KyashカードがGoogle Pay、Apple Payでポイント付与対象に!QUICPay+加盟店で利用可能

Pocket
LINEで送る

高還元率カードとして注目を集めているKyashカードが2020年4月2日よりGoogle Payに、4月7日にApple Payに対応することを発表した。

Google PayとApple Payの両方に対応したことにより、今後はAndroidでもiPhone共にKyashのポイント還元を活用できる。

具体的には、Google Pay、Apple PayにKyash Visaカードを登録し、QUICPay+加盟店で利用すると、Kyashポイントが還元される。

QUICPay+加盟店はコンビニやドラッグストアなど幅広く、セブンイレブンやローソン、イオングループ、ガストや牛角といった有名店がラインナップ。

Google Payに登録できるKyashカードは、「Kyash Card」「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」の3種類あり、それぞれのポイント還元率の違いについては注意しておこう。

他にも、税金の支払い、金券や商品券の購入など、そもそもKyashポイント還元対象外となる取引もあるので忘れずに。

QUICPay+とQUICPayとの違い

QUICPayとは、スマートフォンやカードを利用したキャッシュレス決済のこと。

店舗の端末にかざすだけで支払いを完了でき、ポイントやマイルが貯まるのがメリットだ。

QUICPay+とQUICPayとの関係を簡単に説明するなら、「QUICPayの機能をグレードアップさせたものがQUICPay+」ということになる。

QUICPayの場合、利用分の支払方法はクレジットカードのみで、1回あたり2万円までしか利用できない。

しかしQUICPay+なら、支払方法にクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを登録可能。

1回あたりの利用可能金額も2万円以上になっており、Google PayやApple Payも活用できる。

QUICPay+が使えるお店

QUICPay+が利用できる店舗は下記の通り。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • イオングループ
  • イトーヨーカドー
  • ウェルシア
  • ガスト
  • 牛角
  • 餃子の王将 など

コンビニをはじめに、スーパーやドラッグストア、飲食店でも利用でき、使い道に困るといった心配はない。

5月スタート新Kyash還元率の変更に注意

気になるKayshのポイント還元率だが、実は2020年5月1日から一部変更となる。

現時点の還元率はKyash Cardが1.0%、Kyash Card Liteも1.0%、Kyash Card Virtualのみ0.5%だ。

  • Kyash Card:1.0%
  • Kyash Card Lite:1.0%
  • Kyash Card Virtual:0.5%

しかし2020年5月からの新Kyashカードからは、Kyash Card Liteのポイント還元率が0.5%へと半減される。

  • Kyash Card:1.0%
  • Kyash Card Lite:0.5%
  • Kyash Card Virtual:0.5%

また、Kyash CardとKyash Card Liteを比較した場合、海外実店舗での利用の有無など、他にも大きな差がある。

Kyash Card Liteは発行のために本人確認書類が不要というメリットはあるが、長期的な目線で考えると、Kyash Cardを発行するのがおおすすめだ。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る