コンビニで最多!?ローソンでPayPay、メルペイ他が利用可能に!26日からスタート!

Pocket
LINEで送る

14日、ローソンが新たにPayPay・メルペイ・WeChat Payを26日より導入するとした。

スマホ決済サービスが普及していく昨今、LINE Payは「春の超Payトク祭」、PayPayは「第2弾100億円キャンペーン」を行うなどしている。

どちらもコンビニでの決済にて還元率20%を狙えることから、コンビニでのてスマホ決済利用は極めてお得な状況だ。

ローソンでは新たに4つのスマホ決済アプリが利用可能となる。

ローソンで使えるスマホ決済一覧

これまでのローソンのスマホ決済サービス対応の流れをまずは把握しよう。

2017年1月にAlipay、LINE Payに対応し、その後の2018年にてOrigami Pay、d払い、楽天ペイに対応してきた。

そして今回新たにPayPayの対応も始めることから、ローソンがスマホ決済サービスに意欲的だということが見て取れる。

【ローソン対応スマホ決済サービス一覧】

  • Alipay
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
  • d払い
  • Origami Pay
  • PayPay(3月26日より)
  • QUOカードPay(3月26日より)
  • メルペイ(3月26日より)
  • WeChat Pay(3月26日より)

これにより、ローソンは全ての大手コンビニチェーンの中でスマホ決済サービスの取扱数が最多となった。

【他コンビニでの対応スマホ決済サービス一覧】
セブンイレブン:なし
ファミリーマート:d払い、LINE Pay、PayPay、楽天ペイ、Alipay、WeChat Pay
ミニストップ:d払い、LINE Pay、PayPay、楽天ペイ、Alipay
デイリーヤマザキ:なし

ここでチェックしておきたいのは、セブンイレブンとデイリーヤマザキは上記であげたスマホ決済サービスに対応していないことだ。

そして、ローソンだけはOrigami Payに対応しているというのも見逃せない。

Origami Payはコード決済することで常時2%OFFなどの割引サービスがあり、加盟店も多いコード決済アプリの先駆けだ。

おすすめのスマホ決済アプリ

ローソンを利用するのに、3月15日時点で最もおすすめなのはLINE PayかPayPayだ。

LINE Payは還元率20%の「春の超Payトク祭」キャンペーンを行っている。

キャンペーンの期間は3月15日から3月31日までで、コード決済ごとに20%を後日還元してもらえる。

キャンペーンの付与限度額は5,000円だ。

さらにLINE Payは「もらえるくじ」にて、100円以上をコード決済する度に最大2,000円が当たる。

また、PayPayは「第2弾100億円キャンペーン」を開催しており、こちらもPayPay残高かYahoo!マネー払いにてコード決済すれば還元率20%だ。

そして、「やたら当たるくじ」は、10回に1回の確率で最大1,000円が還元される。

なお、3月15日から3月31日まで「100万円もらえちゃうキャンペーン」も開催される。

PayPayアカウント新規登録にて50人に500円が当たり、チャージ先の銀行口座登録にて10万円が1,000人に、100万円が50人に当たる。

PayPayを始めたい方は今がチャンスだ。

さらに、楽天ユーザーならば楽天ペイがポイント還元率の面で強力な選択肢になる。

メルカリユーザーで売り上げ金の使い道がなければメルペイも候補に入れよう。

スマホ決済サービスを利用することで、割高イメージの強いコンビニが安価スーパーになるポテンシャルを持つ可能性が出てきた。

コンビニとスマホ決済サービスのこれからに注目したい。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。