バンドルカードのリアルカード発行手数料が今なら無料に!新TVCMも開始

Pocket
LINEで送る

株式会社カンムが発行のスマホアプリからダウンロードできるプリペイドカード、「バンドルカード」が5月25日より新TV CMを開始。

認知度の高いタレントのベッキーを起用し、バンドルカードの特徴である「1分で発行、3分で決済」を世間に広く印象づける狙い。

また、新TV CM開始にともない、「リアルカード」、「リアル+(プラス)」の手数料無料の新キャンペーンも同時に実施。

キャンペーン期間は2019年5月25日(土)〜2019年6月16日(日)で、先着30,000名まで。

参加方法は、キャンペーン期間中に新規登録から24時間以内にアプリ内でリアルカード、まはたリアル+(プラス)を申込みした人。

バンドルカードのリアル、リアル+(プラス)カードは申込みの際、300~700円(税込)の手数料が発生するが、今回のキャンペーンでは手数料分がアプリ内にキャッシュバックされる仕組みだ。

若者の利用率が高い「バンドルカード」

バンドルカードは、スマホアプリからダウンロードして登録するだけで「バーチャルカード」が発行されるVISAのプリペイドカード。

日本初の「表側に番号のない券面(プラスチック製カード)」の導入したことでも話題になり、審査がなく、年会費も一切かからないということで若年層中心に人気を集めている。

チャージ方法も、コンビニ払い、銀行ATM(ペイジー)、クレジットカード、ポチっとチャージ(後払い)など多様だ。

Amazonやメルカリなどネットショッピングで利用できるだけでなく、PayPayなどスマホ決済アプリにも連携が可能。

また、リアルカード、リアル+(プラス)と呼ばれるプラスチックカードを発行することでVISA加盟店の実店舗でも利用でき、リアル+(プラス)にいたっては海外でも使えるため、海外旅行や留学で活用できる。

クレジットカードの持てない層にもさらに使いやすく

VISAの実店舗で利用できるリアルカードは、クレジットカードのように使えるうえ、チャージ式ということもあり使いすぎる心配もない。

「ソッコーでつくれるカード」というTV CMのキャッチーな言葉と新キャンペーンにより新規獲得を狙うバンドルカード。

キャッシュレスに拍車がかかる昨今、クレジットカードを持てない層にはうってつけの一枚となるだろう。

関連リンク
バンドルカード特設ページ

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る