TOP

還元率3%はVisa LINE Payクレジットカードが必須?LINE Payの新制度「LINEポイントクラブ」

2020年5月1日より、LINE Payのポイント制度「マイカラープログラム」が「LINEポイントクラブ」に移行・統合されることが発表された。

具体的には、2020年5月1日9:59をもって「マイカラープログラム」が終了し、同日10:00から新メンバーシップである「LINEポイントクラブ」がスタートすることになる。

「LINEポイントクラブ」の詳細は後述するが、最大限活用するためにも、簡単な仕組みを理解しておくことが重要だ。

押さえておくべき点は、マイランク制度とチャージ&ペイ機能の2つ。

マイランク制度とは、「LINEポイントクラブ」のポイント還元率を決める役割を担っており、レギュラーからプラチナまでの4種類。

また、チャージ&ペイはVisa LINE Payクレジットカードを登録することで、事前に銀行口座や現金で残高チャージする必要なくでコード決済が可能になる機能で、マイランクに応じてポイント還元を受けられるようになっている。

つまり、「LINEポイントクラブ」がスタートした場合、従来のLINE Payより便利かつお得に利用できる可能性が高いのでおすすめだ。

還元率は最大3%!マイランクとは


引用:LINE Pay公式ブログ

「マイランク制度」の具体的なポイント還元率は下記の通り。

  • レギュラー:1%
  • シルバー:1.5%
  • ゴールド:2%
  • プラチナ:3%

「マイカラープログラム」の場合、最大で2%までのポイント還元率だったが、「マイランク」は3%になっている。

ただランクアップの条件については注意が必要。

「LINEポイントクラブ」は、過去6か月間に獲得したLINEポイントの数に応じてランクが決まるからだ。

  • レギュラー:0ポイント
  • シルバー:100ポイント
  • ゴールド:500ポイント
  • プラチナ:5,000ポイント

上記のように、レギュラーランクの達成条件は非常に簡単だが、プラチナランクの場合5,000ポイントも獲得する必要がある。

具体的には、過去6か月間で5,000ポイントを獲得するために、ゴールドランクでも25万円の利用が求められる。

例)25万円×2%(ゴールドランク)=5,000ポイント

つまり、1か月あたりの利用金額に調整した場合、25万円÷6か月=約42,000円が一つの基準になるので参考にしてほしい。

プラチナへのランクアップは「Visa LINE Payクレジットカード」とLINE Payの連携が条件だということも覚えておこう。

基本還元率とは別に、マイランクに応じてLINE Payで使えるクーポンがもらえる特典もある。

Visa LINE Payクレジットカードを発行したほうがいい理由


引用:Visa LINE Payクレジットカード

Visa LINE Payクレジットカードとは、初年度ポイント還元率3%で年会費が無料のクレジットカード。

カード単体でみても非常にハイスペックだが、そもそもチャージ&ペイを利用するためには、visa LINE Payカードを発行する必要がある。

また、「LINEポイントクラブ」でプラチナになるために必要という側面もあり、LINE Payを活用するためには絶対に手に入れておきたい1枚。

しかし、カード発行は4月下旬から申し込み開始なので、5月開始の「LINEポイントクラブ」のスタートダッシュに間に合わない可能性も。

さらに、ポイント還元率3%は初年度のみの特典なので、2021年4月30日で終了してしまう。

2021年5月以降もお得なキャンペーンを開催するとしているが、せっかくならポイント還元率の恩恵をフル活用したいので、早めの申し込みをおすすめする。

なお、以前LINE公式アカウントで実施した先行案内で受取り手続きをした人は、優先的に申し込みの案内がされる点も要チェックだ。

※年1回以上の利用がない場合、年会費は1,250円(税別)となるので要注意

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る