TOP

PASMOがApple Payに対応へ、モバイルPASMOと同等機能に期待

2020年8月6日(木)、電子マネーのPASMOがApple Payに対応することが発表された。

詳細な情報は発表されていないが、すでにリリースされているAndoroid版のモバイルPASMOと同じ機能だと予想できる。

本記事では、Apple Pay対応のPASMOがAndroid版モバイルPASMOと同等の機能だという前提で、そのメリットを解説するので参考にしてほしい。

Android版のモバイルPASMOは3月18日にリリース済

2020年3月18日(水)、Android版の「モバイルPASMO」がリリースされた。

Google Playストアから専用アプリをインストールすることで、カードタイプのPASMOと同等の機能がスマホで利用できる。

さらに今回、2020年中にApple PayにもPASMOが対応すると発表された。そこで、Android版のモバイルPASMOの機能をもとに、そのメリットをおさらいしておこう。

モバイル対応のメリット

ここでは、Apple Pay対応のPASMOにAndroid版のモバイルPASMOと同じ機能がある仮定して、そのメリットを解説する。追加情報次第では内容変更になる点、注意していただきたい。

カード自体が不要になる

モバイルPASMO最大のメリットは、なんといってもICカードが不要になる点。

ICカードを持ち歩かなくても、スマホひとつで電車やバスに乗車できるようになる。PASMO加盟店での買い物も同様だ。

またApple Payに対応するということは、ウォレット内に電子マネーとしてPASMOを追加できるということ。ICカードを簡単に管理できるようになる。

場所を選ばずにすぐにチャージできる

モバイルPASMOは、クレジットカードを登録することでアプリ上でチャージが可能だ。その場ですぐにチャージできるので非常に便利。

また、モバイルPASMO対応の券売機やバス窓口、バスIC運賃機、コンビニエンスストアなどの対象店舗では、ICカードと同様に現金でのチャージも可能だ。

さらに、以下のクレジットカードではオートチャージサービスが利用できる。オートチャージでは、PASMO改札機通過時に設定残高を下回っていると、指定の金額が自動的にチャージされる。

  • 小田急ポイントクレジットカード
  • 京王パスポートカード
  • 京急プレミアポイントカード
  • 京成カード
  • 相鉄カード
  • SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン
  • TOKYU CARD
  • Tokyo Metro To Me CARD
  • 東武カード
  • 横浜交通hama-eco card

クレジットカードチャージがいつでもできる可能性

モバイルPASMOに登録できるクレジットカードは次の通り。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express

※本人認証サービス(3Dセキュア認証)非対応のカード、海外発行カードなど一部のクレジットカードは登録不可

オートチャージでは登録できるカードが限られているが、通常のチャージであれば国内発行のほとんどのカードが登録可能だ。

チャージだけでなく、モバイルPASMOでの定期券の購入も可能になっており、利便性が非常に高い。

再発行手数料がかからない

モバイルPASMOはスマホにアプリをインストールして利用するため、ICカードの盗難・紛失のリスクを減らせる。

万が一スマホを紛失・故障してしまった場合でも、簡単な手続きで再発行できる。会員登録をしていれば再発行の手数料はかからない。

複数の定期券の発行がモバイルで可能になる

モバイルPASMOでは定期券の発行も可能だ。しかも、鉄道だけではなくバスの定期券も発行できる。

発行できる定期券は鉄道とバスとでそれぞれ1種類ずつ。モバイルPASMOに定期券をまとめることで、通勤・通学がよりスムーズになるはずだ。

電子マネーとして買い物に使える

モバイルPASMOは電子マネーなので、加盟店での買い物に利用できる。

コンビニや飲食店、自動販売機やコインロッカー、タクシーなど、日常のさまざまな場所で利用可能。駐車場や駐輪場も対応している場合がある。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る