楽天Edyのアプリが新しく生まれ変わる!楽天Edyアプリ (おサイフケータイ用)とEdyチャージアプリ (Edyカード用)が一つのアプリに!

Pocket

楽天Edyは4日、Android端末向けに提供している「楽天Edyアプリ」を、今年7月下旬を目処にリニューアルすると発表した。

内容としては、これまで2つに分かれていたアプリ「楽天Edyアプリ」と「Edyチャージアプリ」が1つに統合されるというものだ。

新しい楽天Edyアプリでは、「おサイフケータイ」に対応したAnndroid端末に「楽天Edyカード」をかざすことで、ポイントチャージやクレジットカードチャージが行えるようになる。

つまり、NFC・FeliCaどちらを搭載しているAndroid端末でも、楽天Edyアプリを通して楽天Edyカードへのチャージが可能になる。

アップデートにあたりアプリのインターフェースも一新され、紺と白を基調としたシンプルなデザインへと変わる。

なお、2つのアプリの統合にあたり、「Edyチャージアプリ」は2019年1月をもってサービスが終了する。

Edyチャージアプリからの移行は、使っていたカードを新しい楽天Edyアプリに登録するだけで完了する。

また、従来の「楽天Edyアプリ」利用者も同様で、新しいバージョンにアップデートするだけで利用できる。

注意点としては、統合したといっても「機能統合」のみで、おサイフケータイや楽天Edyカード間で残高を統合することはできない。

なお、楽天Edyでは今回のアップデートを記念し、抽選でEdy5,000円分が当たるキャンペーンも実施予定。

期間中にクレジットカード、または銀行口座から3,000円をチャージすることでエントリーが可能だ。

開催時期は7月下旬が予定されている。

おサイフケータイで「楽天Edyカード」へのチャージが可能に

楽天Edyアプリで「楽天Edyカード」をチャージできるようになったことで、楽天Edyカードの利便性があがったと言える。

とはいえ、「おサイフケータイ」で使える機能が「楽天Edyカード」で使えるようになったわけではないのは注意が必要。

おサイフケータイで利用可能な従来の楽天Edyアプリ、およびEdyチャージアプリの機能は以下の通り。

  • 残高確認
  • 利用履歴照会
  • クレジットカードチャージ
  • 銀行口座チャージ
  • オートチャージ
  • 楽天スーパーポイントチャージ
  • Edyギフト機能

一方、楽天Edyカードが持つ機能は以下の通りだ。

  • 残高確認
  • 利用履歴照会
  • クレジットカードチャージ
  • 楽天スーパーポイントチャージ
  • Edyギフト機能

上記のように、「オートチャージ」と「銀行口座チャージ」はおサイフケータイ側でしか利用できない。

Edyカードは今までどおり「クレジットカードチャージ」のみなので、機能性を高めたいのであればおサイフケータイのEdyに乗り換えを検討しよう。

アプリの使い分けが不要に!

Edyチャージアプリは、国際規格の「NFC」が採用されているAndroid端末向けのアプリだ。

そのため、SIMフリー端末でも使えるチャージアプリだったのが特徴的。

しかし、「アプリの統合によってSIMフリー端末ではEdyカードのチャージができなくなるのでは?」という懸念がある人もいるだろう。

新しい楽天Edyアプリで、引き続き楽天Edyカードのチャージができるので安心して欲しい。

今回のアップデートは、楽天Edyカードとおサイフケータイを両方使っていたユーザーにとっては嬉しい変更点だろう。

使える店舗数も多く、楽天カードとの組み合わせで還元率1%になる楽天Edy。

引き続き電子マネー・スマホ決済の主力であることは間違いない。

Pocket

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。 国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。