トヨタのキャッシュレス「TOYOTA Wallet」にAndroid版が登場。チャージする際の手数料の違いに注意!

Pocket
LINEで送る

2020年4月6日より、トヨタのキャッシュレス決済「TOYOTA Wallet」でAndroid版がリリースされた。

iOS版は2019年11月19日にリリースされているので、AndroidでもiPhoneでも「TOYOTA Wallet」が利用できるようになる。

また、「TOYOTA Wallet」では初回特典として、1,000円分の残高をプレゼントするキャンペーンを開催中。

新規アカウントを作成後、初めて「TOYOTA Wallet」の残高チャージ方法を設定すると獲得できる仕組みだ。

注意点として、チャージ方法にクレジットカードを選択すると、初回に500円以上チャージする必要がなる。

他にも、本キャンペーンは1アカウントにつき1回限定なので覚えておこう。

TOYOTA Walletとは?チャージの際の手数料の違いに注意

「TOYOTA Wallet」とは、トヨタ自動車、トヨタファイナンシャルサービス、トヨタファイナンスの3社が展開するキャッシュレス決済。

最大の特徴は豊富な支払い手段で、具体的には下記の通り。

  • TOYOTA Wallet:かざして決済
  • TOYOTA TS CUBIC Pay:QRコード決済
  • 銀行Pay:即時引き落とし(デビット)

最近流行りのQRコード決済に対応しており、即時引き落としも搭載されている点は魅力的だ。

また、「TOYOTA TS CUBIC Pay」にはポイント制度も存在する。

通常は1,000円ごとの利用で2ポイント獲得でき、「TS CUBIC CARD」を所持している場合、1,000円ごとに10ポイントになるのでおすすめだ。

利用可能な店舗には要注意

「TOYOTA Wallet」は支払い手段によって利用可能店舗が異なる。

  • TOYOTA Wallet:iD/Mastercardコンタクトレス加盟店、Mastercard加盟店
  • TOYOTA TS CUBIC Pay:トヨタ販売店
  • 銀行Pay:銀行Pay加盟店

つまり、iD/Mastercardコンタクトレス加盟店やMastercard加盟店では「TOYOTA TS CUBIC Pay」が利用できない。

頻繁にトヨタ販売店を利用する人は少ないと思うので、日常生活の買い物でポイントを貯めたい人は要注意だ。

TOYOTA Wallet残高に手数料無料でチャージできるクレジットカード

クレジットカードから「TOYOTA Wallet」にチャージする場合、VJA・オムニカード協会加盟各社が発行したVisa/Mastercardなら手数料が無料になる。

トヨタファイナンスが発行するクレジットカードも無料なのでおすすめだ。

しかし、上記2種類以外のクレジットカードの場合、204円(税込)のチャージ手数料が発生するので覚えておこう。

※銀行口座からのチャージは無料。また、「TOYOTA Wallet」からau PAYにチャージして利用することもできる。

TOYOTA TS CUBIC PayでOrigami Pay機能終了

TOYOTA TS CUBIC Pay(旧TOYOTA TS CUBIC Origami Pay)では、2020年4月6日よりOrigami Pay関連の機能が順次終了していく。

具体的には、「TOYOTA Walletアプリ」で「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」を利用していた場合、4月6日をもってOrigami関連サービスは利用できない。

「TS CUBICアプリ」で「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」を利用している人は、すでにトヨタ販売店では利用できず、4月28日以降からOrigami関連サービスが終了予定だ。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る