PayPayが『スマホ de 日本酒祭り ~大手町編~』で利用可能に!対象店舗で200円割引!

Pocket
LINEで送る

株式会社ポニーキャニオンはヤフー株式会社と株式会社リンクバル協力のもと、スマホ決済アプリ「PayPay」を利用したグルメイベント「スマホde日本酒祭り~大手町編~」の開催を発表した。

【イベント詳細】

  • 期間:2019年3月18日(月)~25日(月) ※21日(木・祝)と土日は除く
  • 内容:対象店舗で「PayPay」決済を利用すると食事代が200円引き
  • 開催時間:17時00分~23時00分 ※対象店舗によって異なる場合アリ
  • 開催場所:大手町エリアの飲食店(約20店舗)
  • 参加費:WEB申込・受付申込(「PayPay」)は税込2,300円 受付申込(現金)は税込2,800円
  • 受付は開催期間中のみ可能

受付を済ませイベントに参加した後は、リストバンドが参加証として配布される。

イベントの対象店舗は「和食」「イタリアン」など様々で、お店ごとに用意された日本酒にピッタリの料理を楽しむことができるというイベントだ。

日本酒の種類も「獺祭」や「八海山」など人気の銘柄が多く、バリエーション豊富なので、普段から日本酒を飲んでいる人から初めて日本酒にチャレンジする人まで満足できる内容だ。

また、開催場所がオフィス街の大手町ということもあり、サラリーマンやOLをターゲットにした新規ユーザーを獲得するという「PayPay」サイドの意図がうかがえる。

PayPayなら素早くお得

本イベントの中核をなすスマホ決済アプリ「PayPay」だが、支払いがスムーズになるというメリットが存在する。

現金を利用しないキャッシュレス決済なので、わざわざお札を崩したり、お釣りで財布がパンパンになったりする心配がない。

また食事代が200円引きになる対象は1店舗につき1人ずつなので、複数人で「PayPay」決済を利用すればさらにお得になるのでおすすめだ。

例)3人の食事代の合計金額が3,000円→個別に支払えば3人×200円=600円引きの2,400円になる

さらに3月18日(月)~31日(日)の期間中、「PayPay」決済対象店舗で食事代が200円引きになるキャンペーンも同時開催されるのでチェックしておこう。

※3月18日(月)~31日(日)のキャンペーンでは日本酒飲み放題がついてこない点は注意が必要。

第2弾100億円キャンペーンも適用

今回の「スマホde日本酒祭り~大手町編~」だが、現在開催中の第2弾100億円キャンペーンの対象でもある。

つまり対象店舗で「PayPay」決済を行えば、最大で利用金額の20%(1回につき1,000円まで)が還元され、最大5回に1回の確率で当選する「やたら当たるくじ」も適用されるということだ。

今回の「PayPay」決済を利用することで得するポイントをまとめると下記の通りだ。

  • 参加費2,800円が「PayPay」決済で500円引きの2,300円に
  • 食事代が1人1店舗につき200円引き
  • 第2弾億円キャンペーンで利用金額の最大20%が還元
  • 最大5回につき1回の確率で1,000円相当の「PayPay」ボーナスゲット

1人で参加しても十分もとは取れそうだが、グループで参加すれば200円引きの恩恵を最大限享受できる。

また3月18日(月)~3月31日(日)開催の食事代200円引きキャンペーンでも、100億円キャンペーンは適用されるので積極的に利用しよう。(「PayPay」決済対象店舗のみ)

※本グルメイベントはスマホ決済アプリ「PayPay」の利用が大前提なので、まだダウンロードしていない人は受付開始までに必ず準備しておこう。

※第2弾100億円キャンペーンは「PayPay」決済の利用が適用条件なので、今回のグルメイベントでもキャンペーン対象内となる。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。