キャッシュレス社会が一気に加速する!?JCBが国内のQR・バーコード決済の統一規格策定・情報処理センターの構築に着手!コード決済がもっと便利に安全に

Pocket
LINEで送る

JCBは20日、株式会社日本カードネットワークと協業し、国内のQR・バーコード決済サービスの統一規格策定・情報処理センターの構築に着手したと発表した。

これにより、コード決済を導入する加盟店の費用や作業の負担軽減と、セキュリティ基準の統一をはかる狙いだ。

近年増えている「楽天Pay」「d払い」をはじめとするQRコード・バーコード決済サービスは、展開されている規格・仕様・セキュリティ基準がそれぞれで異なっている。

そのため、店舗側が導入する端末を別々に用意する必要があり、セキュリティ基準が統一されていないため安全性にも懸念があった。

今回の取り組みは、店舗側の負担軽減だけでなく、複雑化しているコード決済の仕組みをわかりやすくし、安全性の向上をはかる目的がある。

ユーザーにとっても、仕組みが共通化されることでわかりやすく、よりスピーディーな決済が可能になるという点で期待が持てる。

JCBは、本取り組みでコード決済環境を整備し、国内のキャッシュレス決済比率の引き上げに貢献していくとしている。

拡大するコード決済

現在「コード」を使った決済は、加盟店数を順調に伸ばしつつある。

大きなメリットとしては、店舗側もユーザーもスマートフォンやタブレット端末を所持していれば導入・利用できるというハードルの低さだ。

小規模な店舗でも導入が容易で、かつQRコード・バーコードが広く知られているため受け入れられやすい。

現在日本国内で展開されている「QRコード・バーコード決済」サービスは以下のとおりだ。

  • 楽天Pay
  • LINE Pay
  • Origami Pay
  • d払い

さらに、中国では日本よりもQRコード決済サービスがはるかに浸透している影響から、百貨店や家電量販店を中心に以下の中国産の決済アプリも広がっている。

  • WeChatPay(ウィーチャットペイ)
  • Alipay(支付宝)

2つの方式に分かれるコード決済アプリ

数多くの決済アプリがある中で、現状のコード決済は「ユーザーがQRコードを提示するアプリ」と「店舗側にQRコードを提示してもらうアプリ」の2種類に分かれている。

たとえば、「Origami Pay」「楽天Pay」の支払いは、店舗側にQRコードを提示してもらい、それをユーザーが読み取って決済するという形だ。

一方、「LINE Pay」「d払い」では、QRコード・バーコードの両方に対応しており、ユーザーが決済用のQRコードやバーコードを提示する方式だ。

このように、決済アプリそれぞれで支払い方式が異なっているため、現場での作業や導入の負担が増えてしまっているのが現状となる。

今回の取り組みが実現すれば、コード決済の仕組みが統一され、店舗側・ユーザーの負担は確実に減らせるだろう。

アプリで簡単に決済ができるようになる?

今回発表された取り組みで期待できるのは、「好きな決済アプリを選んで、レジに貼ってあるQRコードを読み取る」だけで買い物ができるようになるという未来だ。

また、冒頭で述べたようにコード決済の仕組みの統一には、セキュリティ面の統一と強化も含まれており、ユーザーはよりスムーズに、より安全に買い物ができるようになるだろう。

昨年5月にLINE Payの登録ユーザー数が3000万人を超えるなど、QRコード決済は確実に浸透しつつある。

コード決済がさらに便利に安全に進化することで、キャッシュレス化の波はさらに大きくなり、確実に時代を変えると推測される。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る