運賃が2%還元!JR東日本、Suica利用でJREポイントが貯まるサービス発表。キャッシュレス最後の大物がついに動き出す

Pocket
LINEで送る

2019年10月1日より、JR東日本のポイントサービス「JRE POINT」が鉄道利用でも貯まることが発表された。

ポイント還元率は最大2%で、SuicaをJRE POINTに登録した状態で利用すると貯めることができる。

また単発の鉄道利用以外でもポイントはたまり、具体的な対象は下記の通り。

  • 「JR東日本の在来線に乗車する」:1回ごとの利用額に応じて貯まる
  • 「Suica グリーン券を購入する」:1 回ごとの購入額に応じてた貯まる
  • 「モバイル Suica 定期券を購入する」:購入額に応じて貯まる

合計金額が大きくなりやすい定期券の購入でもJRE POINTは貯まるので、これを機に登録しておくことをおすすめする。

また2021年春以降は、新幹線・在来線特急に乗車できる特典チケットとの交換も予定中。

鉄道でのJRE POINT利用先が広がることが予想される。

モバイルSuica、カードタイプのSuica還元率を比較

気になる実際のポイント還元率だが、モバイルSuicaとカードタイプのSuicaでは大幅に異なる。

  • モバイルSuica:2%
  • カードタイプのSuica:0.5%

例えばモバイルSuicaで500円の運賃がかかった場合、500円×2%=10JRE POINTが貯まる。

しかしカードタイプのSuicaで乗車すると、500×0.5=2JRE POINT(切り捨て)しかたまらないのだ。

1回ごとの乗車の場合はそれほど大きな差には感じないが、定期券などの購入の際には注意が必要。

例)2万円の定期券を購入する場合

  • モバイルSuica:20,000円×2%=400JRE POINT
  • カードタイプのSuica:貯まらない

上記のように定期券を購入する場合は、カードタイプのSuicaではポイントが貯まらない。

他にも新幹線の乗車券など高額になりやすい対象は多いので、Suicaを利用する際はモバイルSuicaをおすすめする。

注意点

1回の利用額で貯まるポイントが1ポイントに満たない場合でも、最低1ポイントの還元は保証されている。

ただし貯まる1ポイントがポイント以上の場合、小数点は切り捨てられるので要注意。

  • 東京駅~津田沼駅:473円の利用で9ポイント貯まる(切り捨て)
  • 新宿駅~茅ケ崎駅:1,166 円の利用で23ポイント貯まる

また上記の数値はどちらもモバイルSuicaの場合。

カードタイプのSuicaだとさらにポイント還元率は減少するので覚えておこう。

JRE POINT WEBサイトに登録が必要

鉄道利用でJRE POINTを貯める場合、お手持ちのSuicaをJRE POINT WEBサイトに登録する必要がある。

  1. JRE POINT WEBサイトに仮会員登録
  2. JRE POINT WEBサイトに本登録

上記のように、メールアドレスをJRE POINT WEBサイトに仮登録した後に本登録する必要がある点は覚えておこう。

Suicaのキャンペーン情報

キャッシュレスに力を入れているSuicaでは関連したキャンペーンも行っている。

  • 特典内容:JRE POINT WEBサイトに新規登録したユーザーに100ポイントプレゼント
  • 期間:2019年9月3日~2019年12月31日

また今回のサービス開始を記念して、2019年3月以降にモバイルSuica会員の年会費を還元するキャンペーンも開催。

さらに2019年10月1日~2010年6月30日の間には、下記の対象の店舗でのSuica決済で2%還元されるキャンペーンも予定されているのでチェックしておこう。

  • エキナカのJRE POINTマークがある店舗
  • マチナカのJRE POINTマークがある店舗
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る