TOP

au WALLETポイントはPontaに統合!KDDIとローソンが資本業務提携

KDDI株式会社が大手コンビニチェーンのローソンとの資本業務提携を行い、ポイント制度「Ponta(ポンタ)」を導入することを発表した。

これによりau WALLETポイントは2020年5月以降Pontaに統一され、auとローソン間のID連携も推進予定。

国内最大級となる1億人越えの会員基盤の形成につながり、非常に強力なネットワークの誕生といえる。

具体的な提携内容としては挙げられるのは、au PAYのPontaアプリへの実装や、au WALLETアプリへのデジタルPontaカードの実装など

合計170万か所以上の加盟店や、Pontaポイントの蓄積、au PAYの利用を促進することで、データマーケティングによる経済圏の拡大が実現する。

2020年5月以降はPontaポイントに

今回の業務提携による最大のポイントは、2020年5月以降にau WALLETを利用するとPontaポイントが貯まるようになるということ。

つまり従来のau WALLETポイントではなくなるということなので、既存のau WALLETユーザーは要注意だ。

次世代型コンビニサービスも展開

Pontaポイント導入のほかにも、今回の業務提携で触れられた「次世代型コンビニサービス」にも注目してほしい。

簡単にまとめると「膨大なデータや先端テクノロジーを活用し新たな消費体験を創造する」ということ。

具体的には下記のような内容が挙げられ、常識にとらわれない新サービスが実現する可能性も高い。

  • コンビニ来店者向けのサブスクリプションサービスの開発
  • モバイルオーダーやロボティクス無人受け取り機の導入 など

またau PAYのローソンでの還元率アップなど、ユーザーがダイレクトに「お得」を感じられるサービスも推進する予定だ。

Pontaポイントの使い道は?

気になるPontaポイントの使い道だが、具体的にはローソンやじゃらん、ホットペッパービューティーなどが候補として挙げられる。

またAmazonギフト券やJALマイルにも交換可能で、使い道は非常に豊富だ。

ただPontaポイントユーザーはローソンでの買い物が多くなると思うので、基本的にはローソンでのポイント活用をおすすめする。

PayPayや楽天を超える経済圏の構築なるか

着々と独自の経済圏を構築しているキャッシュレス業界の中で、一際存在感を放っているのが下記の3社だ。

  1. ソフトバンクとPayPay
  2. ドコモとdポイント
  3. 楽天と楽天ポイント

上記3社に共通しているのが、豊富な会員数とお得なポイント、そしてスマホ決済サービスの使いやすさのすべてを満たしているということ。

例えばPayPayのユーザー数は2019年11月時点で2,000万人を超えており、貯まったポイントの使い道も豊富だ。

またソフトバンクやワイモバイルとの連携も強固で、最近ではヤフーカードとの繋がりも印象深い。

それに比べてPontaポイントとau WALLET(au PAY)の場合、9,200万人というPonta会員の規模ではPayPayを上回っている。

しかしスマホ決済サービス同士の使いやすさを比較すると、au PAYよりもPayPayに軍配が上がるのは事実。

KDDIがPontaと統合した理由は独自の経済圏を確立したいからだが、すでにPayPayを利用したいるユーザーが新たにau PAYに流れてくるとは考えにくい。

つまり既存のPonta会員以外のユーザー数増加が今後の課題になるので、お得なキャンペーンなどを駆使し、PayPayや楽天ポイントとの差別化に注力する必要が感じられる。

 

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る