マクドナルドでアメックスカード連動のキャッシュバックキャンペーンが開催!最大2,000円キャッシュバック

Pocket

アメリカン・エキスプレス(以下アメックス)は、期間中にマクドナルドでアメックスのカード決済を行うと、決済額の20%(最大2,000円)をキャッシュバックするキャンペーンを開始した。

開催期間は4月19日(木)〜7月18日(水)まで、事前登録した先着50,000名が対象となる。

なお、具体的に本キャンペーンで対象となるクレジットカードは以下の会社が発行した券種だ。

・アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(日本支社)
・株式会社クレディセゾン
・三菱UFJニコス株式会社
・株式会社クレディセゾン 、三菱UFJニコス株式会社が提携するカード発行会社ならびにフランチャイジー会社
・株式会社エムアイカード
引用:みんなでマクドナルドに行こう! キャッシュバックキャンペーン

提携カードでは、ANA、デルタ航空、阪急、MUFGなど、個人カードはすべて対象となる。

したがって、アメックスブランドほぼすべての券種が利用できると考えてよいだろう。ただし、以下のコーポレートカードは対象外となる。

・アメリカン・エキスプレス・コーポレートカード(カード番号が3761-5,3761-74/75/76で始まるカード)
・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・トラベル・アカウント
・コーポレート・パーチェシング・カード、家族カード(および追加カード)
引用:みんなでマクドナルドに行こう! キャッシュバックキャンペーン

一方、同じ法人カードである「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」はキャンペーン対象となる。

なお、キャッシュバックされるのは一度の会計で1,000円を越えた決済に限られる。とはいえ、1人でマクドナルドを、しかも1回の会計で1,000円分利用するのは難しい(個人差はあるが)。

したがって、本キャンペーンを利用しやすいのは複数人での利用時だろう。二人で利用すれば、一人辺り500円でキャッシュバックを受けられる。

キャッシュバック上限は2,000円まで、つまり合計10,000円までの決済が対象となる。

事前登録を済ませさえすれば、アメックスでお得にマクドナルドを利用できるチャンスだ。見逃さないようにしたい。

QUICPayは対象外?クレジットカード決済のみが対象

なお、本キャンペーンでの注意点として、以下の点を把握しておきたい。

  • 一括払いのみ
  • QUICPay(Apple Pay利用など)での決済は対象外
  • マックデリバリーやUberEATSは対象外
  • 複数カードを持っている場合、カードごとに利用登録が必要

大きな注意点として、オンライン決済やQUICPayを利用した決済は対象外となってしまう点に注意したい。

つまり、QUICPay決済として認識される「Apple Pay」経由での決済は、対象外となってしまうのだ。また、分割払いやボーナス払いもキャンペーンの対象外となる。

キャッシュバックを受ける際は、「リアルカードを使った一括決済」するようにすれば間違いが無い。

昨年は、「Apple Pay」の利用や、「コメダ珈琲」「上島珈琲」で20%のキャッシュバックキャンペーンを実施したが、今年はマクドナルドが対象となった。チェーン店での存在感を増していく狙いだろうか。

昨年には仮想通貨「Ripple」と提携し、4月には決済時のサインを全世界で廃止するなど、他社に先駆けて新たな領域に踏み込みつつあるアメックス。今後の展開にも目が離せない。

Pocket

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。