Kyashでクレジットカードから金額を指定してチャージが可能に!PayPay連携でポイント3重取り

Pocket
LINEで送る

25日、Kyashが提供するウォレットアプリ「Kyash」にて、クレジットカード・デビットカードを使って金額を指定したチャージができるようになった。

これまでは、クレジットカードの利用は残高不足分を自動で補てんする「自動チャージ」のみ提供されていたが、これによりカードでも任意の金額のチャージが可能となる。

これは、2018年8月にKyashが実施した調査をうけてのもの。

「クレジットカードをあまり使いたい」と思わないと答えたユーザーの70.5%が、「使いすぎが心配」であることを理由として述べたためだ。

今回の変更により、クレジットカード・デビットカードでも使う分だけチャージし、使いすぎを防げるようになった。

本機能を利用するには、最新バージョン(バージョン3.11.0)へのアップデートが必要。

なお、現時点ではクレジットカードを登録すると必ず「残高不足時の自動チャージ」が設定されてしまう。

このオートチャージのon/offを切り替える機能も今後追加予定だ。

Kyashはそのほかにも、今後外部連携のさらなる強化を予定しており、サービス拡大に向けていくとしている。

Kyashの概要や使える店・メリット

Kyashは、還元率2%のVisaプリペイドカードだ。2%という高還元ながら、利用できる店舗が非常に幅広い。

  • Web上のVisa加盟店(バーチャルカード)
  • 実店舗でのVisa加盟店(リアルカード)
  • QUICPay対応店舗(Androidのみ)

Kyashには、登録してすぐ使えるバーチャルカードと、アプリから2週間ほどで発行できるリアルカード(無料)の2種類がある。

リアルカードがあれば、実店舗で使えるだけでなくクレジットカードが使える電子マネーやQRコード決済への登録・チャージも可能。

さらにAndroid限定だが、Google Payとの連携でリアルカード不要のQUICPay決済にも対応している。

支払い方法も多彩で、チャージには以下の方法が利用できる。

  • コンビニ(ファミマ・ローソン・ミニストップなど)
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • セブン銀行ATM
  • ネットバンキング
  • クレジットカード(Visa,MasterCard)

チャージ方法には困らないので、クレジットカードを使わない・使えないユーザーにもおすすめだ。

このほか、前述したようにクレジットカードと紐付けて「還元率2%を上乗せしたクレジットカード」としての利用も可能。

このことから、還元率重視でクレジットカードを多用するユーザーにも向いている。

一ヶ月での利用限度は12万円までという制限はあるが、少額決済をする分には困らないだろう。

金額指定チャージの使い方

  1. トップ(ウォレット画面)の「カード(Visa/MasterCard)」を選ぶ
  2. チャージ金額を指定する(1,000~50,000円の範囲から1,000円単位で可能)
  3. チャージに使うカードを登録する(登録済みの場合は省略)
  4. 「チャージ」を選ぶ
  5. チャージが完了し、残高が増える

なお、自動チャージはカードを登録した時点でONになり、現時点ではOFFにはできない。

とはいえ、自動チャージは1,000円単位ではなく、決済時に不足分だけチャージして支払われる仕組み。

今のところは、残高が足りなくなった場合の保険のようなものだと考えておこう。

PayPayとの連携でポイント三重取りが可能!

12月に話題をさらったPayPayと組み合わせることで、さらに高い還元率で買い物も可能。

やり方は簡単、「クレジットカードを登録したKyashリアルカード」をPayPayに登録するだけだ。

こうすることで、支払いがPayPay→Kyash→クレジットカードとなるので、ポイントの三重取りが可能となる。

PayPayの基本還元率は0.5%なので、2%のKyashのリアルカードと還元率1%のクレジットカードを使った場合3.5%。

PayPayを今後も使う予定がある場合、間違いなくお得なのでKyashリアルカードを発行しよう。

なお、今回金額指定チャージに対応したことで、毎月決まった額だけ計画的に使えるようになった。

さらにクレジットカードでチャージすることにより、実際の引き落としを1~2ヶ月遅らせられる。

Kyashのアップデートにより間接的にPayPayの使い勝手も向上しているので、ぜひ現金派の人は試してみてほしい。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。