増税前に知っておきたい!常時還元率2%のKyashと相性の良いクレジットカード比較

Pocket
LINEで送る

「Kyash」とはプリペイド式のバーチャルカードで、スマートフォン上でクレジットカード機能を利用できる仕組みになっている。

また常時2%のキャッシュバック率を提供しており、クレジットカードとの連携でポイントの2重取りが可能。

さらに「Origami Pay」などのスマホ決済アプリも合わせれば、ポイントの3重取りも実現できる。

リアルカードを発行すると全国のVISA加盟店でも利用可能なので、日常生活でも使いやすい仕組みが特徴だ。

「Kyash」の詳細

「Kyash」はプリペイド式のバーチャルカードなので、支払に利用するためにはチャージが必要になる。

また利用上限等も設定されており、具体的には下記の通りだ。

  • 利用上限(送金):5万円/回、10万円/月
  • 利用上限(支払い):3万円/24時間、3万円/回、12万円/月
  • チャージ方法:クレジットカード、コンビニ、銀行ATMなど

ただ本人認証が済んでいない場合は上限金額が大幅に下がり、登録できるクレジットカードもVISA・Mastercard限定なので要注意。

関連記事:【よくわかる】Kyash(キャッシュ)って使える?還元率2%は凄いかも!Google Payにも対応のスマホ決済アプリ!

「Kyash」連携のおすすめのクレジットカード

ここでは「Kyash」と連携させるクレジットカードの中でおすすめの3枚を紹介する。

  • Orico Card THE POINT
  • 楽天カード
  • リクルートカード

Orico Card THE POINT

「Orico Card THE POINT」のポイント還元率は1.0%に設定されており、「Kyash」の2%と合わせると3%という数字になる。

またOrico Card THE POINTで見逃せないのが入会キャンペーンで、カード入会後の6か月間はポイント還元率が2%に。

つまりKyashとの合計で4%のポイント還元率を実現できるので、まだOrico Card THE POINTを持っていない人におすすめだ。

楽天カード

次におすすめするクレジットカードは「楽天カード」だ。

楽天カードもポイント還元率が優秀で常時1%に設定されている。

「Kyash」の2%キャッシュバックと合わせると実質2%+1%=3%のポイント還元率となり、現金払いで商品を購入するよりもかなりお得に。

例)1万円の商品を購入した場合

  • 現金で購入:ポイント還元なし
  • Kyash+楽天カードを利用:10,000円×3%=300ポイント分お得

また大型通販サイト「楽天市場」で1ポイント=1円として使えるのは魅力的で、貯まったポイントの使い道を心配する必要はない。

リクルートカード

最後におすすめするクレジットカードは「リクルートカード」。

楽天カードと同様ポイント還元率が優秀なカードで、常時1.2%に設定されている。

「Kyash」と合わせると実質3.2%のポイント還元率となり、今回紹介したカードでもトップ。

ただポイントの使い道や入会キャンペーンなど、Orico Card THE POINTや楽天カードのほうが優れている点があるのも事実なので、自分に合った1枚を選ぶことを忘れずに。

消費税が10%に引き上げられる前に、常時2%還元のKyashを利用して節税対策を

2019年10月から消費税が2%アップし10%になるが、「Kyash」を上手に活用すれば増税分の2%を補填することができる。

また上述したクレジットカードを連携させることで、増税分以上のポイントを手に入れることも可能。

さらに「Kyash」はリアルカードの発行にも対応しており、VISA加盟店なら問題なく利用できる。

増税前の節税対策を検討している人は、使いやすくてお得なKyashをおすすめする。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。