PayPay超え!?LINE Payが20%還元&最大2000円があたるくじキャンペーンをW開催!LINE Payカードも対象に!

Pocket
LINEで送る

2019年3月15日(金)~3月31日(日)の期間で、LINEユーザーなら誰でも利用可能なスマホ決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」において、史上最大の還元祭「春の超Payトク祭」が開催される。

期間中は「LINE Pay」での支払いで毎回20%分が還元されるほか、最大2,000円相当があたる「もらえるくじ」も同時開催される。

【「毎回20%還元」概要】

  • 期間:2019年3月15日(金)0:00 ~ 2019年3月31日(日)23:59
  • 内容:「LINE Pay」での支払いごとに毎回20%分の残高を後日還元。期間内の還元金額の合計が5000円に達するまで、何度でも利用可能。
  • 対象:1)LINE Pay カード 2)QUICPay+TM(Android限定)3)コード支払い 4)オンライン支払い 5)LINE Pay 請求書支払い
  • 注意点:還元分の残高付与は、2019年5月31日頃を予定。

【「もらえるくじ」概要】

  • 期間:2019年3月15日(金)10:00 ~ 2019年3月31日(日)23:59
  • 内容:「LINE Pay」で100円以上を支払うたびに毎回もらえるくじ。最大2000円相当があたる。
  • 対象:1)LINE Pay カード 2)QUICPay+TM(Android限定)3)コード支払い 4)オンライン支払い 5)LINE Pay 請求書支払い 6) 自販機 7)LINE Payに登録したクレジットカード 8)LINEポイントでの支払い(全額または一部)9)LINE Pay 外貨両替
  • 注意点:4/15までにくじを開封しなければ失効となる。

【「LINE Pay」が使える主要店舗(※一部対象外の店舗あり)】

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 松屋
  • スターバックス
  • 上島珈琲店
  • ビックカメラ
  • ジョーシン
  • サンドラッグ
  • ココカラファイン
  • 和民
  • 金の蔵
  • ジャンボカラオケ広場
  • ビッグエコー
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • LOFT
  • ゲオ
  • Right-on

LINE Pay「史上最大」の理由

今回のキャンペーンが「史上最大」といわれる理由は大きく2つある。

ひとつは、対象となる支払い方法の拡大によって利用可能な店舗がぐっと増えることだ。

これまでにLINE Payで開催されたキャンペーンでは「コード支払い」「オンライン支払い」「請求書支払い」のみが対象となっていたが、今回はこれらに加えて「LINE Payカード」「QUICPay+TM(Android限定)」による支払いも対象となる。

「LINE Payカード」はLINEが発行するJCBブランドのプリペイドカードで、全国のJCB加盟店で利用が可能。

つまり、LINE Pay非対応の店舗でもJCB加盟店であれば「LINE Payカード」で支払うことができ、今回のキャンペーンの対象になるというわけだ。

そしてもうひとつは、同時開催される「もらえるくじ」の存在だ。

期間中にLINE Payで100円以上を支払えば何度でもくじをもらうことができ、当選すれば10円~最大2,000円相当が還元される。

当選確率は公表されていないものの、100円の支払いで最大2,000円相当が還元される可能性があるのは大きな魅力といえるだろう。

PayPay「第2弾100億円キャンペーン」との違いは?

同じくスマホ決済アプリのひとつである「PayPay(ペイペイ)」でも、現在「第2弾100億円キャンペーン」(~2019年5月31日まで)が実施されている。

こちらも最大20%が還元されるという内容だが、今回のLINE Payのキャンペーンとの主な違いは、還元される最大金額だ。

PayPayのキャンペーンでは「1回の買い物につき還元額が最大1,000円相当まで」となっているのに対して、LINE Payの場合は「期間中合計5000円相当まで」となっている。

つまり、1回の買い物が5,000円までであればどちらも還元額は最大1000円相当と変わらないが、それ以上の金額の買い物をする場合はLINE Payを利用する方が還元額が高くなる。

たとえば2万5千円の買い物をした場合、PayPayで支払うと還元額は最大1,000円相当、LINE Payで支払うと還元額は最大5,000円相当となる。

春の新生活に向けて大きな買い物の予定がある人には、嬉しいキャンペーン内容といえるだろう。

また、還元された残高はPayPayでは翌月、LINE Payでは5月31日頃の反映となるが、「もらえるくじ」に関しては当選すれば即時残高に反映されるという違いもある。

獲得した残高をすぐに利用できるのは、メリットのひとつといえるだろう。

「マイカラー+3%」キャンペーンとの併用も可能

「LINE Pay」には、利用実績に応じてLINEポイントなどの特典が付与される「マイカラー」と呼ばれるインセンティブプログラムがあり、現在各カラーの還元率に+3%を上乗せするキャンペーンが行なわれている(7月末まで)。

今回の20%還元は、このキャンペーンとの併用も可能だ。

マイカラーの中で最もランクが高いグリーンの還元率は2%のため、そこに3%を上乗せしてさらに今回のキャンペーンが適用されれば、最大25%分の還元を実現できる。

スマホ決済サービスの”還元祭”はさらに過熱?

スマホ決済サービスのさらなる普及を目指し、過熱する還元キャンペーン。

「LINE Pay」「PayPay」「楽天ペイ」などお得なPayサービス・スマホ決済アプリが続々と登場している。

加盟店や登録できるクレジットカード、還元率、キャンペーン内容など、どれをとってもサービスごとに若干の違いがある。

特定のアプリを徹底的に使い倒すのも一つの手だが、それぞれを上手く使い分けてもっともお得なアプリを活用するのがおすすめだ。

【リンク】

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。