ヤフーが個人の「信用スコア」サービスの実験を開始!スコアに応じて先行予約、保証金免除、割引などを検討

Pocket

10月10日、ヤフーが購入履歴などのビッグデータを基に「信用スコア」サービスの実験を開始すると発表した。

「信用スコア」とは利用者のデータを100点満点で数値化するシステムで、「Yahoo! JAPAN ID」と紐づけした購入履歴を元にスコアを算出する。

提携企業のサービス提供における判断材料にする予定とのことだ。

提携企業一覧(10月10日時点で提携予定も含む)

  • アスクル株式会社
  • 株式会社イーブックイニシアティブジャパン
  • 株式会社一休
  • OpenStreet株式会社(HELLO CYCLING)
  • 一般社団法人シェアリングエコノミー協会
  • 株式会社ガイアックス
  • コスモ石油マーケティング株式会社など…

上記を含む合計12社1団体がヤフーの「信用スコア」サービスと提携する。

コスモ石油マーケティング株式会社といった有名企業をはじめ、260社が加盟するシェアリングエコノミー協会も提携するため、非常に大規模なサービスだとわかる。

「信用スコア」をどんな仕組みで利用するか

ヤフーが乗り出す「信用スコア」は、上述したように「Yahoo! JAPAN ID」と紐づけしたユーザーの購入履歴、検索履歴、閲覧履歴などを元にデータを分析・数値化して、スコアを機械的に算出し提携企業に渡すという形を取る。

スコアを受け取った提携企業は、データを検証して利用者に合った特典やサービスを提供することが可能となる。

「信用スコア」はクレジットカードの発行審査や、ローンの借り入れ契約時に受ける審査にも用いられている「信用情報」と近い存在だ。

両者で異なるのは、「信用スコア」は利用者の趣向や需要といった購買行動や検索行動のデータまで収集・分析するという点になる。

「信用スコア」が個人の趣味趣向といった部分のデータを収集することから、プライバシーが気になるという声も多いだろう。

その点では、ヤフーの「信用スコア」は「Yahoo! JAPAN ID」連携時に表示される「同意画面」を設置している。

同意画面で同意したユーザーのスコアのみを提携企業に提出するというスタイルを取っているため安心だ。

同意を得た利用者のスコアのみを提携企業に送る仕組みのため、プライバシー保護が気になる方は拒否できるというわけだ。

クレジットカードやローンの審査で参照される個人信用情報には、上記のような同意の仕組みは設けられておらず、開示の選択はできない。

信用スコアを元にどんなサービスが提供さるか

「信用スコア」を元に企業がどのようなサービスをするのか。

例えば、シェアリングサービス領域では、申込手続きの簡略化、保証金の免除などがある。

利用者がどのような人格と支払能力を持っているかについて、事前にだいたいの把握ができていることで、手続きにおいて余計な手間が省ける。

利用者が「信頼できるユーザー」とわかることで、さまざまな便宜を図ることが可能となるのだ。

優良なスコアのユーザーには特別に優待を行う、割引を適用するなどの差別化も現実的である。

また、商品やチケットの予約関連では「信用スコア」によって、利用者がどのような音楽の趣味や、スポーツ観戦の趣味を持っているかを把握する。

利用者が好む商品やコンサートのチケットに対して、先行予約特典を付与することも可能になる。

商品の売買や予約といった行為において、「信用スコア」を介して利用者と企業の距離が飛躍的に縮まることが予想される。

その結果、利用者は需要に合った特典やサービスを利用でき、企業は課題解決のために必要なデータをより広範囲に渡って得ることが可能になる。

また、「信用スコア」は常に情報が更新されていくため、利用者側としてもスピーディーに信用獲得ができると言える。

利用者と企業が新たな関係を構築できるヤフーの「信用スコア」サービスは2018年内に本格開始する予定だ。

Pocket