三井住友カードの新規入会で20%還元&全額無料(上限あり)のチャンス!学生・新社会人には超おすすめ!

Pocket
LINEで送る

3月1日より、三井住友カードによる新規入会キャンペーンの開催が発表された。

キャンペーン期間中に三井住友カードに入会するとカード利用金額の20%が還元(最大10,000円)される。

さらに「タダちゃん!」というキャンペーンも同時に開催され、カード利用50回につき1回の確率で無料(上限10万円)になる。

スマホ決済アプリのPayPayやLINE Payでお馴染みとなった20%還元と確率による全額還元キャンペーンだが、クレジットカードの利用で適用されるのは今回が初めてのことだ。

【キャンペーン概要】
期間内のカード利用金額に応じて20%のキャッシュバック(最大10,000円)

期間内のカード利用50回につき1回の確率で商品代金全額無料(最大100.000円)

【開催期間】
①2019年3月1日~5月31日までに新規申し込み後、カードが発行されてから最大4ヵ月間

(例:2019年4月1日~4月30日にカード発行→2019年7月31日までのカード利用分が対象)

②2019年3月1日~5月31日

キャンペーン適用条件

本キャンペーンに参加するにあたりエントリーは不要だが、対象者には下記の条件が設定されている。

【キャンペーン対象者】

  • 新規入会の人限定
  • 「Vpassアプリ」にログイン
  • 対象の三井住友VISAカードで買い物(「iD」での利用もOK)

利用金額から20%キャッシュバックされる魅力的なキャンペーンだが、既に三井住友VISAカードを持っていたり、入会していたりする人は対象外になる。

また、新規入会者でもカード入会後の3ヵ月後末までに「Vpassアプリ」にログインしていない人も対象外だ。

Vpassとは三井住友カードが会員向けに提供するインターネットサービスのことで、カード情報の照会やWEB明細書の利用が可能。

VpassアプリにログインするためにはWEB上のVpassに事前登録しておく必要があるので注意しておこう。

新規入会・Vpassアプリへのログインが完了した後は、その3ヵ月後末までにカードを利用すればキャンペーン内容が適用される。(iDによる買い物でもOK)

50回につき1回の確率でカード利用分が無料になる(通称「タダチャン!」)についても、20%還元のキャンペーンと適用条件は一緒だ。

※カードの種類について・・・本キャンペーンは三井住友カードのプロパーカードを対象としているので、Amazon MastercardクラシックやANAカード、YAZAWAカードといった他社提携カードは対象外だ。(アーティスト系・キャラクター系カードは対象外と覚えるとわかりやすい)

学生・新社会人に超おすすめ!

学生や新社会人におすすめできるクレジットカードの1つに「三井住友VISAデビュープラスカード」がある。

本カードは初年度年会費無料(年1回の利用で来年度も無料)、通常の2倍のポイント還元率(1.0%)、というハイスペックな特徴を持つ。

そんな「三井住友VISAデビュープラスカード」も本キャンペーンの対象カードなので、まだクレジットカードを持っていない、またはもう一枚カードが欲しいという学生・新社会人にはおすすめだ。

特に4月からは新生活が始まり、家電や食器、スーツや革靴など用意するものが多くいため出費がかさむ時期だ。

本キャンペーンを利用すれば高額商品も実質20%OFFで購入でき(最大10,000円)、運が良ければ「タダチャン!」で全額無料(上限10万円)になるかもしれない。

さらに「三井住友VISAデビュープラス」は、26歳になってから初回の更新時に「三井住友プライムゴールドカード」に自動でランクアップするという特典もある。

通常はゴールドカードを手に入れるためにはカード会社による審査が必要で、一般カードよりも審査のハードルは必然的に高くなる。

ゴールドカードを持ちたいと思っても、誰もが持てるというわけではないのだ。

今回のキャンペーンをきっかけに「三井住友VISAデビュープラスカード」に申し込んでおけば、同世代よりも早い段階でゴールドカードが手に入る。

まさに今しかないといえるほどの大チャンスなので、新生活を控えている学生や新社会人はこれを機に「三井住友VISAデビュープラスカード」に申し込んでおこう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る