エポスカードの締め日と引き落とし日(支払日)の関係まとめ。ボーナス払いはできる?

Pocket
LINEで送る

クレジットカードを利用する際、気を付けなければならないのが利用の締め日引き落とし日(支払日)だ。

これらをしっかり把握できていないまま無計画に利用してしまうと、限度額を超えてしまって利用ができなくなってしまったり、口座残高不足で引き落としができず、遅延金の発生や信用情報のダメージを引き起こす可能性もある。

そこで今回は、エポスカードの締め日と引き落とし日、そして万が一入金が遅れてしまった場合や遅れそうな時の対処法について解説していく。

エポスカードの締め日は?


締め日とは、クレジットカード利用分の支払い金額が決定される日のことである。

エポスカードの場合は、毎月「27日」「4日」が締め日に設定されており、この日を境に利用した分は、翌月以降の支払いとしてカウントされることになる。

この際注意したいのが、締め日で決定される支払い金額は、実際の買い物のタイミングと必ずしも同じではないということだ。

例えば、締め日を27日に設定していた場合、27日に買い物をすれば、その分はすべて27日締めの対象として翌月の支払いに反映されるかというと、必ずしもそうではない。

エポスカードの場合、カードを利用して買い物をすると、まずはその買い物をした先の加盟店側に利用のデータが届き、追ってその加盟店がエポスカードに請求処理をする形でデータが移動するようになっている。

そのため、27日に買い物をしたデータが、翌日28日になってからエポスカードに送られることもあり、その際は翌月ではなく、翌々月の支払いとなるのである。

締め日近くでの買い物ではこういったことが起きやすく、返済計画が崩れやすくなるので十分に気をつけたい。

引き落とし日


引き落とし日とは、その名の通り締め日で決定した金額が、指定の口座から「引き落とされる」日のことである。

クレジットカードの利用分を払う日として、支払日、返済日などと呼ばれることもある。

エポスカードの場合は、毎月「27日」「4日」が引き落とし日に設定されている。

前述した締め日も併せて考えると、毎月27日で確定した利用金額は、翌月27日に引き落とされるということだ。

ちなみに、この27日と4日に関して、締め日と引き落とし日でそれぞれ別の日程を組み合わせることはできない。

そのため、締め日を27日に設定すれば、引き落とし日も27日。

締め日を4日に設定すれば、引き落とし日も27日となる。

引き落としの時間帯に関しては、指定している口座を持った金融機関によって若干異なる。

引き落とし時間が想定より早く、入金が間に合わない、などということが起きないよう、前日までに口座にお金を確保しておくのが望ましいだろう。

その他のカードの締め日・引き落とし日

エポスカードの締め日と引き落とし日について解説きたが、クレジットカード会社によってその設定されている日付は異なっているため注意しよう。

以下に、代表的なクレジットカードの締め日・引き落とし日を記載する。

  • 三井住友カード:毎月15日締め、翌月10日払い または毎月末締め、翌月26日払い
  • JCBカード:毎月15日締め、翌月10日払い
  • 楽天カード:毎月末締め、翌月27日払い

これから新しくエポスカードを持とうと思っている人は、特に今のクレジットカードとの締め日・引き落とし日と違いがないかをしっかり確認しておいてほしい。

エポスカード

エポスカードの詳細を見る

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費 無料
還元率 0.5%
旅行保険 海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica
※チャージによるポイント付与のみ
国際ブランド VISA
エポスカードの公式サイトを見る
エポスカードの詳細を見る

ボーナス払い

グラフ
エポスカードには、支払い方法の一つの選択肢として、「ボーナス一括払い」という方法がある。

これは、その名前が示す通り、会社から出たボーナスを用いて支払いを行うサービスのことだが、この場合の締め日と引き落とし日は通常のものとは異なるため注意をしよう。

ボーナス払いについては、1~6月に買い物をしたものを「7月」「8月」、7月~12月に買い物をしたものを「12月」「翌年1月」に引き落とすよう設定することができる。

もしもボーナス払いを利用して買い物をしている場合、その月の引き落とし額が高額になることも多いため、自身がこれまで利用してきた金額をしっかり把握しておき、その分のお金をしっかり口座に入れておくことが大切だ。

ちなみにこのボーナス払いは、実際にボーナスを得ているかどうかは関係なく、誰でも利用することができる。フリーランスや主婦といったボーナスが出ない人でも使えるので安心してほしい。

入金が遅れそうな場合

もしも万が一引き落とし日に必要な金額を口座に用意できないと分かった場合は、すぐにエポスカードに電話をし、その旨を連絡するようにしよう。

入金遅れという事実が無くなるわけではないが、クレジットカードは信用で成り立っているものであり、相手としっかり話すことでその対処方法もより明確なものになっていく。

支払いが遅れてしまうと遅延損害金という罰金のようなものを追加で支払わなければいけないようになるのだが、これは日ごとに加算されていくため、対応が早ければ早いほど傷を浅くすることができる。

事前に入金遅れの連絡をし、しっかりと返済計画を伝えておけば、こうした部分に対してもある程度善処してもらえるかもしれない。

入金が間に合わなかった場合

もし引き落とし日に口座に入金ができなかった場合、別のクレジットカードなどであればそうした時用の再引き落とし日が設定されているところもあるのだが、エポスカードの場合はその再引き落とし日が存在しない。

事前に設定した引き落とし日に入金が間に合わなかった場合、そのまま放っておくことで解決することはないので、すぐにエポスカードに連絡をして、今後の入金手続きの方法を聞くようにしよう。

基本的には、エポスATM、インターネット入金(ペイジー)、ローソン・ミニストップ(ロッピー)での支払いを支持されることになるだろう。

この際、通常の支払いの際は利用できていた銀行やコンビニなどでの支払いができない場合もあるため注意が必要だ。

また場合によっては、指定の銀行口座に振り込むように指示されることもある。

この口座は、振込の遅れた時用の専用の口座で、再び支払いに送れた時もこの口座に入金をするように指示されることもあるようだ。

しかし、いくら対処法があるからと言っても、入金遅れだけは極力避けるようにしたい。

そのためには、自分の利用金額と口座残高を常に把握しておき、万が一それでも危ない場合などは、支払い方法をリボ払いに切り替えるなどして、その月の必要額を少しでも低くできるようにしよう。

計画的な利用を

クレジットカード
クレジットカードは現金を必要とせず、大きな買い物にも対応できる便利なアイテムだ。

しかし、だからと言って無計画に使い過ぎてしまっては、自身の信用を傷つけることにもなりかねない。

そうならないよう、今回紹介した締め日・引き落とし日についてはしっかりと確認しておき、万が一にも利用限度額のオーバーや入金遅れによる引き落とし日の不可などを回避するようにしたい。

場合によっては、ボーナス払いやリボ払いといったカード特有のサービスを組み合わせることによって、無理のない返済計画を立てていくことも必要だ。

いずれにしても、便利で快適な生活を支えるエポスカードによって、逆に辛い思いをしないように、自分自身の意識を高めておくことが重要になる。

エポスカード

エポスカードの詳細を見る

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費 無料
還元率 0.5%
旅行保険 海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica
※チャージによるポイント付与のみ
国際ブランド VISA
エポスカードの公式サイトを見る
エポスカードの詳細を見る

Pocket
LINEで送る