Kyash、IC搭載の非接触式新カードを20年初旬に提供開始か?リアルカードがさらに便利に使いやすくなる新サービス始動

Pocket
LINEで送る

kyash
プリペイド式のバーチャルカードとして有名な「Kyash」だが、2020年に進化した新しいKyash Cardの提供を開始する。

詳しい内容は明確になっていないが、近頃のキャッシュレスシーンを考慮すると、ICを搭載した非接触式の新カードになる可能性が高い。

ただしデザインされた「お金の未来」を、「お金をはらう」を軽やかに、「お金の自由」をどこにでも、「お金がうごく」を手の中に、以上の4つをコンセプトとしていることは判明している。

またKyashの公式サイトにメールアドレスを登録すれば、今回の新カードに関する最新情報が手に入る仕組みだ。

Kyashの魅力はポイント2、3重取りができる点

そもそもKyashの魅力はポイントの2重取り、3重取りが実現でき、他のキャッシュレス決済よりもお得に利用できる点にある。

  • バーチャルカード:ポイント還元率0.5%/オンラインショップで利用可能
  • リアルカード:ポイント還元率1%/実店舗で利用可能

Kyashにはアプリで利用できるバーチャルカードと、実際のカードであるリアルカードが存在。

バーチャルカードはVisa加盟店のオンラインショップで利用でき、リアルカードは実店舗のVisa加盟店で利用できる。

またそれぞれの基本ポイント還元率は上記の通りだが、クレジットカードを連携することでポイントの2重取りが可能に。

例えば楽天カードをKyashリアルカードに登録した場合、クレジットカードの1%とKyashの1%の合計2%にポイント還元率になる。

例)10,000円を楽天カードでKyashにチャージして利用すると、10,000円×1%(楽天カード分)+10,000円×1%(Kyash分)=200ポイント獲得可能

KyashはOrigami Payとの連携にも対応可能

Kyashはスマホ決済サービスのOrigami Payにも対応している。

つまりクレジットカードでポイントの2重取りをした後に、Origami Payを経由することでポイントの3重取りが可能になるということ。

正確にはOrigami Payにポイント制度はなく、利用料金から1%OFFになる仕組み。

しかし実質1%のポイント還元と同等の価値なので、2重取りしたポイントと合わせると合計3%のポイント還元率を実現できる。

還元率が半減したが、新サービスがカバーなるか

Kyashのポイント還元率はバーチャルカードで0.5%、リアルカードで1%だが、以前は常時2%キャッシュバックという内容だった。

還元率が現在の2倍以上もあるだけでなく、ポイント制度とキャッシュバック制度という違いもあったということ。

  • ポイント制度:利用金額に応じたポイントを還元
  • キャッシュバック制度:利用金額に応じた現金をキャッシュバック

ポイントよりも柔軟に利用できる現金をキャッシュバックしてくれるということもあり、Kyashは今よりも非常に魅力的なサービスとして有名だった。

ただ還元率の半減やポイント制度への変更があったとしても、Kayshには根強いユーザーが存在するのも事実。

また新規ユーザーにとっても、ポイントの3重取りなどまだまだお得なサービスとしてのポテンシャルは高い。

今回の新サービスの内容は明確になっていないが、IC搭載のタッチ決済なら利便性の大幅な向上も見込める。

トータルの評価では。現時点では平均的に優秀なサービス、今後の内容次第ではトップクラスに便利なサービスとなる。

 

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る