交通系電子マネーSuicaとPASMO、キャッシュレス・消費者還元事業はポイントで還元!Suicaなら二重取りも可能に

Pocket
LINEで送る

2019年10月1日からスタートするキャッシュレス・消費者還元事業だが、SuicaやPASMOとった大手交通系電子マネーも参加を表明している。

本事業期間中は利用金額に応じてポイントが手に入り、2%または5%という高還元率。

通勤や通学などで普段使い慣れている人も多く、電子マネーのなかでもメジャーなSuicaとPASMO。このチャンスを絶対見逃さないようにしよう。

キャッシュレス・消費者還元事業とは

キャッシュレス・消費者還元事業とは、消費税が10%に増税されることの対応策として予定されている事業。

中小・小規模事業者の飲食店や小売店が対象になっており、消費活動を活発化させるとともにキャッシュレス決済の普及も目的としている。

またポイント還元率は対象店舗の規模によって異なるが、基本的には2%または5%。

現時点(2019/9/12)で様々な決済業者が参加登録済みで、SuicaやPASMOといた交通系電子マネーから、クレジットカードやスマホ決済まで幅広く対応している。

Suicaは独自のキャンペーンも開催! 駅ビル・エキナカでさらに還元率アップ


Suicaではキャッシュレス・消費者還元事業の期間中、対象店舗で20円(税込)の決済をするとJRE POINTが1ポイント付与される。

ただコンビニや飲食チェーン、フランチャイズチェーン参加等の店舗の場合、50円(税込)につき1ポイントになる。

  • 中小・小規模店舗等は5%:20円(税込)の決済で1ポイント
  • コンビニや飲食店(チェーン)では2%:50円(税込)の決済で1ポイント

さらにSuicaではキャッシュレス・消費者還元事業の開始に合わせ、JRE POINTの還元率をアップさせるキャンペーンを開催。

駅ビル、エキナカで「JRE POINT」に登録したSuicaを利用すると2%のポイントを獲得でき、JRE CARDのクレジットでの支払いなら5.5%還元という驚異的なポイント還元率となっている。

期間は2019年10月1日〜2020年6月30日まで。

本キャンペーンは、キャッシュレス・消費者還元事業の還元とは別になるため、キャンペーン対象店が消費者還元事業対象店でもある場合、二重でJRE POINTを獲得することができる。

さらに、JR東日本では、10月からSuicaによる乗車運賃で2%還元が受けられるようになる。
関連記事:運賃が2%還元!JR東日本、Suica利用でJREポイントが貯まるサービス発表。キャッシュレス最後の大物がついに動き出す

PASMOは消費者還元事業で2~5%還元に

PASMO
PASMOもキャッシュレス・消費者還元事業への参加を表明しており、期間中は5%または2%のポイント還元率となっている。

またSuicaと同じく対象店舗の規模等によりポイント還元率は変化し、具体的には下記の通り。

  • 中小・小規模店舗等:5%
  • コンビニや飲食店(チェーン)やフランチャイズ:2%

貯まったポイントは3回の集計期間ごとに登録したメールアドレスに送られてくる。

  1. 第一期:2019年10月1日(火)~2019年12月31日(火)
  2. 第二期:2020年1月1日(水・祝)~2020年3月31日(火)
  3. 第三期:2020年4月1日(水)~2020年6月30日(火)

1ポイント(1円)=10円単位で交換可能だ。

ただPASMOでポイントを貯める場合、専用サイトから会員登録する必要がある。

2019年9月17日(火)より会員登録が開始予定なので、PASMOユーザーは見逃さないようにしよう。

便利な交通系マネーのキャンペーンに注目

ユーザー数が多く、使い勝手の良いSuicaとPASMOがキャッシュレス・消費者還元事業に参加した点は大きな注目だ。

今後、過熱するキャッシュレスのなかで重要な位置に立つと思われる。

他にもクレジットカード会社やスマホ決済企業が本事業に登録済みなので、普段利用しているキャッシュレス決済が対応しているかどうか公式サイトでチェックしてみるといいだろう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る