LINE Payコンビニで20%還元開催中!LINE Payボーナス、LINEポイントの違いをおさらい

Pocket
LINEで送る

2019年6月23日(日)~6月30日(日)の1週間、スマホ決済アプリの「LINE Pay」は実質最大20%還元されるキャンペーンを開催。

またはじめてLINE Payで支払いをしたユーザー限定で、次回以降のお会計が割引になるお得な「LINE Payクーポン」もプレゼント。

キャンペーン対象店舗も大手コンビニになっており、誰でも参加しやすいので、LINE Payユーザーもそうでない人も見逃さないようにしよう。

キャンペーン概要

  • キャンペーン名:Payトクコンビニ祭
  • 特典内容:期間中に「コード支払い」で購入した商品の15%分を「LINE Payボーナス」として還元。さらにマイカラープログラム*の適用により、3.5%~5.0%分の「LINEポイント」も同時に獲得。
  • 対象期間:2019年6月23日(日)0:00~2019年6月30日(日)23:59
  • 対象店舗:ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ポプラ、セイコーマート(LINE Pay加盟店に限る)
  • 還元上限:最大1,000円分

*マイカラープログラム・・・LNE Pay独自のポイント制度で、通常0.5~2.0%のポイント還元率だが、2019年7月31日まで3.5%~5.0%になるキャンペーン開催中

はじめての人はLINE Payクーポンもゲット

今回のPayトクコンビニ祭だが、はじめてLINE Payで支払いをする人限定で、利用金額に応じたLINE Payクーポンを獲得できるようになっている。

  • 801円以上:500円分
  • 601円~800円:400円分
  • 401円~600円:300円分
  • 300円~400円:200円分

どれも実質還元率50%以上なので、まだLINE Payを使ったことがない人におすすめだ。

LINE payボーナスとLINEポイントの違い

今回のキャンペーンで獲得できるのはLINE Payボーナスだが、LINEポイントとどう違うのか疑問に思っている人も多いと思う。

  • LINE Payボーナス:Payトクなどのキャンペーンで還元され、支払いや個人間送金にも利用できる。
  • LINEポイント:マイカラープログラムなどで貯めることができ、個人間送金には利用できないが、Amazonギフト券やnanacoポイントなどと交換できる。

大きな違いは上記の通りで、LINE Payボーナスは支払いや個人間送金など、現金に近い感覚で利用することができる。

一方、LINEポイントは名前の通りLINEアプリで利用できるポイントのことで、「LINEギフト」「LINEモバイル」など各LINEサービスの他にも、Amazonギフト券やnanacoポイントといった他社サービスとの交換に便利。

しかし、LINE Payボーナスのように個人間送金には利用できないので、現金というよりはポイントという側面が強しサービスになっている。

  • LINE Payボーナス:イメージ的にはLINE Payで利用できる現金
  • LINEポイント:イメージ的には各LINEサービスに活用できるポイント

またLINE Payボーナスには2年間の有効期限が設定されており、残高やLINE Payボーナスよりも優先的に使用されることも覚えておいて欲しい。

LINEポイントを残高に移動させる

主な使い道が各LINEサービスや他社ポイントとの交換になるLINEポイントだが、残高に交換することで個人間送金や出金にも対応させることができる。

  • LINEポイント:各LINEサービスや他社ポイントとの交換が主な使い道
  • 残高:LINE Payでの支払いや個人間送金、出金にも利用できる

具体的には下記の手順で交換できるので、貯めたLINEポイントを現金のように利用したい人におすすめだ。

  1. LINEアプリのウォレットから「LINEポイント」を選択
  2. 「使う」メニューから「LINE Pay」を選択
  3. 交換するLINEポイント数を指定
  4. 交換完了

 

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る