【悲報】PayPayの「100億円上げちゃうキャンペーン」が終了!不正利用がないか確認を!

Pocket
LINEで送る

13日、PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」が、12月13日(木)でキャッシュバック総額100億円相当に達したため、同日23時59分で終了したと発表された。

なお、「100億円あげちゃうキャンペーン」のほか、現在は以下のキャンペーンを実施している。

PayPayでは、今後も新たなキャンペーンの実施を予定しており、詳細は決まり次第告知するとのことだ。

元々本キャンペーンは来年3月31日まで継続予定だったが、わずか10日間で終了となった。

わずか10日でリミットに達し終了したという事実は、今回のPayPayへの反響がいかに凄まじかったかを物語っている。

通常還元率0.5%でも十分お得

「キャンペーンが終了してしまったのでPayPayはもう使わない」という人もいるかも知れないが、少し待ってほしい。

PayPayは元々の機能として還元率が0.5%となっており、通常利用でも十分お得なのだ。

さらに、クレジットカードを紐づければ、PayPay経由で支払うだけで還元率が0.5%アップすることになる。

たとえば還元率1%のカードであれば、PayPay経由で払う「ポイントの2重取りで」合計還元率は1.5%になる。

ファミリーマートやビックカメラだけでなく、今後はミニストップやエディオンなど利用店舗も増える。

PayPayを利用して、高還元率の恩恵を受けつつ買い物をすると便利でお得になる。

不正利用の被害報告も

PayPayのキャンペーンは非常に大きな盛り上がりを見せたが、一方で不正利用の被害がSNSなどを中心に報告されている。

被害はPayPay経由でのクレジットカードの不正利用や、PayPayに数十万円単位で知らないうちにチャージされているといった内容のようだ。

中には100万円近い額が不正利用されていたという報告も上がっている。

元々流出していたクレカ情報を使われたのか、PayPayのセキュリティに欠陥があったのか、流出経路は明らかになっていない。

PayPayを利用した人は、不正利用がないかどうかこのタイミングで一度利用明細を確認しておきたい。

特に利用回数が多い人は、数万円単位で買い物されていると見抜けない場合もある。

不審な履歴がないかどうかは、くまなくチェックしよう。

念の為、PayPayに登録しているカード以外も確認しておきたい。

普段使っていないカードにPayPayのチャージ履歴や利用履歴が残っている可能性もある。

もし、不正利用の痕跡が発見されたら、速やかにカード会社に連絡して相談し、カードの利用停止など然るべき処置を取ることが重要だ。

PayPayボーナスは来年1月の10日前後で付与

なお、PayPayボーナスの付与日は、翌月10日前後となっている。

買い物履歴から詳細を開くと、進呈予定日が表示されているので確認しよう。

100億円あげちゃうキャンペーンで、お支払い後に進呈されるPayPayボーナスは、翌月10日前後の進呈となります。
各レシートをタップすると進呈予定日が表示されているのでご確認ください。
引用:https://support.pay2.jp/consumer/s/article/12003

キャンペーン開始後の週末(12月7日~12月10日)に利用したなら、来年1月の10日前後で付与される見込みだ。

なお、ボーナスはPayPay残高としてそのまま利用できる。

年明けの付与となるので、三が日の買い物を少し控えつつ、PayPayボーナスと合わせて大型家電を買ってもいいかもしれない。

ちなみに、筆者は今回2万円前後のキャッシュバックが入るので、なかなか買う機会のなかったオーブンレンジを購入予定だ。

ボーナスの合計付与額をチェックしておき、今のうちに使い道を考えておくのも楽しいだろう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。