メニコンの子会社で約3,400件の顧客カード情報が流出!合計で約668万円分の不正利用被害が確認!不正利用を防ぐための対策とは?

Pocket

5月、メニコンはエースコンタクト会員専用サイト「A-Web倶楽部」にて、クレジットカード情報の流出と、不正利用被害があったことを発表した。

サイトを運営していたのは、メニコンの子会社でコンタクトレンズ販売を手がける株式会社ダブリュ・アイ・システム(販売店名:エースコンタクト)。

原因は、Webアプリの脆弱性を突いた外部からの不正アクセスによるもので、被害件数は3412件。

そのうち、不正利用されたのは27件で、被害総額は約668万円(5月2日時点)と明かされている。

特に、流出の可能性が高いのは「2017年12月17日~2018年3月27日」の間で、クレジット決済を利用したユーザーの「会員名」「番号」「有効期限」だ。

対象のユーザーに対しては、5月17日(木)中に電子メール・書状にて案内するとしている。

なお、「A-Web倶楽部」は独立したサイトであるため、メニコングループの他サイトに不正アクセス被害は出ていない。

その他、詳しい事件の経緯は以下のとおりだ。

1)2018年3月27日、株式会社ダブリュ・アイ・システムが、決済代行会社を通じて、エースコンタクトの「A-Web倶楽部」内「宅配サービス」で 情報流出の懸念がある旨連絡を受け、被害拡大防止のために直ちに「A-Web倶楽部」サイトの利用を停止いたしました。
2)対策本部を立ち上げ、2018年3月27日に第三者機関へ調査を依頼いたしました。
3)クレジットカード会社には不正利用の防止モニタリングの実施を依頼しております。
4)2018年5月2日、第三者機関からの調査報告書を受領いたしました。
5)所轄警察署、所管官庁、認定個人情報保護団体であるJIPDEC(一般財団法人 日本情報経済社会推進協会)には報告を済ませております。
引用:http://www.menicon.co.jp/company/news/vol679.html#Header

「A-Web倶楽部」は、エースコンタクトに来店したユーザーを対象にした会員登録限定サービス。

ややクローズドなサイトであるだけに、クレジット情報が流出した事実は、ユーザーに対して大きなマイナスイメージとなってしまった。

メニコングループは、「A-Web倶楽部」の再開に関して「必要な対策を講じた上で安全性が確保でき次第」としているが、失った信頼の回復は簡単ではないだろう。

「森永乳業」の公式通販サイトでもクレジット情報流出のおそれ

つい先日も、当サイトで「森永乳業」公式通販サイトにてクレジット情報の流出が懸念されている件を報じた。

森永乳業での件は、まだ流出が確定したわけではないが、5月に入り立て続けに騒ぎが起こっていることは間違いない。

いずれにせよネット利用で流出する可能性があることは、常に気に留めておく必要があるだろう。

したがって、クレジットカードを使うなら、正しい不正利用の対処法・対策を把握しておくべきだ。

不正利用に対して取るべき対処・対策は?

今回のように、不正利用された場合の保険として、クレジットカードには「盗難保険」が付帯されている。

ここ10年程度で発行したものであれば、100%付帯されているので、不正利用された場合は活用すべきだ。

もし、不正利用されていると発覚した場合、速やかにクレジットカード会社へ連絡するようにしたい。

ただ、注意点として、「盗難保険の適用は不正利用から60日まで」となっている。そのために、以下の対処法を覚えておこう。

  • 1.毎月最低1回は利用明細を確認しておく
  • 2.決済アプリを利用するのもアリ

それでは、詳しくチェックしていこう。

1.毎月最低1回は利用明細を確認する

不正利用に対処するためには、そもそも不正利用に気づけなくてはならない。

きちんと盗難保険を適用してもらうために、面倒でも毎月最低1回は、Webあるいは紙で明細書をチェックしておこう。

「マネーフォワード」など、家計簿アプリを併用すれば、家計管理と不正利用のチェックを並行できるので、特におすすめだ。

2.決済アプリを利用するのもアリ

「Apple Pay」や「Origami Pay」など、モバイル決済を利用するのもセキュリティを高める目的ではアリだ。

モバイル決済アプリに、クレジットカード情報を登録し、モバイル決済経由でカードを利用するようにすることで、

店舗・サイト側にカード情報・個人情報を渡すこと無く決済することができる。

そうすると、もし流出してしまっても自分の個人情報が漏れずに済むので、対策としてはかなり有効的といえる。

ただし、モバイル決済アプリが使えない場合もあるので注意しよう。

なお、不正利用される際、犯人側が少額ずつ決済する、カードの持ち主がよく購入する者を購入するなどの手口で、気づきにくようにしている場合がある。

もし、普段から明細書などを管理していない場合、見ても気づけない可能性がある。

普段から自分がどういう買い物をしているのか、細かく管理することが重要だ。

Pocket

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。 国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。