ファミペイ開始で15%還元キャンペーンもスタート!公共料金も対象になる?

Pocket
LINEで送る

2109年7月1日、大手コンビニチェーンのファミリーマートの独自スマホ決済「ファミペイ(FamiPay)」がリリースされた。

支払方法やチャージ方法といった詳細な情報も明らかになり、大型キャンペーンなども開催中。

クレジットカードがなくても利用できるので、手軽にスマホ決済を体験したい人は必見の内容になっている。

「ファミペイ(FamiPay)」の概要

今回リリースされた「ファミペイ(FamiPay)」の概要は下記の通り。

  • ポイント還元率:200円(税込)の利用につき1円分のFamiPayボーナスを付与、ファミリーマートでサービス商材(収納代行・Famiポート等)を支払う場合は1件につき10円分のボーナス
  • チャージ方法:現金、ファミマTカード(クレジットカード)
  • 支払方法:バーコード決済

ポイント還元率は200円(税込)のファミペイ利用につき1円分が付与される0.5%。

収入代行やFamiポートなどのサービス商材をファミペイで支払う場合は、1件につき10円分のボーナスもゲットできる。(一部対象外もあり)

チャージ方法は現金、クレジットカードならファミマTカードのみとなっており、他のクレジットカードではチャージできないので要注意。

支払方法はPayPayなど他のスマホ決済と同様にバーコード決済なので分かりやすくなっている。

支払い時にファミマTカードまたはTカードを提示すると、200円(税込)につき1ポイントのTポイントも貯まるのでおすすめだ。

「ファミペイ(FamiPay)」のチャージ方法

実際に「ファミペイ(FamiPay)」にチャージする手順は、現金とファミリーマートTカードによって異なる。

現金の場合はファミリーマート店頭で、ストアスタッフにチャージの旨を伝える。

ファミペイのホーム画面をスキャンしてもらい、画面に表示された1000円〜10,000円のチャージ額をタッチして選択、選択した金額を支払うことでチャージが完了する。

ファミマTカードの場合は、ファミペイアプリにカードを登録することでチャージ可能なので覚えておこう。

最大15%還元のキャンペーン開催中

「ファミペイ(FamiPay)」ではリリースを記念して、チャージ金額の最大15%が還元されるキャンペーンを開催中。

  • 特典内容:期間中に現金でチャージした場合は10%、ファミマTカードでチャージした場合は15%相当のFamiPayボーナスを還元
  • ポイント上限:20,000ポイントまで
  • 付与される時期:2019年8月中旬頃
  • 期間:2019年7月1日(月)~7月31日(水)

上記のように現金の場合は10%、ファミマTカードでは15%相当も還元されるので非常にお得な内容になっている。

  • 20,000円を現金でチャージ:20,000円×10%=2,000円相当のFamiPayボーナスゲット
  • 現金とファミマTカードで10,000円ずつチャージ:10,000円×10%+10,000円×15%=2,500円相当のFamiPayボーナスゲット
  • ファミマTカードで20,000円チャージ:20,000円×15%=3,000円相当のFamiPayボーナスゲット

7月5日から10万人に無料クーポンが当たるキャンペーンも

「ファミペイ(FamiPay)」にはお得なクーポン制度も搭載されており、初回登録時は無料クーポンがゲットできる。

また2019年7月5日には合計最大10万人に無料クーポンが当たるキャンペーンを開催予定で、ファミチキなどの人気商品が無料で手に入るチャンス。

抽選情報が公開されるTBS系列のファミペイ特別CM(朝8時台)と公式Twitterを絶対に見逃さないようにしよう。

各種公共料金の支払いが可能

電気、ガス、水道といった公共料金の支払いが可能。

その他の請求書払いもできるが、対応しているかどうかはアプリ内の「公共料金・各種料金お支払い確認」で事前チェックしよう。

また、POSAカードや切手、ごみ処理券などの購入ができる点も他のスマホ決済アプリとは一線を画している。

同じコンビニスマホ決済の「7pay(セブンペイ)」は公共料金の支払いに対応していないので、1つの差別化になっている。

近くにセブンイレブンとファミリーマートの両方が存在する場合、公共料金の支払いができるかで選んでみるといいかもしれない。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る