TOP

デニーズでスマホで注文から支払いまでができる「デジタル注文決済」開始!平日ランチタイムの混雑を解消!

デニーズは2018年9月18日、テーブルに置かれたQRコードからメニューを呼び出し、スマホで食事の注文と会計を行う「デジタル注文決済」を開始したと発表した。

まずは新宿中央公園店で18日からスタートし、利用時間は平日11時~15時の間。

注文の手間や会計のレジ待ち時間を削減することで、ランチタイムの混雑を緩和するのが狙いだ。

本サービスを利用するには、該当店舗でテーブル上のQRコードをスマートフォンで読み取り、電子メニューを呼び出す。

注文すると決済画面に移り、決済方法を選ぶと注文と決済が同時に完了し、料理が運ばれてくるという流れだ。

なお、利用可能なクレジットカード・決済サービスは以下の通り。

  • クレジットカード(Visa・JCB・MasterCard・アメックス・ダイナース)
  • 携帯電話料金決済(auかんたん決済・ドコモ払い・ソフトバンクまとめて支払い)

デニーズではnanacoの支払いに対応しているが、本サービスでは利用できないので注意したい。

また、注文の際は以下の点にも留意しておこう。

  • 商品券・クーポン券の利用不可
  • アルコールメニューは注文できない
  • 紙のメニューブックと一部内容が異なる場合がある
  • 通信料は利用者負担

本サービスの構築には、電子メニューインターフェース技術を持つOkage、オーダリングシステム運営のセイコーソリューションズが提携。

利用状況如何で、他店舗にも順次展開するとしている。

デジタル注文決済のメリット

今回、初めて全国チェーンの飲食店にて本格的にデジタル注文決済が導入された。

仕組み自体は、居酒屋や回転寿司チェーンで導入されている「タッチパネル」に近い物があるだろう。

ただし、QRコードを使ってスマホで注文・支払いが可能なこの仕組みは、以下のように大きなメリットが期待できる。

  • レジ会計の待ち時間がなくなる
  • スマホで全てが集約される
  • キャッシュレス決済ができる

まず、スマホで会計を済ませられるのでレジで会計をする必要がなくなる。

混雑時は特に、やむを得ず店員のレジ対応が遅れてしまったり、会計に時間がかかったりすることも多い。

この時間がゼロになれば、忙しいお昼時でも時間をかけずに食事ができるようになる。

また、店側もレジ対応に従業員を割かずに済み、結果として店全体のコストダウン・生産性アップにも繋がる。

そして、会計も注文もスマホで集約できるようになると、財布を持たずにランチを済ませることが可能だ。

待ち時間減少に期待ができる

仮に、このシステムを半数の客が利用すれば、会計の待ち時間だけでなくさまざまな時間が短縮される。

店員がオーダーを取りに行く時間、レジ対応する時間がゼロになるのため、他の仕事にリソースを費やせるためだ。

食べ終わった客のテーブルの片付けや、来店した客を案内する時間に使えば、その分だけ店の回転率も上がる。

そうなると、会計待ちだけでなく、来店待ちの時間まで短縮されることになるだろう。

デニーズが導入した「デジタル注文決済」には、飲食店の生産性を大幅に向上させる可能性が多いにある。

最終更新日:2020/03/09

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

ニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る