バンドルカードに後払い方式のチャージが誕生!?クレジットカード感覚で使えて便利なプリペイドカードに大変身!しかし、手数料は・・・

Pocket

17日、カンムはチャージ式Visaプリペイドカードアプリ「バンドルカード」にて、翌月末までの後払い方式チャージの「『ポチッと』チャージ」サービスを開始したと発表した。

従来は、コンビニなどで事前にチャージする方式のみだったが、「ポチッとチャージ」の登場により、クレジットカードのような使い方ができるようになった。

チャージ額は3,000円〜20,000円の範囲となり、1000円単位で即チャージが可能。チャージした分は、翌月末までにコンビニやペイジーを介して支払う形になる。

なお、チャージ回数に制限はないが、チャージ可能な合計金額(利用枠)は2万円までとなっている。

例えば、3回に分けて合計17,000円分チャージしたとして、4回目に5,000円チャージしたいのであれば前回のチャージ代金を払い、枠を空ける必要がある。

なお、支払いは1ヶ月に使った分を翌月末までに合算して支払うことが可能だ。

年齢制限なしで発行まで5分!

「バンドルカード」は、登録者数40万人を突破したチャージ式Visaプリペイドカードアプリ。

ダウンロードから5分程度で発行できるのが強みで、ネット専用のバーチャルカードのほか、アプリから申請することでリアルカードも発行できる。

リアルカードはバーチャルカードと残高を共有し、国内外のVisa加盟店で利用可能だ。

発行・利用は無料で、未成年でも発行できるため、クレジットカードを持てない中高生や、Visaブランドのカードを持っていないユーザーを中心に人気を博している。

チャージは1,000円から可能で、チャージ手段は今回追加された「ポチッとチャージ」のほか、以下のように一通りの方法が揃っている。

  • コンビニ・ペイジー
  • クレジットカード
  • 携帯料金合算(ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルのみ)
  • ビットコイン(コインチェック口座・ウォレットアプリから)
  • ネット銀行
  • これまで、実質後払いができるのは、「クレジットカード払い」のみだったが、今回の「ポチッとチャージ」は、クレジットカードを持っていない層にうれしい機能追加だ。

    だが、この「ポチッとチャージ」、気をつけておかねばならない点があるので注意が必要だ。

    クレジットカード払いのほうが経済的!?

    一見して便利な「ポチッとチャージ」だが、利用手数料には注意しておかなくてはならない。本サービスを利用する際の手数料は、以下の通りとなる。

    「ポチっとチャージ」1回のお申込みにつき、以下の手数料がかかります。
    3,000円〜10,000円: 500円
    11,000円〜20,000円: 800円
    引用:バンドルカードサポート

    「ポチッとチャージ」で3回チャージするとして、最低でも1,500円の手数料が発生してしまう。

    決して安くはないので、クレジットカードを持っているなら素直に使ってしまった方が経済的だ。

    もっとも、本サービスによる「貸し倒れ」が起きるリスクはゼロではない。それを考えると、この手数料設定はやむを得ないのだろう。

    au WALLETも「デビットカード」化

    先日、au WALLETも決済時の不足金額を「じぶん銀行」からオートチャージして決済するサービスを開始した。

    これによりプリペイドカードと「デビットカード」を併せ持ったカードになったわけだが、これに続いてバンドルカードも数あるプリペイドカードとの差別化がされる形となった。

    安くない手数料を除けば、2万円までの「ツケ払い」サービスが、急な出費に助かるのは間違いないだろう。実際、そうした需要や「事前チャージが面倒」という声に応えて登場したサービスであるとも伝えられている。

    チャージ式Visaプリペイドカードとして、一定の地位を築いたバンドルカード。今後も、ユーザーに寄り添ったさまざまなサービスを提供していくとしている。

    Pocket

    執筆・編集:ニュース編集部

    大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

    国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。