7月から始まる新スマホQR決済アプリ7pay、ファミペイ登場でどう変わる?コンビニPayを利用するメリットはあるのか?

Pocket
LINEで送る

7Payアプリ

2019年7月1日より、コンビニ大手のセブンイレブンが独自のスマホ決済アプリである「7pay(セブンペイ)」のサービスを開始することを発表した。

同時にPayPayやメルペイ、LINE Payといった他のスマホ決済アプリも導入予定。

  • PayPay
  • メルペイ
  • LINE Pay
  • Alipay
  • WeChat Pay

さらにファミリマートでも独自のスマホ決済アプリ「ファミペイ(FamiPay)」が7月よりリリース予定。

政府方針の後押しもありキャッシュレス化が進む中、コンビニ各社でも覇権をかけた戦いが繰り広げられている。

7pay(セブンペイ)とファミペイ(FamiPay)の特徴

7pay

具体的なサービス内容は下記の通り。

  • ポイント制度:nanaco、セブンマイル
  • ポイント還元率:0.5%(200円=1ポイント)
  • チャージ方法:レジ、セブン銀行ATM、各種クレジットカードなど
  • クーポン:ポイント還元率アップキャンペーンを開催

特筆すべき点は、7payリリースと同時にnanacoポイントが1%(2019年7月までは100円につき1ポイント)から0.5%に変更される事。

期間限定で2倍になるキャンペーンを開催予定ではあるが、基本ポイント還元率は0.5%と低くなってしまうのだ。

一見、他のスマホ決済アプリの還元率には見劣りするが、実は9月1日から「セブンマイルプログラム」のリニューアルでnanacoとは別に200円=1セブンマイルも貯まる。

これはセブン&アイホールディングスグループの共通ポイントサービスで、イトーヨーカドー、西武・そごう、ロフト、アカチャンホンポの各アプリからも獲得することができる。

つまり、7payではnanaco0.5%+セブンマイル0.5%=計1%の還元率となる。

さらにキャンペーン期間中は0.5%のポイント還元が上乗せされる。

7payキャンペーン
引用:公式サイト

貯まったセブンマイルは、1マイル=1nanacoポイントに交換できるほか、様々なイベント、優待特典と交換可能。

支払い方法はコード決済を採用しており、会計時にスマホのQRコードを提示するというシンプルな仕組みになっている。

なお、7Payは専用のアプリは、既存のセブンイレブンアプリ画面上に機能追加される予定。

ファミペイ

具体的なサービス内容は下記の通り。

  • ポイント制度:Tポイント
  • ポイント還元率:未発表
  • チャージ方法:レジ、ファミマTカード(クレジットカード)など
  • クーポン:未発表

ポイント制度のオープン主義を掲げており、2019年の11月頃からdポイントや楽天スーパーポイントが貯まるサービスを発表済み。

  • dポイント:200円につき1ポイント貯まる
  • 楽天スーパーポイント:200円につき1ポイント貯まる

銀行口座の連携にはpringのシステムを活用するとのこと※1

セブンペイの隠れた魅力

nanacoポイントを電子マネーに交換するには、店頭のレジで行うかnanacoモバイル上で手続きする必要があった。

7payは新しいQR決済コードでお得という部分はあるかもしれないが、それ以上にセブンイレブンアプリ・nanacoモバイル・セブンマイルと今まではアプリが分散されてわかにくかった構図が、7Payでポイントを「貯める・交換する・利用する」をすべて集約することが可能になるメリットが大きい。

いままでスマホでnanacoの電子マネーを使用するには、Android端末のみの対応であったが、スマホのQR決済が可能という意味で、iPhoneに対応するメリットも大きい。

7payは、nanacoポイントを保有している既存のnanacoユーザーにとってより使いやすくなりメリットが大きいと言える。

ファミペイは魅力が少ないか

現時点(2019/6/17)で発表されている情報だけで判断するなら、ファミペイはポイント還元率も低く、ファミマTカード以外のクレジットカードからのチャージが出来ないという情報もある。※1
ファミマペイをあえて利用する必要がない印象だ。

それよりもPayPayやLINE Pay、楽天ペイの方がポイント還元率が高く、貯まったポイントの使い道も豊富だからだ。

まだ計画中の段階のようではあるが、ファミリーマート以外でもFamiPayの拡大を図る予定とのこと。今後のFamiPayの展開に注目だ。

いずれにせよ、セブンイレブン、ファミリマートの両社は、自社のスマホ決済アプリ縛り(7pay・ファミペイ)を行わずPayPayなども導入予定な点を考慮すると、他の有名スマホ決済アプリと連携することでコンビニ事業自体の売り上げアップを狙っていることが推測できる。

※1 ファミリーマート新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦略

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。