わりかんアプリ「paymo」がサービス終了!2019年5月30日までにやることまとめ!

Pocket
LINEで送る

Anypay株式会社は2019年5月30日をもって同社が提供する割り勘アプリ「paymo」のサービス提供を終了すると発表した。

同社の決済サービス「paymo biz」は、引き続きサービスを継続していく。

なお、完全に停止する5月30日までの期間中は、以下のようなスケジュールでサービス提供を順次終了していく。

● 2018年11月29日 15:00 新規会員登録の停止 
ペイモアプリの会員登録機能が停止します。

● 2018年12月6日 10:00 新規取引の停止
新たに請求・支払いリクエストを作成することができなくなります。
既に相手に請求・支払いリクエストを送信済みの取引は、引き続き受け取り処理を行えます。

● 2018年12月13日 10:00 全取引の停止・ペイモQRの停止
請求・支払いリクエストの受け取り処理が行えなくなります。
受け取り未完了のリクエストはキャンセルされます。
ペイモアプリでのQR支払い機能が停止します。

● 2019年4月25日 10:00 引き出し申請の停止
アプリ上での引き出し申請を締め切ります。
※アプリ上での申請締め切り後も、2019年中はアプリ外にて残高の引出対応を行います。当該手続等の詳細については、本停止に先立ち当社ウェブサイトにてご案内いたします。

● 2019年5月30日 10:00 サービス終了
アプリの起動および全ての機能が停止します。
引用:https://help.paymo.life/hc/ja/articles/360011971454

paymo上での新規取引は12月6日、引き出し申請は4月25日をもって締め切られる。

サービス終了までの引き出し申請については、現時点で「全額を引き出す」のみ選択可能。

それに伴い、引き出し申請の振込処理も2019年以降は月1回のみとなる。

アプリが終了した後も、2019年中はアプリ外で残高の引き出し対応を行うとしているが、早めに引き出し申請をしておくのがベターだろう。

なお、ポイント利用に関しては、新規取引は12月6日まで、既存取引は12月13日まで利用できる。

ただ、有効期限にかかわらず上記の期限を過ぎると、わりかん機能が利用できなくなるので注意したい。

paymoの概要

paymoは2017年1月に「割り勘」に特化したアプリとして誕生した。

飲み会などの領収書(レシート)を撮影し、一人当たりの請求額を決め、リンクを作成・共有して請求できる仕組みだ。

支払いはそれぞれが登録したクレジットカードで完了できるため、現金でやり取りする必要がなくなる。

これまでのキャンペーンでは、金・土限定で決済額から5%が還元されるなど、メリットの多いアプリだった。

AnyPayは終了の理由を「経営方針変更のため」としている。

今後はPaymo bizの運営や他事業に注力していく。

サービス終了までにやっておくこと

現在Paymoを使っている人がサービス終了までにやっておくべきことは以下の通り。

【12月6日午前10時までにやること】

  • 新規の請求・支払いリクエスト
  • 新規取引でポイント消化

※提出したレシートが内容不備で6日までに承認されなかった場合、取引キャンセルになるので注意

【12月13日午前10時までにやること】

  • アプリのタイムラインで未完了の取引を確認
  • すでに受け取っているリクエストの処理
  • 既存取引でポイント消化
  • レシートの再提出
  • 支払いを行ってくれない人がいる場合、個別に連絡を取る

【2019年4月25日 10:00までにやること】

  • アプリ上での引き出し申請(「全額引き出し」で簡単に引き出せる)

なお、My残高が200円以下のユーザーは特例で引き出し手数料が無料になる。

振込に関しては前述の通り、12月31日締め分よりスケジュールが変化するので早めに申請しておきたい。

詳しいスケジュールは公式サイトで確認できる。

paymo bizについて

Paymoは終了してしまうが、同社が運営する「paymo biz」は引き続きサービスを継続する。

Paymo bizは、ビジネスでの集金・決済に便利なサービスだ。

以下のようなことがPaymo bizの導入で簡単に実現できる。

  • 商品やチケットをWEB上で販売
  • 売上や支払いの記録の一括管理
  • 連絡先を知らなくてもメッセージのやりとり可能
  • クレジットカード払いに対応
  • 毎月の支払いに便利な月額課金機能

引用:https://paymo.life/biz

支払い依頼はURLを送ることで完了。実店舗向けに、QRコードによるセルフレジも提供されている。

料金プランはライト・スタンダードの2つが用意されており、初期費用・月額費用は無料。

引き出し申請の手数料はどちらも200円となっている。

2つのプランでの違いは決済手数料だ。

ライトプランは30日ごとに5万円まで決済手数料が無料になる代わりに、超過した分は5%となる。

一方で、スタンダードプランは一律で2.95%。

導入ユーザーによってお得な方を選んで実装できる。

公式サイトでは導入事例が多数紹介されているので、興味を持った方は参考にしてみると良いだろう。

代わりとなる割り勘アプリは?

なお、Paymo終了後も割り勘アプリを使いたい方は、以下の2アプリがおすすめだ。

  • Kyash
  • LINE Pay

おすすめは「Kyash」の利用だ。

Kyashには以下のような利点が備わっている。

  • 請求・支払いが簡単
  • 手数料無料で請求・支払いが出来る
  • クレジットカードでオートチャージできる
  • LINEで友達になる必要がない

利用者が多いLINE Payのほうが使いやすさでは上だが、LINE Payは代金の受け取りのために個別で友達登録する必要がある。

友人同士なら問題ないが、会社の付き合いで友達登録はちょっと…という人もいるだろう。

一方で、Kyashの場合はLINEグループやMessengerにリンクを貼り付けるだけで、まとめて請求が可能だ。

支払いが完了すると自動でKyashアプリの残高が増える仕組みなので、受け取りの手間がない。

とはいえ、どちらも便利なアプリであることには変わりが無いので、好きな方を利用しよう。

「LINE Payでわりかん」キャンペーン開始

なお、12月1日より、LINE Payでは「LINE Payでわりかん」キャンペーンが開始される。

1日からLINE Payウォレットに追加される「割り勘」機能を利用して割り勘を行うと、参加者全員が割り勘くじを引ける仕組みだ。

「割り勘」機能は幹事がLINE Payで支払いを済ませることで、「LINE」上で簡単に割り勘・集金ができるというもの。

12月28日までの期間中、この割り勘を利用することで「割り勘くじ」が引けるようになり、当たった場合は最大1万円分のLINE Pay残高がプレゼントされる。

また、参加者を代表して「LINE Pay」で支払った幹事には、毎日抽選100名に5万円相当のLINE Pay残高を贈呈。

12月は忘年会シーズンで「割り勘」をする機会も増える。

支払いの際は、LINE Payの利用を呼びかけてくじに挑戦してみると良いだろう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。