新Kyash Card登場で現行カード還元率がダウン。はたして作る価値はあるのか?

Pocket
LINEで送る

2020年初めごろ、Kyash Cardがリニューアルされることが発表された。

毎日を新しくする「自由」と「デザイン」の宿るカードがコンセプトで、外観は非常にスタイリッシュかつシンプルな形に。

表面にカード番号が記載されておらず、カラーバリエーションはネイビー、シルバー、ピンクの3種類だ。

また新Kyash CardにはICチップが搭載されているので、Visaタッチ決済にも対応。

専用端末にカードをかざすだけで支払いが完了となり、モバイル非接触決済も利用できる。

さらに海外の実店舗での利用もでき、もちろんオンライン決済機能も搭載済み。

近所のコンビニや旅行先でもキャッシュレス決済を活用可能で、Kyash Cardの可能性が大幅に広がった。

スマホアプリを連動させれば明細の管理も手軽。

ポイント還元もリアルタイムで反映され、「いくら使ったのか」「どれくらい得したか」がその場でチェックできる。

割り勘&送金機能も簡単でプロテクション機能も優秀。

利便性という面は従来のKyash Cardからグレードアップしたといえる。

利用上限は100万円まで!従来のKyashとの違いは

新Kyash Cardと従来のモデルの大きな違いは利用上限。

今までは1回につき5万円、月あたり12万円がKyash Card(リアルカード)の限界だったが、新Kyash Cardは1回につき30万円、月あたり100万円まで利用できる。

また新Kyash Cardのポイント還元率は1.0%で、国内はもちろん海外の実店舗にも対応。

従来のKyash Card(リアルカード)はオンライン決済のみ海外利用に対応していたので、旅行や出張でも非常に役立つ1枚だ。

出張の多い会社員や、海外旅行が好きな人にもおすすめできる。

現行リアルカードは還元率が半減し0.5%に

今回新Kyash Cardのリリースに際して、2020年4月1日から従来のKyash Card(リアルカード)のポイント還元率が半減する。

具体的には1.0%から0.5%になり、名称もリアルカードからKyash Card Liteに。

またKyash Card Liteの提供開始後は、有効期限が切れたり、利用上限に達したりした際の再発行時も300円の手数料が発生。

実質新Kyash Cardを発行せざるを得ない状況が予想され、既存ユーザーにとって大きなデメリットになる可能性が高い。

変化の激しいキャッシュレス、慎重に見極める必要も

日本のキャッシュレス業界は成長途中ということもあり、取り巻く環境の変化が激しさを増している。

またユーザー側からすれば、「お得感のあるキャッシュレス決済サービス」は大前提で、自分のライフスタイルに合っているかどうかを重視するフェーズまで来ているのも事実。

つまり単純なポイント還元率だけではなく、オプションのサービスや利便性にフォーカスしている人が多いということだ。

また単純なお得さだけを重視しても、初年度から3%のポイント還元率を誇るVisa LINE Payカードの発行も控えてる。

ポイント還元という武器だけでは通用しづらい、またはライバルが強すぎるキャッシュレス業界の中で、企業はユーザーにさらなる付加価値を提供しなければならない。

当然既存のサービスも内容がグレードアップしてくことが予想されるので、ユーザー側もすぐに飛びつくのではなく、慎重に自分に合ったサービスを見極める力も重要だ。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る