9月のPayPayはスーパーマーケットがお得!使えるお店一覧

Pocket
LINEで送る

2019年8月に入り、スマホQR決済サービスPayPayをスーパーマーケットに導入するという発表が相次いでいる。

ニュース:PayPay 西友、東急ストアなどで利用開始!PayPayが使えるスーパーマーケットまとめ

9月には、毎日午前10時~ 午後2時の間に特定のスーパーで「PayPay」で支払うと、最大10%のPayPayボーナスが戻ってくる「10時~14時が おトク!家計を応援!スーパーマーケット大還元祭」を開催する予定。

8月に発表されたスーパーでPayPayが使える店舗

  • サミットストア:全店舗
  • ベイシア、ベイシアマート:約130店舗
  • ゆめタウン、ゆめマート、LECT:計103店舗
  • イトーヨーカドー:約150店舗
  • ヨークマート:79店舗
  • とりせん:全店舗
  • 原信、ナルス:全79店舗
  • 東急ストア:全84店舗
  • 西友、サニー:全331店舗
  • ライフ:約270店舗
  • ベイシア、ベイシアマート:約130店舗

一部例外もあるが、概ね9月1日から利用可能になる。

特にイトーヨーカドーなど大規模に展開するスーパーマーケットでの導入はインパクトが大きい。残念ながらイオンではまだ導入等の発表はない。

その他PayPayが利用できるスーパーマーケット

  • アスタラビスタ
  • イトー
  • OK
  • グッディ
  • KEIHOKU
  • コープ札幌
  • サンプラザ
  • サンフレッシュブルーム
  • シマホ
  • エヴァ―グリーン
  • セキチュー
  • 大黒屋
  • たじま
  • ギガマート
  • ギガパール
  • ハローマート
  • yaoyoshi
  • ボン・ヴィサージュ
  • ナカムラヤダイニング
  • 多慶屋
  • デリシャス広岡
  • ヒダカヤ
  • マム
  • FRESTA
  • マルハチ
  • Mr Max
  • リカーマウンテン
  • ロビア
  • 綿半
  • コープあいち(近日対応予定)

支払い方式はユーザースキャン方式がほとんど

今回のPayPayの導入のニュースで気になるのはほとんどのスーパーで、ユーザーが店舗に提示されたQRコードをスキャンするユーザースキャン方式を採用していることだろう。

ユーザースキャン方式は、店舗スキャン方式に比べると、ひと手間が必要になるため、どの程度スムーズに決済が進むかは注目したいところである。

ライフ、サミットストアは、コンビニと同じ様に店舗スキャン方式を採用している。

実際にPayPayでは加盟店導入にあたって、ユーザースキャン方式に限って手数料無料のキャンペーンを行っているため、店舗側としてはできるだけユーザースキャン方式で取り組みたい思惑はあるだろう。

PayPayの勢いが止まらない

スマホQR決済のPayPayはサービス開始から10ヶ月間で1000万人に達するなど、破竹の勢いでユーザーを増やしてきた。また、加盟店も100万ヶ所を超え、累計決済回数も1億回に達している。

PayPayは他のQR決済サービスの加盟店開拓に比べても加盟店開拓を積極的に進めている印象で、プレスリリースされているような大型なPayPay導入だけでなく、小規模の飲食店やレストランでも導入が進んでいるようだ。

また、ワクワクペイペイキャンペーンと称し、毎月決まったジャンルの店舗の利用で20%還元などの特典が受けられるキャンペーンを開催しているのも魅力の一つ。

9月のワクワクペイペイキャンペーン

9月のワクワクペイペイキャンペーンは「10時~14時がおトク!家計を応援!スーパーマーケット大還元祭」。

10時から14時の間に登録されたスーパーマーケットでPayPayを利用することで最大10%が還元されるというものだ。

キャンペーンで還元される金額は、ユーザーの属性によって異なり、ソフトバンクモバイルユーザー、ワイモバイルユーザー、Yahoo!プレミアム会員ユーザー(以下、優遇ユーザー)の10%還元が最大となる。

優遇ユーザーは、一回の上限が1,000円となっているので、10,000円までの会計であれば、毎回10%の還元が受けられる計算になる。

Yahoo!プレミアム会員ユーザーは無料キャンペーンを活用!

Yahoo!プレミアム会員はYahoo!Japanが提供する、月額462円(税抜き)の有料サービス。

時期によっては○ヶ月無料などのキャンペーンを開催しているので、タイミングを狙って是非加入したいサービスである。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:池田星太

大人のクレジットカード編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る