d払いがビックカメラ、ソフマップ、コジマで利用可能に!ポイント40倍キャンペーンも開催中!

Pocket
LINEで送る

3月1日よりビックカメラ・コジマ・ソフマップで「d払い」が導入されることが発表された。

上記3社は現在開催されている「d払いでポイントが40倍になるキャンペーン」にも参加することになる。

本キャンペーンは期間中に対象店舗でd払いを使用すると、普段の40倍のdポイントが貯まり、還元率が実質20%になるという破格の内容となっている。

ローソンやファミリーマート、和民などの小売・飲食業界に続き、大手家電量販店のビックカメラグループもキャッシュレス化には積極的な姿勢だ。

ポイント40倍キャンペーン詳細

【開催期間】
2019年3月1日(金)10:00~2019年3月31日(日)23:59

【内容】
対象店舗で「d払い」を利用すると、200円で1ポイント貯まる通常のdポイントに加えて、39ポイントのボーナスポイント*が付与される。

*付与されるボーナスポイントは「dポイント(期間・用途限定)」となるので注意

例)対象店舗で2,000円の買い物を「d払い」で支払った場合は、2,000円÷200円=10ポイント(通常ポイント)に加えて、39ポイント×10=390ポイントが貯まる

→10ポイント+390ポイント=400ポイント

【対象店舗】
「d払い」の全加盟店(*ネット通販・高島屋は除く)

  • コンビニ:ローソン、ファミリーマート
  • アパレル:ユナイテッドアローズ、アーバンリサーチ
  • グルメ:和民、三代目鳥メロ
  • 家電量販店:ビックカメラ・コジマ・ソフマップ など

【エントリー方法】
本キャンペーンに参加するためには、docomoユーザー・非docomoユーザーともに事前エントリーが必要だ。

  • docomoユーザー(携帯料金とまとめて支払い):「d払いアプリ」のインストール→おトク情報一覧からエントリー
  • docomoユーザー以外(クレジットカード決済希望含む):dアカウント登録、「d払い」アプリインストール後→クレジットカードを登録し*3Dセキュア認証を完了させ、オトク情報一覧からエントリー

*3Dセキュア認証:スマホ決済アプリの「PayPay」でも導入された、インターネット上のカード決済を安全に行うための本人認証サービス。

【注意事項】
通常の「d払い」と比べて40倍もdポイントが貯まる本キャンペーンだが、上手に活用するために注意事項が存在する。

  • ポイント上限は5,000ポイント(10万円分)
  • ポイント進呈時期は2019年5月中(約2か月後)
  • ポイント有効期限は2019年7月31日まで
  • 進呈対象のdアカウントは1人につき1つまで

本キャンペーンで付与されるポイントには上限が設定されており、最大で5,000ポイント(10万円の利用)までしか貯まらない。

またボーナスポイントはすぐに反映されるわけではなく、2019年5月中に付与される点も注意が必要。

本キャンペーンで獲得したポイントの有効期限は2019年7月31日までなので、実質2か月間でボーナスポイントを使い切る必要があるので覚えておこう。

キャンペーン対象のdアカウントも1人につき1つと設定されており、個人が複数アカウントを利用してボーナスポイントを大量獲得することもできない。

ビックカメラグループで使えるスマホ決済

今回は「d払い」について紹介したが、ビックカメラグループで利用できるスマホ決済アプリは他にもたくさんある。

【ビックカメラグループで使えるスマホ決済アプリ一覧】

  • 「PayPay」
  • 「LINE Pay」
  • 「ALIPAY」
  • 「au WALLET」

もしビックカメラグループでスマホ決済アプリの利用を検討しているなら、「d払い」か「PayPay」がおすすめだ。

「d払い」は本キャンペーン内容の通り、利用金額の20%が還元され最大で5,000円もお得に買い物ができる。

一方「PayPay」はというと、第2弾100億円キャンペーンが開催中で、利用金額に応じて最大20%(上限あり)が還元される。

ビックカメラグループで買い物をするときは合計金額が高額になりやすい。

少しでもお得に購入するためにも、「d払い」や「PayPay」のキャンペーンを上手に利用して、出費をおさえることをおすすめする。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る