が本当に働いているのか確認をしておく必要がある。

万が一、嘘の勤務先の申告を信じてカードを発行した場合、実は申込者に返済能力がなく支払いが滞るなど、カード会社側のリスクが大きくなってしまう。

在籍確認があっても大丈夫

一般的には、在籍確認が行われる可能性は低い。

ただ、利用者のこれまでのカード利用履歴や申しむカードによっては、在籍確認がある可能性が高くなる。

在籍確認を避けたい場合は、審査スピードの早いカード、はじめての人でも申し込みやすいカードなどを選ぶと良い。

また、電話がかかってきたとしても、申込時の記入内容に誤りがなく、落ち着いて対応すれば問題はない。

会社に電話があると考えると、何となく嫌だと感じるかもしれない。

しかし、数分程度で終わり、特に難しいこともない。

はじめてカードを申し込む人は記入する情報に間違いがないよう、すでにカードを所有している人は利用履歴に傷がつかないよう心がけよう。

最後に、在籍確認に配慮してくれるカードを一枚紹介しておこう。

ACマスターカード

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。